2017-08

『ガンダムAGE』が賛否両論なのはいいけど、けなしている人は一体何のガンダムと比較しているのだろうか?(その6)

『ガンダムAGE』が賛否両論なのはいいけど、けなしている人は一体何のガンダムと比較しているのだろうか?(その6)

 最初に大胆な予測をしておく。と言っても、『ガンダムAGE』そのものに関してだけど。
 初代主人公フリットは、AGE-1で例えればノーマル(努力家・優等生)。
 2代目主人公アセムは、AGE-1で例えればスパロー(天才肌・クールガイ)。
 3代目主人公キオは、AGE-1で例えればタイタス(やんちゃ・天然元気印)。

 普通に考えると、
 初代主人公フリットは、戦後から開戦まで
 2代目主人公アセムは、ずっと戦中
 3代目主人公キオは、戦中から終戦まで

…なので、主人公の生きる時代に合わせて、主人公のカラーもそうなるのでは?
 2代目主人公アセムは、戦いの始まりを見たこともなければ終わりを見ることも出来ない人生を送るキャラクターなのだから、クールにもなろうかと。今、改めて設定画を確認したら髪が金髪なので、やはり母親はエミリーなんだろうな。
 3代目主人公キオは、初期の宣材画を見るとアムロ以上に内向的で拗ねた少年っぽいんだけど、長い戦争で疲弊した世界を終戦という形で再生へ向かわせるには、ジュドーみたいな天然系の逞しさを持ったキャラクターが必要だと思う。外見とのギャップがあると、よりインパクトがあるのでは?

 さて、ここからが本題。…て言うか余談みたいな気もするが。
 とりあえず、ファーストガンダムを引き合いに出して『ガンダムAGE』を貶している人は少ないと思う。

ファーストガンダムみたいに、ガンダムを何機も出せ!とか、
ファーストガンダムみたいに、美形の男性キャラを大勢出せ!とか、  
ファーストガンダムみたいに、常にハイテンポでストーリーを進めろ!とか、

ファーストガンダムみたいに、入浴シーンを出せ!とか、

そんなふうに『ガンダムAGE』を貶す人などいるわけが…
…まぁ、最後に挙げた件に関しては「ウルフのシャワーシーンがあって、ミレースとエミリーが一緒にお風呂に入るシーンがないのは如何なものか」という至極当然な意見を胸に秘めている人もいるだろうが、それをわざわざネットで公言する人はやはり稀だろう。
 真面目な話、ストーリーのテンポは似ている感じがするんだわ。ファーストも『ククルス・ドアンの島』(第15話)までは、“ホワイトベース放浪記”みたいな感じで、割とチンタラ話が進んでいたから。大きなイベントとしてはガルマの戦死で、『AGE』だとドン・ボヤージの戦死。
 こういうふうに照らし合わせると、マチルダさんとウッディ大尉が、マッドーナ夫婦とダブって泣けてきますな…。

 次に、『Gガンダム』を引き合いに出して『ガンダムAGE』を貶している人は少ないと思う。

『Gガンダム』みたいに、もっと低年齢層にもフレンドリーに作れ!とか、
そんなふうに『ガンダムAGE』を貶す人などいるわけがないと思う。それに、

初めて観たガンダムが『Gガンダム』だというガンダムファンは、謙虚な人が多いから。

 これは真面目な話、ファースト世代のオッサンから、
「初めて観たガンダムは何ですか」と聞かれて
「『Gガンダム』です」と答えるとき、バツが悪そうにする必要は全くありません。ファースト世代が『Gガンダム』を貶していたのは20世紀の話です(私は貶していませんけどね)。ファースト世代も、いい加減歳を取りました。今となっては、

『Gガンダム』がなければガンダムファンは高齢化だけが進行し、深刻な“ガンダム空白世代”を作ってしまうところだった、

と思っています(多分)。

 そう、だから問題は腐女子なんだよな、言いたくないけど。
 しかし、敢えて言おう、カ… カ…
 …ガマンシテクダサイ!

