2017-10

着替え・メイク等の手順

着替え・メイク等の手順

 メイクの練習をして気付いたこと、想像したことを元に、着替え・メイク等の手順をまとめておく。

0.先ず最初に、腕時計および貴重品を、現場用の鞄に入れる。

1.(1)ニップル用のテープ
 (2)Tシャツ
 (3)櫛
 (4)ウィッグネット
を出す。

2.上半身裸になる。
(1)ニップル用のテープを貼る(指先が完全に渇いている状態で)
(2)Tシャツを着る(メイク後に着ると顔と擦れてメイクが付着する)
(3)櫛で髪をオールバック風に整える
(4)ウィッグネットを被る

3.(1)ニベアローション
 (2)ヘアピン
 (3)ニベアクリーム
 (4)鏡セット
を出す。

3.(1)ニベアローションを塗る。目の周囲、首にも塗ること。
 (2)ウィッグネットの余りを前方に折り返してヘアピンで留めて、鏡でしっかり確認する。この間にローションを馴染ませる。
 (3)ニベアクリームを塗る。目の周囲、首にも塗ること。特に、目の下の部分と目頭にはキッチリ塗る。

4.ここで一旦、片付ける(鏡以外)。この間に、クリームを馴染ませる。

5.メイク用品一式を出してメイク。
(1)男性用コンシーラを一番先に使用する(この段階では指先で馴染ませないこと)。
(2)次に普通のコンシーラを使用する(コンシーラの重ね塗り)。このとき、目頭にも使用する(クマ隠し)
(3)コンシーラを指先で馴染ませる
(4)ファンデーションを使用する(首、鼻の頂点、小鼻も忘れないこと)
(5)リップコンシーラを使用する
(6)キズを書く(顎の先端に近くなるように意識)
(7)眉を書き足す。眉頭から書き始めるのではなく、中央から書き始める。

6.ウィッグを被り、ウィッグ用の櫛で整え、鏡でチェックする。同時にメイクも最終チェック。

7.ここで一旦、片付ける(鏡以外)。

8.Gパンを履き替え、裾を捲って安全ピンで固定する。

9.足カバーを装着し、安全ピンを使ってGパンに固定する。

10.リストバンドを装着する。鏡でウィッグを最終チェックする。

11.(1)現場用の鞄に貴重品が入っていることを確認する
 (2)片付けおよび周囲のチェック
 (3)集合現場へ向かう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1190-ecde1c0b

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。