2017-10

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のカーディアス・ビストのコスプレをやってみた

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のカーディアス・ビストのコスプレをやってみた

 小説版を読んでいるときからコスしてみたいと思っていた、『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のカーディアス・ビスト。いろいろ課題はあるのですが、とりあえずやってみました。
 先ずは、今回一番イイ感じで撮れた、劇中のポーズ?の再現から。
 息子であるバナージを、ユニコーンのコクピットに招き入れんとするカーディアス…
カーディアス_劇中ポーズ

 ウィッグが不自然になってしまっているのは、想定内。
 予想外だったのは、ヒゲの剃り跡を隠すメイクの影響で、実年齢よりも若く写ってしまったこと。
 ちなみに、実年齢相応またはそれ以上に撮れたのが、こちら。
20090719_星名

 カーディアスとほぼ同じ年齢であろう、星名専務(『しゅごキャラ!』)のコスです。
 進修館のイベントにて一眼で撮って頂いた写真なので解像度の差もあるとは思いますが、やはりメイクの違いが出ていることは間違いありません。このときは、ファンデーションどころか化粧水さえ使っていなかった(目立つホクロやシミ隠しにコンシーラのみを使用)ので、老人らしさが普通に出ていると思います。

 もちろん、地毛で禿げ上がり具合を表現できていることも大きいでしょう。
 星名専務の場合は、アニメ版『しゅごキャラ!』の公式コスプレイヤーとも言える“しゅごキャラエッグ!”が、黒の地毛のままコスプレしていた(作中のしゅごキャラの髪はピンクやブルーなどで黒はいない)ので、私も地毛でやりました。その方が、前述の通り禿げ上がり具合を自然に(リアルすぎるかも?)出せますから。

 やはり、オールバックをコスプレ用ウィッグで表現するのは難しい。特に生え際はどうしようもないし、額がどうしても実際よりも狭くなってしまいます。
 カーディアスも星名専務の場合のように、地毛で黒のままやろうかとも思ったのですが、カーディアスは「グレーの髪の西洋人キャラ」。ですから、グレーのウィッグを使用したわけです。

カーディアス_椅子使用
カーディアス_腕組

 ウィッグの厚みをどうにかして圧縮して、もう少し薄くすれば不自然さが軽減するのではないかと思います。また、ウィッグネットぎりぎりの線までウィッグを後退させて、少しでも額を広くすることも、次回は試みるつもりです。

 設定画ポーズ…のつもりが、脚を閉じるのを忘れてしまいました。
 上着の丈も少し長すぎると感じたので、現在リフォームに出しているところです。
カーディアス_ニーショット


 アップショットだと、目の下の弛みなどはイイ感じで再現できていると思うのですが…
カーディアス_バストショット
カーディアス_バストショット_2

 生身ならではの細かいシワが、ヒゲの剃り跡隠しメイクの影響で消えてしまっています。しかし、グレーの髪で、ヒゲの剃り跡が黒いというのはいかにも不自然なので、それは避けねばなりません。コンシーラとファンデーションの出番です。実年齢よりも若いキャラをコスする際には一石二鳥となるのですが、今回のようなケースではそうはいきません。

 ちなみに、眉は無駄毛を抜いたのみで、ノーメイクです。色的には不自然さはないと思うのですが、ボリューム感が出ていないので、その点を次回は改善したいところ。三度、ドラッグストアの化粧品コーナーのお姉さんに相談しに行くつもりです。
 あと、地毛のモミアゲの部分は、薄い色に部分染めするか、テーピングで隠す等の処理をする必要がありますね。

 衣装は、当然ながらオーダーメイド品。上着の前は、マジックテープで留めるようになっています。
カーディアス_劇中ポーズ_0

 カーディアス・ビストは、イアン・ヴァスティ(『機動戦士ガンダム00』)と同様、60才までコスをやり続けたいキャラクター。歳を重ねるごとにキャラに近づいていく筈なので、自分でも楽しみです。
 このコスで、あと15年は戦える!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1212-c1122a91

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。