2017-07

実家の居間のオーディオ・ヴィジュアルを7.1chにしたぞ

実家の居間のオーディオ・ヴィジュアルを7.1chにしたぞ

 帰省した際、去年の冬のボーナスの残り全てをつぎ込んで、実家の居間(10畳)のオーディオ・ヴィジュアルを強化してきた。
 TVは37インチから55インチへ!
 オーディオは2.0chから7.1chへ!

実家の7.1ch_AV環境

 7.1chとは、スピーカーを8つ使用するオーディオ環境のこと。上の画面に写っているのは、フロント(左右)、センター(中央)、ウーファー(一見ただの箱みたいな物)の4つ。
 残り4つのスピーカーは、全て同じタイプを使っている。

実家の7.1ch_AV環境_3
 このスピーカーが、サイド(横の左右)、リア(後の左右)にあり、計4つ。前の4つと合わせて8つとなるわけ。

 ブルーレイデッキとアンプは、これ。
実家の7.1ch_AV環境_2
 アンプの放熱空間を確保したつもり。
 
 省エネと雷対策として、スイッチ付きのタップを使用。いちいちコンセントを抜かなくても、タップのスイッチを切る(有接点を開放する)ことで、同じ効果を得られる。
実家の7.1ch_AV環境_4

 以前の37インチTVも決して小さくなかったが、55インチのTVはやっぱり大きい。『ガンダムAGE』のキオ編第1話をリアルタイムで観たのはこの環境だったから、凄く迫力があった。
 音も良かった。7.1chにしたことで、TV番組による音作りの差が良く分かるようになった。『ガンダムAGE』は、かなり音を作りこんでいる方だと思う。

 ちなみに、普段生活しているアパートのオーディオ・ヴィジュアル環境は、37インチTVと5.1chオーディオ。6畳半の居間に事務机や本棚その他を入れているから、それが限界なのだ。
 アパートにある『ガンダム00』の劇場版ブルーレイは、実家に送ってしまおうと思う。大画面向きだもんな。

 実家の居間のオーディオとして長期間働き続けてくれたのが、これ。
7.1chの前は2.0chでした

 私が買ったものではないと思う。少なくとも20年間は使い続けてきた。いつから実家にあったのか、思い出せない。昔の機器はシンプルかつ余裕を持った設計がなされているので、寿命が長いのだ。
 リサイクル屋さんに引き取ってもらうので、多分、今後もまだ現役で機能し続けてくれると思う。とりあえず、我が家ではお疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1393-e70c8e03

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。