2017-11

ハロプロの新体制発表前に、とりあえず言っておきたい

ハロプロの新体制発表前に、とりあえず言っておきたい


 本日6月26日の21時にハロプロの新体制に関する発表があるようなので、その前に自分の考えを記しておく。もちろん、既に発表される内容が全て決定済みなのは百も承知である。

 先ず、モーニング娘。は、当面は人数を減らす方向で進めて欲しい。現時点の13人は多すぎるし、くどぅーが卒業後の12人でもまだ多いと思う。一度10人か9人になるまで減らして、そこで2人か3人加入させるべきだ。
 くどぅーの次に卒業させるべきメンバーは、小田ちゃんだろう。ソロ歌手として活動させるため、高校卒業と同時にモーニング娘。も卒業させるのがベストだったと思うが、マサのヘルニア、くどぅーの卒業でタイミングを逸している観はある。マサの回復にも拠るが、歌唱面ではチェルの成長も見込めるし、来春には卒業させるべきだと思う。
 小田ちゃんと同時期に、はるなんを卒業させても良いだろう。その時点で10人になるから、そこから逆算して新メンバーのオーディションを展開することが可能になる。

 小田ちゃんのソロが難しいのなら、メジャーデビューが決まっている段原瑠々と組ませるのも有りだ。
 個人的には、モーニング娘。に段原瑠々が加入することを望まない。
 もっと言えば、かえでぃもモーニング娘。に加入して欲しくなかった。
 かえでぃ、いっちゃん(一岡伶奈)、るるたん(段原瑠々)、こころ(前田こころ)、あと堀江葵月あたりで新ユニットを組ませて、℃-uteの後継グループにして欲しかった。

 とりあえず、私の考えではカントリー・ガールズから現時点のモーニング娘。への移籍という選択肢は無い。ではどうするかと言うと、3人まとめてJuice=Juiceへ入れるか、アンジュへ入れるかの2択となる。そのどちらかと言えば、やはり9人体制(あいあいの復帰待ち)のアンジュよりはJuice=Juiceだろう。Juice=Juiceが8人体制になっても、特に問題は無いと思う。

 ただし、現時点でこぶしファクトリーから藤丼が抜けた後の補充がどうなるか決まっていないことも考慮する必要がある。もちろん補充しないという選択肢もあるが、つばきファクトリーとの連動を考えると、ここで人数差を広げない方が都合が良い(後期ベリキューのベリーズと℃-uteの人数差は地味に都合が悪かった)し、藤丼の体型もカントリー同様マスコット体型であることから、移籍に向いているとも言える。
 正直、やなみんはこぶしには向かないと思える。ちぃちゃんかふなっきのどちらかがこぶしに移籍するというのは有りだろう。
 また、「やなみんは、こぶしには向かないが、つばきなら大丈夫」という観点からは、ちぃちゃんとふなっきの2人をこぶしに移籍し、やなみんをつばきに移籍という手も考えられる。
 それでも、私の最優先は前述の通り「3人まとめてJuice=Juiceへ移籍」である。

 カントリーの移籍問題を除くと、私が訴えたいのは「ハロプロ最強ユニットの結成」である。
 すでに小田ちゃんのソロデビューまたは小田&段原(おだんばら)のコンビ結成に関しては言及済みだが、これが実現しないのなら、せめて「小田、段原、高木、竹内」で構成する「歌唱最強ユニット」をハロコン専用でも良いので固定グループ化し、オリジナル曲を提供してCDもリリースして欲しい。

 同様に、「ダンス最強ユニット」として、「あゆみん、りこりこ、他数名」。
 同様に、「ビジュアル最強ユニット」として、「あやちょ、うえむー(あーりー)、まりあ、りかこ、はまちゃん、きしもん」。センターは、まりあ&りかこのダブルセンターが基本である。

 アイドル界最強と呼ばれた℃-uteは、既に解散した。
 ハロプロは、現時点ではアイドル界最強とは言えなくなってしまった。
 例えば歌唱に関しては、ハロプロのどのグループも、Little Glee Monster より勝っているとは断言できないと思う。

 ハロプロ新体制のキーワードは、「アイドル界“実力”最強」。
 team℃-uteだった私にとって、ハロプロファンとしてのアイデンティティとは「アイドル界“実力”最強」。それがファンとしての誇りであり、拠り所なのだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1647-88a900a4

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。