2017-06

モーニング娘。11期メンバー加入に関する希望と考察

モーニング娘。11期メンバー加入に関する希望と考察

 モーニング娘。11期として、何人が加入するのか。
 モーニング娘。11期として、どんな娘が加入するのか。
 モーニング娘。11期として、誰が加入するのか。

 それに関する希望と考察を語る前提として、私なりのポイントを3つ挙げておこう。

【前提1】 れいな(田中れいな)の卒業後、メインボーカルを担当可能な歌唱力を持つ人材が必要となる。
【前提2】 さゆ(道重さゆみ)の卒業後、さゆのルックス(可愛らしくて比較的背が高くてスタイルが良い=写真集要員)を補完出来る人材が必要となる。
【前提3】 過渡期を除いたモーニング娘。の人数の上限は12人とすべきである。

 まず、11期の人数であるが、2人から4人であると推測する。そして、個人的には11期の加入人数は2人であることを希望する。
 1人加入は、このところ連続して失敗している。小春(純然たる1人加入)と光井(事実上の1人加入)がそれだ。かつて、ごっちんという成功例はあるものの、今日、ごっちんクラスの人材がモーニング娘。に加入する可能性は低いだろう。だから、1人という選択肢は無いと思う。

 また、11期が4人加入した場合、一時的に人数は14人となり、さゆとれいなの卒業後は12人となる。前提として挙げたように、過渡期を除いたモーニング娘。の人数の上限は12人とすべきというのが私の持論だ。つまり、11期を4人加入させると、それでもう上限となってしまう。
 さゆとれいなの卒業後は、かなりの期間、「年齢を理由とした卒業者」を出せない状況になる。すると、11期が4人であった場合、結果的に2、3年間は新メンバーを入れることが出来なくなってしまう。これは好ましくない。
 11期が加入後、しばらく新メンバーの加入が途絶えるという事態は避けた方が良いと思う。つまり、11期加入後、1年以内に12期の加入を発表し、2年以内に実際に加入させるべきなのだ。

 そうなると、11期に4人加入させるわけにはいかない。
 また、12期を1人加入にするという選択肢も無い。
 すると必然的に、11期は2人(12期も2人)という枠になるのだ。

 さてここで、4番目の前提を挙げてみよう。

【前提4】 メインボーカル担当候補として、1人は既に内定済みである。

 これは、大方のファンが思っていることだろう。
 11期メンバー募集のコンセプトと、れいながバンド活動を開始するという予告のタイミングからして、れいなが抜けた穴を埋める新メンバー(メインボーカル担当)は、既に1名確保済みと考えるのが自然だ。
 そうなると、残りの枠は1人。この枠について考えてみよう。最近のパターンだと、

・エッグ以外の即戦力枠…9期りほりほ(鞘師里保)、10期あゆみん(石田亜佑美)
・エッグ枠…9期フクちゃん(譜久村聖)、10期くどぅー(工藤遥)
・素人枠…9期ズッキ(鈴木香音)、10期まーちゃん(佐藤優樹)
・それ以外(モデル枠)…9期えりぽん(生田衣梨奈)、10期はるなん(飯窪春菜)

となっている。
 「れいなが抜けた穴を埋めるボーカル担当=即戦力」がいるとしたら、どう考えてもエッグではないので、残る枠は「エッグ枠」、「素人枠」、「モデル枠」である。ここに、【前提2】で挙げた「さゆの補完」という条件を重ね合わせると、一つの答えが導かれる。即ち、

 「エッグにいる」、「モデル的な体形」、「さゆのように可愛らしくて比較的背が高い」メンバー。
 たなぴょん(田辺奈菜美)である。
 たなぴょんが11期に選ばれるか否かは、

「素人で」、「モデル的な体形」、「さゆのように可愛らしくて比較的背が高い」メンバー
または
「(エッグ以外の)即戦力で」、「モデル的な体形」、「さゆのように可愛らしくて比較的背が高い」メンバー

が、どの程度応募してくるかによって決まる。
 たなぴょんの有利な点は、顔がいわゆる“ハロプロ顔”で、9期10期の誰とも被っていないというところだ。しかも、たなぴょんという愛称が示す通り、ウサギのイメージを有している。そしてウサギは、さゆのイメージでもあるのだ。

 女性人気(女性ファンの支持)を考えると、モデルというイメージは重要である。9期10期でモデルと言ったら、はるなんくらいしかいないので、11期にはモデル的なメンバーが必要となる。モデル的な現メンバー、さゆが近いうちに卒業するのだから尚更だ。
 モーニング娘。の人気復活の鍵を握っているのは、今既にいるファンではなく、これから新たに入ってくるファン、特に新規の女性ファンである。
 小学生の頃にミニモニ。が好きだった女の子が成人し、CDやDVDやコンサートチケットを買うお金を自由に使えるようになっている今こそ、新規(厳密には“復帰”だが)女性ファンを獲得する絶好のチャンスなのだということを、古参の男性ファンは肝に銘じなければならない。

 そんなわけで、
・11期加入メンバーは2人
・1人は、既に内定済みのメインボーカル担当候補(エッグではない)
・もう1人は、たなぴょん(エッグ枠)が有力
というのが、現時点での私の推測であり、希望である。

 さて、実際のところは、どうなるのだろうか。
 9期10期と、新メンバー加入が成功しているので、11期もそれに続いて欲しいと切に願う。
 それが、さゆとれいなが卒業した後の「完全新生モーニング娘。」の「初期メンバー」となるのだから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1420-224ea06f

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。