2017-08

仮面ライダーの仮面の下には、変身前の素顔があるのだろうか?

仮面ライダーの仮面の下には、変身前の素顔があるのだろうか?

「本郷猛は改造人間である」
 本郷猛が仮面ライダーに変身できるのは、彼が改造人間だからである。TV番組の昭和ライダーは、皆(程度の差こそあれ)改造人間であるから変身できたのだ。

 1971年に放送が開始された『仮面ライダー』における
「改造人間が、普通の人間の姿から、異形なる戦闘形態へと変身する」
というコンセプトは、TV番組ではおそらく世界初のものであり、それ故か曖昧な部分も多かった。
 それを子供番組における“お約束”、所謂ご都合主義だと言ってしまえばそれまでなのだが、ここでは敢えてその曖昧な部分について語ってみたい。

 仮面ライダー(TV作品)の“仮面”の下には、変身前の素顔があるのだろうか?

 公式設定が云々といった話ではなく、現時点で自分がどう考えているか、感じているか。そういう自分の感性で、この疑問について改めて向き合ってみよう。

仮面ライダー1号
 脳改造が行われる前、手術台の上で首から上以外が変身後の姿になっている状態でベルトに風力エネルギーを与えられ、改造人間として起動した後も顔は変身前の素顔のままだった。
 このことから、変身後も仮面の下には変身前の素顔があると思う。

仮面ライダー2号
 1号と同タイプの改造人間であるため、1号同様、変身後も仮面の下には変身前の素顔があると思う。

仮面ライダーV3
 1号と2号が改造手術を行っているので、1号2号と同タイプの改造人間であり、変身後も仮面の下には変身前の素顔があると思う。

ライダーマン
 少なくとも初登場時は、右腕以外は生身の人間である。ヘルメットを被っても頭部に肉体自体の変化は起きようが無いので、変身後も仮面の下には変身前の素顔があることは間違いない。

仮面ライダーX
 ライダーマンほどではないが、変身シーンの描写から、頭部はXマスクとパーフェクターを装着しているだけで、その下の素顔には変化がないように思える。

仮面ライダーアマゾン
 変身シーンはある種幻想的であり、具体的な描写は無いのだが、頭部を含む全身に肉体的変化が起きているというイメージを受ける。変身によって頭部にも頭蓋骨レベルでの肉体変化が起きており、あの顔は仮面ではなく変身後のアマゾンの肉体そのものだと思う。

仮面ライダーストロンガー
 正直言って分からない。ストロンガーに関しては、あの顔が仮面なのか、変化した肉体そのものなのか、イメージが湧かない。

スカイライダー
 ストロンガー同様、イメージが湧かない。

仮面ライダースーパー1
 地球以外の星、または宇宙空間で活動することを目的にした惑星開発用改造人間なので、変身によって頭部を含む全身に、徹底した肉体変化が起きているというというイメージがある。
 また、スーパー1以前に惑星開発用改造人間として改造された奥沢正人(後のメガール将軍)の変身後の姿(後の怪人死神バッファロー)が、変身によって頭部を含む全身に肉体変化が起きているように見えることも、このイメージを補強している。
 つまり、スーパー1の仮面の下に素顔は無いと思う。

仮面ライダーBLACK
 初期の変身シーンでは、変身の過程で一旦“バッタ男”に変貌し、その肉体の上をBLACKとしての外皮が包み込むという描写がなされていた。このことから、BLACKの仮面の下には、“バッタ男”の素顔があるのは間違いない。

仮面ライダーBLACK RX
 BLACKが生まれ変わった存在なので、BLACK同様、全身の肉体変化を伴う変身であることはほぼ間違いない。よって、RXの仮面の下には素顔は無いと思う。


 平成ライダーに関しては、「変身=強化スーツの装着」であることが明確である作品も多いが、それも含めて語ってみよう。


仮面ライダークウガ
 変身ベルトが自分の肉体と融合することによって(変身前でも)肉体内部に変化が起きており、しかもそれが時間と共に進行していることが医学的に明らかにされている。このことから、変身は全身の肉体変化を伴うものであり、クウガの仮面の下には素顔は無いと思う。

