2017-10

手のひら脱皮終了??

手のひら脱皮終了??

 一人暮らしを始めて毎日米を砥ぐようになって以来、毎年秋から冬までの期間限定で、右手親指の付け根付近の皮膚が荒れるようになった。今年もそろそろ来るかと思っていた9月末、手のひら全体の皮膚が剥け始めた。

 肌が荒れて皮が剥けるのではなく、普通に剥けていく。皮膚そのものは、特に乾燥しているわけでもないし、湿っているわけでもなく、いたって普通。もちろん、剥けて剥離した(剥離しかけている)方の皮膚は乾燥しているが、それは当然だろう。

 最初に剥け始めたのは親指と人差し指およびその付け根付近の手のひらの部分。
 次に中指の中とその付け根から手首以前までの部分。
 次に薬指ととその付け根から手首以前までの部分。
 次に小指ととその付け根から手首以前までの部分。

 まるで手のひらをスキャンするように、皮膚が剥けていった。
 右手だけではなく、3日遅れぐらいで左手も同様に剥けていった。
 それが今週の始め頃に終わり、今日まで再発しない。
 1巡して終了、2巡目はないということらしい。

 こんな現象は、去年まで起きなかったと思う。
 原因として考えられるのは、クレアチン休止期間、筋トレの頻度が大幅に低下し、手のひらへの大きな刺激も同様に低下したことぐらいである。
 10年ほど前、異動で肉体労働をしなくなった際、1ヶ月ぐらい経過した時点で手のひらのマメがボロッと取れてクレーターみたいな大きな凹みが出来たことがあったが、何となくあのときと似ている。

 それとも、歳の所為なのだろうか?
 だとしたら、来年も起きるのだろうか?
 とりあえず、今年の出来事として書き記しておいた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1201-76eb390b

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。