2017-11

非実在青少年条例の恐ろしさを、分かりやすく説明しよう!(その6) ~ その2つ目の目的は「児童ポルノ」および「児童ポルノ漫画等」の所持禁止 ~

非実在青少年条例の恐ろしさを、分かりやすく説明しよう!(その6)
~ その2つ目の目的は「児童ポルノ」および「児童ポルノ漫画等」の所持禁止 ~

 この記事は、前記事 の続きである。
 今回も、東京都青少年健全育成条例の改正案と現行の対比から、非実在青少年条例の本当の目的を探ってみよう。

 ・ 東京都青少年の健全な育成に関する条例 新旧対照表(平成22年4月27日)
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/08_joureikaisei/sinkyuutaisyou.pdf


 非実在青少年条例の本当の目的の一つは、「児童ポルノ」に漫画やアニメも含めることである。

 「児童(実在する18才未満の人物)」が出演するポルノも、「非実在青少年(18才未満に見える2次元キャラ)」が登場するエロ漫画やエロアニメ等も、同じように規制しようとしているのだ。

 これだけでも十分に恐ろしいのだが、さらに恐ろしいのは、その両者の「単純所持の禁止」を狙っている点だ。非実在青少年条例の、該当箇所を見てみよう。

----------------------------------------
(児童ポルノの根絶及び青少年性的視覚描写物のまん延抑止に向けた都民等の責務)

第十八条の六の四 何人も、児童ポルノをみだりに所持しない責務を有する。
2 都民は、都が実施する児童ポルノの根絶に関する施策に協力する
  ように努めるものとする。
3 都民は、青少年をみだりに性的対象として扱う風潮を助長すべき
  でないことについて理解を深め、青少年性的視覚描写物が青少年の
  性に関する健全な判断能力の形成を阻害するおそれがあることに留
  意し、青少年が容易にこれを閲覧又は観覧することのないように努
  めるものとする。
----------------------------------------

 要するに、
 
(A)児童(18才未満)ポルノの所持禁止。
(B)18才未満に見えるキャラクターを扱っているエロ漫画やエロアニメ等は、児童ポルノに準じた規制を行う。

ということだ。この先にあるものは、「18才未満」という括りで、漫画やアニメ等も児童ポルノと同様の規制を行うことである。すなわち、

(A)児童(18才未満)ポルノの所持禁止。
(B)18才未満に見えるキャラクターを扱っているエロ漫画やエロアニメ等の所持禁止。

である。非実在青少年条例は、そうするための第一段階なのだ。

 何故そう言えるのかというと、「エロ漫画やエロアニメ等」は、現行の条例下ではキャラの年齢には関係なく(18歳未満であっても以上であっても)規制の対象になっている(不健全図書に指定される)からだ。当然そこには「18才未満に見えるキャラクターを扱っているエロ漫画やエロアニメ等」も含まれており、実際にそれが不健全図書に指定された例も多々ある。(その証拠は → こちら

 それにも関わらず、わざわざ「18才未満に見えるキャラクター」を個別に取り上げて規制しようとしているのだから、「18才未満」という括りで児童(18才未満)ポルノに含めようとしているとしか思えない。普通に考えると、それ以外に説明が付かないではないか。

 この流れを許せば、いずれ18才未満に見えるキャラクターを扱っているエロ漫画やエロアニメ等は、児童ポルノ同様、誰も所持することが出来なくなる。
 ちなみに児童ポルノ禁止法では、「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」も「児童(18才未満)ポルノ」であると定義している。

 この定義によれば、例えば『うる星やつら』は「児童(18才未満)ポルノ」となり、誰も所持することができなくなる。すなわち、東京からは完全に“根絶”されることになる。

 おまけに、
「何人も、児童ポルノをみだりに所持しない責務を有する。」
だから、都民だけが対象なのではない。都内に立ち入るものは「何人も」この規制を受けるので、都民以外が『うる星やつら』を都内に持ち込むことも出来なくなる。

 ジャニーズの漫画版みたいな作品も「児童(18才未満)ポルノ」であると定義される可能性が高い。
 18才未満の男性キャラが上半身裸になり、それを見た女性ファンから興奮してキャーキャー言っていれば、それはもう「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」そのものだろう。ここで気が付くのは、

「ジャニーズそのもの」よりも、「ジャニーズの漫画版みたいな作品」の方が、「児童(18才未満)ポルノ」として規制しやすい

ということだ。もう一つは、

 コスプレで男性キャラの上半身裸やそれに近いもの、またはそういう状態をボディタイツ着用によって模したものも、「児童(18才未満)ポルノ」と見なされるのではないかということ。

 「男性キャラが18才未満に見える場合」、「コスプレイヤーが18才未満である場合」、その両方で規制されることも考えられる。
 いつだったか、紅白歌合戦でボディタイツ使用のヌード表現が問題になったことがあるから、ボディタイツ着用でも規制される可能性は十分にあると思う。

 今はそういうことが取り締まりの対象になっていないとしても、条例で「児童(18才未満)ポルノの所持禁止」が決まったら、「今まで見逃されてきたが、実はこれもダメなのではないか」という遡っての発想で、新たな規制が始まるということも有り得る。
 何しろ、「それを所持していること」が“悪”なんだから、「それを描くこと」、「それを表現すること」は間違いなく“更なる悪”と見なされるだろう。

 うーん、恐ろしい。
 非実在青少年条例が恐ろしくないと言う人は、治安維持法も恐ろしくないと言うんだろうなぁ…
 まさに、『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』の世界だ。
 日本がナチスドイツと同盟を組んでいた独裁国家だったという歴史的事実を知らないんだろう。

 さて問題は、この非実在青少年条例で誰が得をするのかっていうことなんだけど…その話は次の記事で出来るかな?
スポンサーサイト

コメント

判断する人間の主観で
どうにでも出来る事が
問題かと
18歳以下を規制するならば
結婚が16歳以上というのを
最初に問題視してないし
18歳以下の恋愛小説で
まずいものが
(世界的に認められている物すら)
だいたいアイドルの格好は
古くはピンク・レディーから
エロイものが結構あるのだし
以前モー娘。の衣装を
娼婦が着るような服と
表現したジャーナリストも
いた記憶がある
問題かと思いますね

 次の記事でも書きましたが、単純所持まで規制しようとする合理的な理由が提示されていないのが問題です。
 合理的な理由がないということは、「私が気に入らないものは規制する」と言っているのと一緒。
 基準も主観、理由も主観、そんなもので他人を縛るなんてとんでもありません。縛りたかったら自分を縛れと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1173-2d667e5b

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。