2017-08

『機動戦士ガンダム併せ』レポート(その1)

『機動戦士ガンダム併せ』レポート(その1)
    開催日:2010年12月19日
    場所:東京国際交流館(プラザ平成)
    イベント:レイヤーズフェスティバルinプラザ平成

 もう2週間以上前になるのですが、遅れ馳せながら記事にします。
 何しろ、『機動戦士ガンダム』の合わせでしたから。
 『機動戦士ガンダム00』ではありません。
 無印の『機動戦士ガンダム』、
 初代の『機動戦士ガンダム』、
 最近はファーストガンダムと呼ばれることの多い、ガンダムシリーズの原点であると同時にアニメというジャンルに革命を起こした記念碑的作品、『機動戦士ガンダム』です。

 とりあえす、集合写真から。
aburidousama_4
 Photograph by あぶり堂さん(カメラマン)

 セイラ…桐野あらんさん(併せ主催) ガルマ…桐野とうこさん シャア…水野信司さん ジオン兵…ブラットさん ギレン…京さん ブライト…震電

 何故か、ブライト・ノアのコスをしている私がいます。当初は、ジオン兵(一般兵)のコスをする予定でしたが、併せ主催の桐野あらんさん(セイラ)の依頼で、ブライトのコスをすることになったのです。
 依頼を受けた際、私は実年齢を理由にして事実上の断りを入れた(ファーストガンダムのブライトは19才、私は45才)つもりだったのですが、
「それでもレイヤーですか、軟弱者!」
と叱咤されて…というのは嘘ですが、連邦キャラがセイラ一人では困るということで私がブライトをやることになったのでした。

 ガンダムユニコーンのブライトは36才なのでコスする予定を立てているし、イベントでも出すつもりなのですが、まさかファーストガンダムのブライトのコスをイベントでやるとは…。完全に想定外の出来事となりました。結果的に、ファーストのセイラさんと2ショットの合わせが出来たのは、役得?でしたけどね。

 そんなわけで、ここからはセイラさんとの合わせ画像を載せていきます。
 先ずは、グループショットを撮影した場所での2ショット。同一の物体を見るように申し合わせ、視線を揃えています。
aburidousama_2
 Photograph by あぶり堂さん(カメラマン)

 屋内に移って、銃を手にする二人。
aburidousama_5
 Photograph by あぶり堂さん(カメラマン)

 前述の通り、私がブライトのコスをすることは年齢設定を26才もオーバーしていることになるのですが、設定と一致している要素もあります。それは身長です。
 設定資料を見ると、ブライトの身長は175cm、私の身長も175cm。設定画をそのまま解釈すると、「ブライトの身長はブーツを履いた状態で175cm」ということになるのですが、私は敢えて「ブライトの身長は素で175cm」と解釈します。(ちなみに、セイラさんは同設定図では165cmとなっています)

aburidousama_6
 Photograph by あぶり堂さん(カメラマン)

 銃を構えるセイラさんとブライト。
 セイラさんの方がサマになっていて強そうに見えますが、それもその筈、銃を準備されたのはセイラさんのコスをされている桐野あらんさんです。私なんか、モデルガンを手にするのはほとんど初めてだったので、戸惑うことしきりでした。
 また、実際にセイラさんはGファイターのパイロットだし、ガンダムでの戦闘経験もあります。戦闘実務を遂行する兵士としては、セイラさんの方が一枚も二枚も上であることもまた事実です。

 ホワイトベース内をイメージしてみたのが、こちら。

aburidousama_9

aburidousama_10
 Photograph by あぶり堂さん(カメラマン)

 ホワイトベースの通路に佇んだり、リフトグリップを使って移動したりするセイラさんとブライト…に見えるかな? あぶり堂さんに撮って頂いた画像を加工して、無重力っぽい感じを出してみたつもり。

 私が持参したカロリーメイトを戦闘食に見立てての撮影。

戦闘食を摂るセイラさんとブライト_1

戦闘食を摂るセイラさんとブライト_2
 Photograph by桐野とうこさん(ガルマ)

 二人とも同じメーカー(TRANTRIP、発売元はCOSPA)の衣装を着用しているため、その点に関しては違和感が無いと思います。ただし、私が履いているズボンはTRANTRIP製の衣装ではなく、リーバイスのスリムフィットです(私が購入した連邦軍男子制服はフリーサイズであり、タイツがフィットしなかったため)。

 とりあえず以上です。
 合わせの皆さん、当日はお疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1215-70485d06

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。