2017-08

非実在青少年条例の恐ろしさを、分かりやすく説明しよう! ~ 条例改正の真の狙いは、アニメ・漫画業界への天下り先の確保か? ~

非実在青少年条例の恐ろしさを、分かりやすく説明しよう!
~ 条例改正の真の狙いは、アニメ・漫画業界への天下り先の確保か? ~

 東京都青少年健全育成条例の改正案の採決が6月14日に行われ、民主党などの反対多数で否決された。しかし、自民・公明両党は9月議会以降に再提案する方針だ。

 この条例改正案、いわゆる非実在青少年条例は、永久に否決され続けなければならない。
 何故なら、この条例は非常に恐ろしい力を潜在させているからだ。

 非実在青少年条例の、一体どこが恐ろしいのか?
 それを、出来るだけ分かりやすく説明してみようと思う。

 まず率直な話、皆さんはこの件を初めて見聞したとき、「アレ?」と思いませんでしたか?

「非実在青少年の性行為を描いた作品を18才未満に販売しないよう、書店などに自主規制を求める。
 非実在青少年の性行為を描いた悪質な内容の作品は、不健全図書に指定して18才未満への販売を禁止する」

 これって、今でも実施されていることでしょ?
 今でも、エロ漫画は実写エロ雑誌と一緒に、成人向けコーナーに置かれている。
 条例を改正する必要など、ないではないか?
 それとも…、非実在青少年(18才未満に見える2次元キャラ)に関しては、「厳密には、今の条例では規制できないことになっているのに、無理やり拡大解釈して規制していた」のか?

 そう思ったので、ちょっと調べてみた。
 東京都のホームページの

 不健全図書類の指定について(解説)【PDF】
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/10_eiga_tosyo_ichiran/10_kaisetsu.pdf


のリンクから飛ぶと、

----------------------------------------
*図書類:販売等を目的に作成された雑誌、図画、写真、ビデオテープ、DVD 等
----------------------------------------

という記述があるので、漫画やアニメも含まれていることが分かる。まぁ、ここまでは当たり前。
 さらに、

*指定基準:条例施行規則第15条(参照)
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/08_jyourei/08_p2.pdf


のリンクから飛んで、15条を読むと

----------------------------------------
   第3章 不健全な図書類等の販売等の規制
 (指定図書類、指定映画等の基準)
第15条  条例第8条第1項第1号の東京都規則で定める基準は、次の各号に掲げる種別に応じ、当該各号
 に定めるものとする。
 一 著しく性的感情を刺激するもの 次のいずれかに該当するものであること。
  イ 全裸若しくは半裸又はこれらに近い状態の姿態を描写することにより、卑わいな感じを与
   え、又は人格を否定する性的行為を容易に連想させるものであること。
----------------------------------------

…となっている。これは強力な規制だ。
 非実在青少年を描いたエロ漫画も、現状のこれ一発で規制できるじゃんか!
 「ただし、18才未満に見える2次元キャラは除く」とか、どこにも書いてない。
 念のため、「条例第8条第1項第1号」も見てみよう。
(東京都青少年の健全な育成に関する条例 http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/g1012150001.html)

----------------------------------------
(不健全な図書類等の指定)
第8条 知事は、次に掲げるものを青少年の健全な育成を阻害するものとして指定することができる。
 一 販売され、若しくは頒布され、又は閲覧若しくは観覧に供されている図書類又は映画等で、
  その内容が、青少年に対し、著しく性的感情を刺激し、甚だしく残虐性を助長し、又は著しく
  自殺若しくは犯罪を誘発するものとして、東京都規則で定める基準に該当し、青少年の健全
  な成長を阻害するおそれがあると認められるもの
----------------------------------------

 やはり、「18才未満に見える2次元キャラ」は例外扱いされていない。
 非実在青少年を描いたエロ漫画は、今の条例のままでも規制できるのだ。

 だから、非実在青少年を云々という要素で、条例を改正をする必要など、ない。
 猪瀬直樹副知事は、ブログ(http://www.inosenaoki.com/blog/2010/03/post-5c51.html)
「不健全図書(成人向け図書の棚に置く)に指定されてきたのはエロ規制で、ロリ規制ではなない。新たにロリ規制をもうけただけの話。」
と書いているが、条例を読む限り、現状でもロリ規制は出来る。

 ただ、ちょっと気にかかるのは「指定されてきたのは」という表現だ。
 「指定できるのは」ではなく、「指定されてきたのは」という表現を深読みすれば、「指定できるはずだけれど、実際には指定されたことがない」という運用上の事情があるのではないか…とも受け取れる。

 これは、確認せねばなるまい。
 果たして、猪瀬直樹副知事の言う通り、「不健全図書に指定されてきたのはエロ規制で、ロリ規制ではなない」のか?
 実際に不健全図書に指定されてきたエロ漫画を購入し、その内容を確認しようではないか!
(購入できたら、次の記事に続く)
スポンサーサイト

コメント

すべてを確認しているわけではないと
思うので認定されている物より
どぎつかったり
倫理的に大丈夫かって思う
一八禁漫画が存在しますね
倫理的に微妙なのは
永井豪先生も一番がかやいてた時代の
作品群にもあるが
私的にはチョット問題なのは
一八禁になってないアダルトむけ
女性漫画やら青年漫画だと思うけど
特に女性のは精神的なやばさが
あると思うけと
それらは15禁にすればいいと
思うのです

続き
又それなら週刊誌の
はだかの写真が規制がかけられねいのは
おかしいかと
それぞれの表現に込められた意味をも
汲みとって規制が決められるとは
到底思えないから私も反対ですな
へたすると
らんまやラムちゃんもNGになりかねないし
規制をして性犯罪は減ったという話も
聞いたこともない
ススキノの規制とかにも
思うが安全弁どっかになければ
いけないと思いますよ
今のススキノは魂が半分ぬけているみたいで
寂しいですよ
とりとめのない文章になってすいません。
今回はこれぐらいでしつれい致します。
スパムと言われてしまったので分割しました

 不健全図書指定の一覧を軽くチェックしてみたのですが、小説も入っているので驚きました。今回の条例改正案では小説は除外すると言っているので、逆行していることになります。この辺りにも裏を感じますね。

>スパムと言われてしまったので分割しました

 アダルトを語るとフィルターに引っ掛かりやすくなるのです。お手数をお掛けしました。 

年齢や
ふうぞくの漢字表記等が
まずいみたいですね
あの条文を適用すると小説ですと
日本、外国の古典等が引っかかる事になって
物笑いの種になりそうな気がするのですが
若い頃は何でもアダルトネタになるのになー
私なんぞルノワールで抜いた思い出が(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1168-f43cc10d

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。