2017-11

『宇宙世紀ガンダム合わせ』レポート(前編)

『宇宙世紀ガンダム合わせ』レポート(前編)
 開催日:2011年11月27日
 場所:東京ファッションタウンビル(TFT)
 イベント:コスプレ博inTFT

 ガンダム00オンリーイベント以来、約3ヶ月振りにイベントでコスプレして来ました。会場は、去年の4月以来、2回目となるTFT。前回同様、ほぼ屋外のみでの撮影となりました。
 ガンダム00オンリーイベントは単独参加でしたが、今回は私にとって定番となりつつある『宇宙世紀ガンダム合わせ』。合わせ参加メンバーは京さん、ブラットさん、ハジメさん、私の4人です。私自身が写っている写真は、京さん、ブラットさん、ハジメさんのうちのどなたかに撮って頂いたものです。
 なお、画像はトリミングと背景処理以外は、加工を行っていません。

 今回のレポートは、撮影の時系列に合わせて進めていきます。最初は、建屋の出入り口を出て直ぐの、テラスで撮った(撮って頂いた)写真から。先ずは全員のソロショットを押えておこうということで、全員のソロショットの撮影から始めました。

カーディアス・ビスト_1
 『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のカーディアス・ビスト。国内では、現時点で多分私以外に誰もコスしていないキャラなのでは?
 この衣装、もともとサイズが小さめだったのですが、1年以振りぐらい?に着てみたら、もうピッチピチという感じで、ズボンのウェストなんか完全にギリギリ。この1年で腹回りを中心に太ったことが実感できました。

カーディアス・ビスト_2
 サイドショットというか、横姿。こういうアングルは貴重なので、有り難い1枚です。
 ちなみに、このアングルだと正面とは違って、髪形の再現性が高く見えますね。

カーディアス・ビスト_3
 カーディアス・ビストが見据えるその先には、スペースノイドそして人類の理想の未来が…
 後姿も、髪形の再現性が高く見えます。実はこのウィッグ、行きつけの床屋さんでカットとセットをしてもらったものなのです。

アナハイム技師から説明を受けるカーディアス_1
 アナハイム技師から説明を受けるカーディアス・ビスト。
 アナハイム技師は、ハジメさんです。
アナハイム技師から説明を受けるカーディアス_2
 ガンダムユニコーン合わせ、あるいはアナハイム合わせ!
 嬉しくて、自然に笑みがこぼれてしまいました(あんまりカーディアスっぽくないのですが)。

カーディアス・ビストとアナハイム技師
 シリアスな雰囲気で、視線を遠くへ…
アナハイム技師の中には、当然ながらカーディアスの“野望”を知ったうえで、あるいは共感したうえでユニコーン計画に携わっていた者もいた筈。彼らの“その後”も気になりますね。と言うか、アナハイム技師(男性)の視点での『ガンダム』の物語を観てみたいです。

 アナハイム・エレクトロニクス社の技師という、これまたレアなキャラをコスされているハジメさん。
アナハイム技師_1
「この技師、全身がアナハイムフレームで出来ているのか?」という感じなのですが…
アナハイム技師_2
 バストショットだと、そうでもない感じに? 欲を言わせてもらえば、帽子にも一工夫欲しいところです。

 こちらもレアキャラ、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のギュネイ・ガス。
 レイヤーは京さんです。ギュネイの、ちょっとチャラい雰囲気が良く出ていると思います。
ギュネイ・ガス_1
 京さんのコスされたこのギュネイ・ガスは、容姿・年齢ともにピッタリで、完成度は相当高いのではないでしょうか。やはり、コスプレはナチュラルであることが1番だと感じました。(京さん本人は決してチャラい人ではありませんので…念のため)

ギュネイ・ガス_2
 アニメの透過光っぽい感じで光が入った1枚。自然光での撮影で、こういう偶然に恵まれたのは初めてです。

 ナチュラルなコスという意味では、こちらもハイレベルなジオン兵。
ジオン兵_1
 ブラットさんのジオン兵は、私にとって既に“鉄板”の域に達しています。
ジオン兵_2
 黄葉(紅葉)交じりの背景だと、色合い的にもナチュラルさがアップするジオン兵です。

アナハイム技師から説明を受けるジオン兵
 シチュエーション的には、「試験戦闘出撃前にアナハイム社に寄って、倉庫から直接、装備を受領するべく説明を受けているところ」…といったところでしょうか。

 テラスでの撮影は、とりあえずここまで。
 次回は、TFT建屋を離れた屋外で撮影した画像を紹介します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1342-c64c305e

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。