 もう、正直他所に行って欲しいの。
 アダルトビデオコーナーって、いつの間にか半分は女性向けになってるじゃん。
 女性向けアダルトビデオのコーナーには、BLアニメが上から下までビッシリ置いてあるじゃん。
 美形キャラてんこ盛りの、ソフトなプラトニックBLからハードな…まで。
 そういう場所があるんだから、BL目的でガンダムのところには来ないでね。
 最後は切実なお願いとなってしまいましたが、皆さんいかがでしたでしょうか?(何が?とか、何処に?とかは訊かないで下さい)

 でも本当に『ガンダムAGE』に関して、少なくともフリット編では美形キャラの乱発がなくて良かったわ。グルーデックもラーガンも美形っちゃあ美形なんだけど、あからさまに美形の男性キャラと言えるのは、ウルフとラクトの2人だけだもんね。オッサンキャラも結構出てるし。
 ファーストも、男性の美形キャラと言えばシャアとガルマぐらいのものだった。そりゃシャアの人気が高まるわけだよ、一人しかいなきゃそこに集中するんだから。

 『ガンダムAGE』のキャラのバランスが、『ガンダムUC』同様、ファーストに近くなっていることは本当に喜ばしい。
 『AGE』は、ファーストや『UC』と違って3世代物語なので、1世代当たり2人の美形キャラ登場すると全体では6人の美形キャラを擁することになる。これはもう十分に華やかでしょう。

 とっ散らかった記事になってしまいましたが、以上でオシマイ!
スポンサーサイト

コメント

主人公の予想は目から鱗が落ちました、確かに戦いが続くとするならアセムは一番辛い時期を生き抜くことになる主人公なんですね
主人公3人の中で一番クールな雰囲気なのも頷けます、
アセムの時代ではフリットは生きているのか、前の世代の登場人物はどう関わってくるのかという点も今から気になりますね
UEの全貌も未だに殆ど不明というのはワクワク感を掻き立てられます、敵の正体を暴いていくことも3世代を通してのギミックになるんでしょうか
彼らの正体を暴くことにより、新たな展開が待ち受けているのではないかと思うと今から予想が膨らみます

ガンダムAGEには複数の主人公が用意されているであろうことは毎話冒頭のナレーションで明らかにもなっていますし
公式HPにも既にビジュアルが公開されています、シルエット姿ですが新たなガンダムも写っています
世代が変わるごとにまったく違う楽しみが用意され、最初から1つの作品で3つの大きな楽しみを味わえることをウリにした美味しい作品なんですよね
これがどれだけガンダムにおいて新しく、贅沢な試みなのか、その事に気付かずに検討違いの批判をダラダラ流している人達に本当呆れるばかりです
一族を通して繰り広げられるであろう大河ドラマに想い馳せないなんて勿体無い限りです

記事とはまったく関係のない話で恐縮なのですが、またいつか震電さんの新たな特撮コラムを読んでみたいです
震電さんの特撮コラムは肯定的な意見も否定的な意見も読み応えがあり、自分の気付かなかった点も多く触れられており参考になっています
過去のコラムも読み返す度に未だに新たな発見があり本当に驚きます
ディケイド以降の平成ライダーやゴーカイジャーなどへの想い、様々な角度・視点からの意見などは是非気になるところなのですが、前向きに検討していただけると嬉しいです

あいかわらずの
適切な判断ですね。
私は基本的に
頭空っぽにしてみる
タイプなので
それなりに楽しんでみてます。
下手にこねくり回して
見ないほうがいいのになと
思ってますよ。

コメントありがとうございます

>鬼瓦さん

 次回作のことを言うと笑われてしまうかも知れませんが、次は『00』と『AGE』の両方のやり方を採用したガンダムになるのではないかと思っています。
 つまり、25話放送(1期)して6ヶ月間をおき、25年後の世界(次の世代の世界)を25話放送(2期)するという方式です。
 これは一例に過ぎませんが、こうした試み=新たなる挑戦を、これからも見守っていきたいと思っています。
 『AGE』の話に戻すと、アセム編でウルフの子供が登場するとしたら、アセムより年下とか、女性だったら面白いかも、とか想像しています。
 最近の特撮に関しては、商業人気が安定している(子供からの支持が安定している)ようなので、大きなお友達である私が特にするべきことはないかなぁと思っています。


>HT-900さん

 私も同じく、基本的には頭空っぽにして観るタイプです。でないとゲッターとコンバトラーの両方が入りません。
 こねくり回すのも好きなんですけど、まず頭に入れてからこねくり回せばいいのになと思います。

ガンダムAGEにおける疑問点
撃墜されるパイロットの描写が
見受けれれない点です
メイン以外の人々の死の描写が
軽すぎる気が
子供向けの為描写をさけているのでしょうかね

>メイン以外の人々の死の描写が
>軽すぎる気が

 これに関しては私は気になりません。ガンダムとしては全体的に普通だと思います。要所でも、「命乞いするパイロットが殺される」、「爆発寸前のMSから脱出して命拾い」という描写は印象に残っています。
 気になったのは、ドンの特攻です。ガルマやスレッガー(TV版)の特攻と比較すると「これは他に選択肢が無い」という説得力、「だが、自分はこうはなりたくない」という嫌な印象、共に弱かったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1350-8f985eae

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。