2017-10

真田幸村のコスをハードゲイナー通信と一緒にしてしまおう

真田幸村のコスをハードゲイナー通信と一緒にしてしまおう

 ハードゲイナー通信が、前回から1年以上経ってしまっている。胸の筋肉には少し進歩があるのに何故ハードゲイナー通信をやらないのかと言えば、それ以上に腹に脂肪が付いてしまっているからである。
「胸の筋肉が増える以上に、腹の脂肪が増える」
 このこと自体は、想定内である。と言うよりむしろ、
「腹の脂肪が増え始めたら、胸の筋肉も増え始めた」
のだ。ハードゲイナーが、腹筋が割れたままで筋肉だけ増やすなど、ほぼ不可能なのだ。

 しかし、腹がポッコリした自分の姿を晒すというのは、どうにも気が引ける。
 そこで、真田幸村のコスを、ハードゲイナー通信と一緒にしてしまうことにした。
 つまり、先ず真田幸村のコスを撮り、次に上着だけ脱いでハードゲイナー通信を撮るのだ。真田幸村の衣装は、上着を脱いだ状態でも腹がポッコリと出ている部分を隠せるので、腹ポッコリを気にせずハードゲイナー通信を撮ることが可能となる。

 ただし、今所有しているバージョン(個人的には“モンゴル相撲バージョン”と呼んでいる)では、ポッコリ腹を隠し切れない。だから「ポッコリ腹を隠せる」バージョンの真田幸村の衣装を、新たに購入する必要がある…
…とか言って、実は、「ポッコリ腹を隠せる」バージョンの真田幸村の衣装は、ハードゲイナー通信とは関係なしに、もともと買う気でいたのだ。単純にカッコイイから。今回は、それをハードゲイナー通信に流用することを思いついたというだけのこと。

 でもまぁ、一石二鳥であるし、良い思い付きではある。
 4ヶ月おきに、真田幸村のコスを出す。
 4ヶ月おきに、ハードゲイナー通信を出す。
 筋肉に進歩があれば、自分へのご褒美として、次の真田幸村の衣装を買う。戦隊モノみたいに、色違いで真田幸村の衣装を揃えるというのも面白い。

 着ただけだと、こういう具合に気軽にコスの幅を広げられるから良いな。
 「コスプレは自己満足」というフレーズは誰が言い始めたのか知らないが、確かに便利ではある。
 もっとも、現時点で画像をアーカイブにupしている真田幸村レイヤーの中では、筋肉の再現に関してはトップ10%以内にいると思う(それだけ筋肉表現に関しては全体のレベルが低い)。つまり、現時点では私の自己満足もそれほど捨てたものではないということだ。

 個人的には、真田幸村レイヤーが筋肉表現に気を使うようになって、私のような着ただけが本当に単なる自己満足になることを祈っている。大胸筋付きのBホルダーとか、どこかが発売すれば良いのにねぇ。そして「大胸筋付きBホルダー」着用が、真田幸村コスの完コスの条件というコンセンサスが出来れば…
 ん? 大胸筋部分を肉襦袢ではなく空の「型」にして、そこに乳房を収める構造にすれば、胸つぶしも楽になるんじゃないの? これも一石二鳥かも?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1311-d9acf1e6

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。