2017-08

コスプレイヤーは、なぜ街で勝手にコスプレするコスプレイヤーを攻撃するのか?(その2)

コスプレイヤーは、なぜ街で勝手にコスプレするコスプレイヤーを攻撃するのか?(その2)
     ~ コスプレルール、コスプレマナーを
               感情論で語っている人が多すぎる ~

 最初に断っておきますが、この記事にコメントする方は、前記事 と 前々記事 を読んでからにして下さい。この記事は、飽く迄もそれらの記事の補足なので。

 前回は比較的真面目なことを書いたので、今度は不真面目なことを書いてみる。

「コスプレイヤーは、なぜ街で勝手にコスプレするコスプレイヤーを攻撃するのか?」

 最も合理的な答えは、
「そのコスプレイヤーが、コスプレイベントの主催者またはその関係者であるから」
 コスプレイベント主催者にとって、コスプレイベントにコスプレイヤーが参加しなくなってしまったら死活問題である。だから、コスプレイヤーがコスプレイベントに参加せずに街で勝手にコスプレすることを阻止しようとするのは理解できる。

 次に、ちょっと不真面目に考えると、次のような感情論が思い浮かぶ。

「私は、お金を払ってコスプレイベントに参加してコスプレしているのに、
 あの人ったら、コスプレイベントに参加しないで、無料でコスプレしているわ!
 私はお金を払っているのに、あの人は払っていない、そんなのズルイわ!」

 お金を払ってコスプレをするのが嫌だったら、自分もそうすれば良いだけのことなのに、そうしようとはしない。その理由は、

・コスプレする場所の管理者から許可を貰うのが面倒だから。
・個人または少数でコスプレする度胸が無い。何故なら、注目度がより高くなりそうな気がするから。

というところか。ということは、裏を返せば、

「私は、コスプレイベントに参加してコスプレしているから、集団に埋もれて目立たない。
 あの人ったら、一人っきりでコスプレしているから、注目されているわ!
 私もあの人もコスプレのクオリティは同じくらいなのに、あの人だけ注目されてズルイわ!」

というところか。うーん、
「コスプレイヤーは、なぜ街で勝手にコスプレするコスプレイヤーを攻撃するのか?」
だんだん分かってきたような気がしますねぇ。要するに、
「自分が他人よりも損をしているように思えるのがイヤ」
なんでしょうぬぇ。実際には、損なんかしていないとおもうんですけどぬぇい。

 もっと言えば、
「私と同じコスプレイヤーのなのに、私と違うことをするのが許せない」
という同属嫌悪ですか?
「女の敵は女」と言われていますが、「コスプレイヤーの敵はコスプレイヤー」なんでしょうか、怖いですね。

 いえいえ、話はもっと普遍的なものかも知れませんよ。
「私と同じやり方をしている人は正しい」
「私と違うやり方をしている人は正しくない」
という根拠の無い感情は、人間誰しも心の何処かに抱えているんじゃないでしょうか。
 つまり、
「私と同じやり方をしている人は擁護する」
「私と違うやり方をしている人は攻撃する」
これはつまり、単純に自己防衛本能っていうヤツが外部に拡張しているだけのことで。

 だから、
「私はコスプレイベントでしかコスプレしない」
という人は
「コスプレイベントでしかコスプレしない人は、善人という前提で扱い、擁護する」
「コスプレイベント以外でコスプする人は、悪人という前提で扱い、攻撃する」

 まぁ、「人を見たら泥棒と思え」という諺もありますからねぇ。
 じゃぁ、「コスプレイヤーを見たら、痛い目立ちたがりと思え」ということで。
 これにて一件落着! ぬぇい!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1631-57a5ba4b

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。