2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドーン・オブ・ザ・デッド』

『ドーン・オブ・ザ・デッド』
  2005年(4月17日~)のWOWOWで観た映画:12本目
  映画を観た日:2005年12月1日(木)


 『ショーン・オブ・ザ・デッド』と比べると、明らかに正統派で分かりやすいゾンビ映画である。
 ただし、この映画のゾンビは、動きが機敏だ。普段はフラフラしているが、いざ人間を見つけると、全速力で走ってくる。こりゃあ怖い。でも、何か反則じゃんという気もする。
 正統派なんだろうけれど、ゾンビ映画というよりはサバイバル映画だったという印象が残る。ゾンビというキャラクターが、シチュエーションとしてしか機能していないのだ。一番ホラーなシーンも、終盤のバスの中で起こった「チェーンソー誤爆」だったと思う。
 「ゾンビ映画」の「ゾンビ映画」らしさって何なんだろう? そんなことをフト思ってしまった。
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/161-6b4bbb7e

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。