2017-05

「昔のコスプレのルール」の真実を、51才のジジイが語ってみる

「昔のコスプレのルール」の真実を、51才のジジイが語ってみる


 一昔どころか、今から32年ほど前、まだ私が学生だった頃の話。
 私は、コスプレOKの同人誌即売会に、サークル参加したことがある。その際、イベントスタッフとサークル参加者達が集合して、イベント開始前に全体ミーティングをしたときの一場面を、今でも良く覚えている。イベントスタッフが、コスプレに関して、次のような説明をしたのだ。

「コスプレしたまま、会場の外に出ないで下さい。コスプレしたまま会場周辺をウロウロされると、それを見た付近の住民の方が不審に思って警察に通報する可能性があるからです。もしそんなことになったら、イベントが中止になってしまうかも知れません。
 でも、会場から1km以上離れた場所だったら、外でコスプレしてもOKです。警察に通報されても、その人が捕まるだけだから」

 これが、昔のコスプレのルールの真実である。
 皮肉なことに、今、若いコスプレイヤーが「先人から受け継いできた」と思い込んでいるルールとは全く逆だったのだ。昔は

「外でコスプレしたかったら、イベント会場から遠く離れた場所で勝手にやれ。何かあってもそいつが痛い目に遭うだけだ」
がルールあるいはマナーだった。今の若い人がそれを聞いたら
「街で勝手にコスプレをする人がいると、コスプレ全体のイメージダウンになって、コスプレイベントが出来なくなってしまう」
と思うかも知れないが、実際にはそうはならなかったのは、今日のコスプレの現状を見れば明らかである。

 では、なぜ大丈夫だったのか?
 それは、コスプレ以外を例に出して想像すれば、すぐに分かる。

 駅のホームで、ゴルフの素振りをする人がいて、周囲の人に怪我をさせた。確かに、ゴルフに対するイメージの悪化は起こるだろう。しかし、それが
「ゴルフ場でのゴルフの禁止」
に繋がるだろうか? まず、有り得ない。むしろ逆に「ゴルフはゴルフ場でやれ」という流れになるだろう。

 道路でサッカーをする人がいて、そのせいで事故が起こった。確かに、サッカーに対するイメージの悪化は起こるだろう。しかし、それが
「サッカー場でのサッカーの禁止」
に繋がるだろうか? まず、有り得ない。むしろ逆に「サッカーはサッカー場でやれ」という流れになるだろう。

 街でコスプレをする人がいて、周囲の人に迷惑をかけた。確かに、コスプレに対するイメージの悪化は起こるだろう。しかし、それが
「コスプレイベント会場でのコスプレ禁止」
に繋がるだろうか? まず、有り得ない。むしろ逆に「コスプレはコスプレイベント会場でやれ」という流れになるだろう。

 もちろん、街でコスプレをする人がいても、周囲の人に迷惑をかけなければ、何も起こらない。
 つまり、どっちに転んでも、イベント会場でコスプレが出来なくなるという事態には繋がらないのだ。
 では、何が起こると、イベント会場でコスプレが出来なくなるという事態に繋がるのか?
 長くなってきたので、一旦記事を終える。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1627-08ab0a8f

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。