2017-10

ディスクアニマルを買った! そして他人に見せた!

 アカネタカとルリオオカミを購入!

 いわゆる変形玩具の一種ではあるものの、ちょっと新しいそのセンスが気に入って、ディスクアニマルを購入した。まずは、アカネタカとルリオオカミを各一個。その翌日、アカネタカをもう一個購入。二つめのアカネタカは、実家用だ。
 デザインと鮮やかな色、そしてキラキラしているところがオブジェっぽい。TV周りのインテリアとして、ルリオオカミは左側にあるスカパー受信機の上に、アカネタカは右側にあるスピーカの上に置いた。
 なかなかイイ感じである。インテリアとしてもイイ感じだし、「TV番組の、あのキャラクターが家にいる」感もあって、更にイイ感じ。実物大の強みだ。TV画面から本物のディスクアニマルが飛び出してきて、左と右に分かれて鎮座している、そんなイメージ。
 
 ディスクアニマルは、『仮面ライダー響鬼』において、鬼(ライダー)のサポート・メカとして登場する。劇中で活躍する際はCGで描かれているのだが、ディスクアニマルのデザインが元々CGっぽいので、違和感が少ない。「CG丸出し感バリバリ!」の魔化魍とは、対照的である。
「CGで描くのだから、最初からCGっぽいデザインにしておこう」という逆転の発想で生み出されたというより、玩具化を前提にするとこういうデザインにするしかなかったのだろう。それでも、結果的には大正解だったと思う。

 最近ちょっと久しぶりにお店に行った際、話のネタとして、このディスクアニマルを持って行った。
 と言うのも、お店のYさん(キーラ・ナイトリィ似の美女!)は、「昔、仮面ライダーブラックを再放送で見ていたことがある」という経験の持ち主。倉田てつをさん目当てだったそうだが、今でも日曜の朝早く目が覚めると何となく『○○レンジャー』を見ちゃったりするらしい。そんな彼女が『仮面ライダー響鬼』関連の玩具にどんな反応を示すか、興味があったのだ。

 話してみると、Yさんは『響鬼』を全く観てなかったものの、「ケータイで変身するやつ」とか「トランプで戦うやつ」とか、平成ライダーを少しは見ていた様子。ディスクアニマルの件にも、ごく普通に「持って来てくれたのなら見るよ」といった反応。
 ディスク状のアカネタカを見せて「何に変形すると思う?」と聞くと、「えーと、鳥! ワシ? タカ?」と結構即答。アッサリ当てられてしまって、こっちはちょっとガッカリ。変形させて見せると「尾羽は動かないの?」とちょっと不満そう。ハイ、私もそう思いました。
 続いてディスク状のルリオオカミも当ててもらおうとしたが、さすがにこちらは正解できず。変形させている途中でも「あ、トカゲだったんだ」と仰る。顔のデザインと色のせいでしょう。私も顔のデザインは不満です。そんな自分を慰める意味も込めて「顔はトカゲみたいだけど、尻尾はカワイイんだよ、ほら」とルリオオカミの尻尾を引き出す。Yさんも「あ、ホントだ」
 Yさんは、パッケージに載っていないキハダガニが気になる様子。「カニは買わないの?」
「カニは、動きはカワイイけど、形がカニそのものだからなぁ。部屋にカニ飾ってもなぁ」
 あと、変形が単純(そうに見える)な点も、購買意欲を削いでいる。でも、ニビイロヘビは買う予定。ヘビ、好きだから。

 可笑しかったのは、Yさんがパッケージに書いてある文章を読んで「連続稼働時間51時間って、なにコレ、動くの?」と言ったこと。「あ、それは劇中の設定ね」と応えると、「そうだよねー、これがホントに動いたらスゴイよねー」と的確すぎるコメント。でも、童心に返れば、ホントに動くんだろう。私も子供の頃、怪獣の人形同士を戦わせたりしたもん。
 もう一つは、私がディスクアニマルを変形させているとき。
Yさん:「番組でも、ライダーがこうやって手で変形させるの?」
私:「いやいや、ディスクが自分で勝手にパッと変形します」
 ヒビキが一枚一枚ディスクアニマルを手でチマチマ変形させているシーンを想像したら、噴き出しそうになった。

 Yさんに『響鬼』を観るように勧めつつ、ディスクアニマルを鞄に戻した。
 さて、観てくれるかどうか?
 今度お店に行くときは、ニビイロヘビを持って行こうっと。
スポンサーサイト

コメント

試しに

 この記事だけ、試しにコメント機能をONにしてみました。

こんにちは

いつもお世話になっております。もりさぶです。
アカネタカとルリオオカミ購入されたのですね~~。
私ルリオオカミは購入できたのですが
アカネタカがどうしても近くでうっていなくて‥とほほ。
ニビイロヘビは購入しましたvv
とっても可愛いです。始めはへび怖いとか思っていたのですが
今ではニビイロヘビさん大好きです。

お世話になっております

 こちらこそお世話になっております。
 ニビイロヘビは私も先日購入しました。
 光の当たる角度によって色が変わり、“鈍色”ヘビというより、“虹色”ヘビといった感じです。とても気に入っています。
 ニビイロヘビを購入したとき、既にそれ以外のDAは売り切れていました。玩具が売れないと番組打ち切りにつながって困るのですが、売り切れていて買えないのも困りものですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/16-06923d4f

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。