仮面ライダーアギト
 アギトの一種であるギルスが、頭部(口)にも明らかな肉体変化を起こしていることから、アギトもまた頭部を含む全身に肉体変化が起きていると考えるのが妥当。よって、アギトの仮面の下にも素顔は無いと思う。

仮面ライダー龍騎
 変身シーンでは、具体的な描写は無いものの、ミラーワールドに入るための特殊なスーツを一瞬で装着しているように見える。よって、龍騎の仮面の下には、変身前の素顔があると思う。

仮面ライダー555
 変身シーンでは、「強化スーツが、変身する者の身体を包み込むように構成されていく」という描写がなされている。このことから、変身する者の肉体自体には変化は起こっておらず、仮面の下には素顔があると思える。
 また、変身ベルトが一般的なベルト同様に、純然たる外付けのツールに過ぎないことも、このイメージを補強している。

仮面ライダー剣
 変身中に仮面が破損し、仮面の下に変身前の素顔があることが劇中で描写されている。

仮面ライダー響鬼
 “顔だけ変身解除”した姿は、一見すると強化スーツを着ているようにも見えるのだが、響鬼が口から火を吐いたり、威吹鬼が鬼爪を溶かされた際、イブキに戻っても手の甲を負傷していたことから、彼らの変身は全身の肉体変化を伴うものであると思える。つまり、響鬼の仮面の下に、ヒビキの素顔はないと思う。

仮面ライダーカブト
 仮面ライダー555同様、「変身アイテムは外付けのツール」、「変身の際には、強化スーツが全身を包み込むように構成される」というパターン。仮面の下には、同様に変身前の素顔があると思われる。

仮面ライダー電王
 イマジンが良太郎に憑依することで、良太郎の肉体自体に変化が起きていることは明らか。ただし、良太郎がプラットフォームに変身することで良太郎自身の肉体に変化が起きているようには思えない。
 よって、電王ソードフォームの仮面の下には、M良太郎の素顔があるのではないか。

仮面ライダーキバ
 キバは身体の各部に鎧を装着しているが、それを除いた身体そのものは生身であり、変身した渡の肉体であると思える。渡が人間とファンガイアのハーフであり、変身の際、彼の肉体にファンガイア同様の特徴が発現することも、キバの変身は肉体の変化を伴うものであるというイメージを補強している。
 よって、キバの顔は渡の顔が変化したものであり、仮面ではないと思う。

仮面ライダーディケイド
 特殊な作品なので、今回の考察からは除外する。

仮面ライダーW
 ドライバーを経由しているとは言え、ドーパント同様ガイアメモリを使って変身しているので、肉体変化を伴う変身だと考えるのが妥当。また、Wの身体が正中線から真っ二つに分離する必殺技の存在は、変身後の肉体変化が頭部を含む全身に及んでいることを証明している。
 よって、Wの仮面の下には、変身前の素顔は存在しないと思われる。

仮面ライダーOOO(オーズ)
 脚がバッタのような形状に変化する等、強化スーツを装着しているという解釈では有り得ない肉体変化が起きる。このことから、変身は肉体変化を伴うものであり、仮面の下に変身前の素顔は存在しないと思える。

仮面ライダーフォーゼ
 フォーゼの姿は、宇宙服や宇宙船を連想させ、生々しさが全くと言って良いほど感じられない。フォーゼの顔は単なる仮面…というか万能強化宇宙服のフェイスプレート部分であり、その下には人の素顔があると思う。

仮面ライダーウィザード
 WやOOO(オーズ)同様、強化スーツを装着しているという解釈では有り得ない肉体変化技を駆使するが、それは飽く迄も魔法によるものである。
 ウィザードの名の通り、その姿は魔法使いの衣装を連想させる。また、変身前の純然たる生身の状態でも、魔法が使える。
 これらのことから、ウィザードは“仮面を被った魔法使い”であり、仮面の下には変身前の素顔があると思う。
スポンサーサイト

コメント

フォーゼは肉体変化
ソースは小説版

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1459-5e002940

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。