2017-06

コスプレ“村”における、ルールやマナーの本質を考えようとしない一部の人々を憂える

コスプレ“村”における、ルールやマナーの本質を考えようとしない一部の人々を憂える

 これはコスプレに限ったことではないとは思うが、ルールやマナーの本質を考えようとしない人たちがいることには呆れてしまうし、少し怖くなる。こういう人たちが多数派となったとき、戦争のような社会的な不幸に全体が巻き込まれてしまうと思えるからだ。

 コスプレの場合、昔から存在する有名なルール(マナー)が二つある。

・コスプレイベント以外では、公共の場所でコスプレしてはいけない。
・コスプレイベントに参加する場合、コスプレ衣装のままで来場、退場してはいけない。

 これは、私のような世代からすれば、ルールやマナーというよりは“知恵”である。「生活の知恵」という言い方があるが、それと同じニュアンスの「コスプレの知恵」だ。「コスプレを存続させるための知恵」なのだ。

・コスプレイベント以外では、公共の場所でコスプレしてはいけない。

 このルール(マナー)に対して、
「ゴスロリのような特異な衣装を個人的に公共の場所で着ることは許されているのに、公共の場所で個人的にコスプレすることは何故マナー違反になるのか?」

といった質問が、定期的にネットに出現する。そして、それに対して、

「ゴスロリはファッションであるから許される、コスプレはファッションではないから許されない」
のような的外れな回答をする人が、必ずと言って良いほど現れる。本当に、どっちもトホホである。

 その昔、具体的にはファーストガンダムが打ち切りで放映終了になった1980年頃は、コスプレに使用可能な公式ライセンス衣装は全くと言って良いほど商品化されていなかった。だから、コスプレを公共の場所で行えば、それが著作権者から許可を得ている場合を除き、ほぼ全てが著作権の侵害であった。
 つまり、公共の場所での私的なコスプレは、即違法行為と見做されても仕方がなかった。

「公共の場所で堂々と違法行為をしている者がいる、けしからん!」
 そういうふうにコスプレが吊るし上げられたら(マスコミによる批判的な報道が行われれば)、コスプレにネガティブなイメージが付き、コスプレイベント自体が開催できなくなる危険性がある。
 それを、30年以上前のコスプレイヤー達は恐れたのだ(当時、私はコスプレイヤーではなかったが、イベントスタッフとして危惧をした)。
 何故なら、コスプレイベントにおけるコスプレも、それが著作権者から許可を得ている場合を除き、ほぼ全てが著作権の侵害であるからだ。

 だから、コスプレは「何となく合法的にやっているように見える」体裁のコスプレイベントで、まとまった集団の行事としてやろうぜ、という「知恵」が生まれたのだ。
 世間から隔離された会場でコスプレを行えば、いきなり警察に通報されることはないだろう。
 公園のようなオープンスペースでコスプレイベントを行っても、その場所の使用許可を取り、集団行事としての体裁を取っていれば、「仮装行列の様なもの」即ち“管理された正当な行動”として見てもらえるだろう。

 「管理された集団行動は正当なもの」だと感じ取ってしまう日本人の心理を考慮して、コスプレを世間一般から敵視されないようにした知恵が、ルールやマナーになっているのだ。

・コスプレイベントに参加する場合、コスプレ衣装のままで来場、退場してはいけない。

というルールに関しても、全く同様である。
 だから、逆に言えば、一般人がパッと見て奇異に感じない衣装は、着たままでコスプレイベント会場に来場・退場しても何ら問題ない。例を挙げると、男性が会社で着ている背広、女性が会社で着ているスーツ、性別・年齢に合った学生服など。その他、不特定多数が外出時に着用している私服に準じた衣装も該当する。

 普通のサラリーマンが背広姿のままイベント会場入りして、その背広姿のままコスプレして、その背広姿のまま会場から出て行ったとして、一体どこにどんな問題が発生するというのか? するわけが無い。誰かに迷惑が及ぶというのか? 及ぶわけが無い。

 こんな分かりきったことに対しても
「ルールに抵触するから、やるべきではない」
と大真面目に言う人が実際にいるのだから、恐ろしい。

※ コスプレイヤーズアーカイブの知恵袋の回答の一部を参照
http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=52491

 コスプレを世間一般から守るために考え出された知恵が、いつの間にかコスプレ“村”の内部での感情論にすり替えられ、更には形式化・形骸化されて「ルールなのだから抵触することも許されない」という思考停止をも生む。
 何かの縮図のように見えて、怖さを感じるのは私だけだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1528-a28ff5df

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。