2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役人が腐女子を弾圧したとき、私は何もしなかった。私は腐女子ではなかったから。

役人が腐女子を弾圧したとき、私は何もしなかった。私は腐女子ではなかったから。


 役人が腐女子を弾圧したとき、私は何もしなかった。
 私は腐女子ではなかったから。

 役人がロリコンを弾圧したとき、私は何もしなかった。
 私はロリコンではなかったから。

 役人がSMを弾圧したとき、私は何もしなかった。
 私はSM愛好者ではなかったから。

 役人がホラーを弾圧したとき、私は何もしなかった。
 私はホラーファンではなかったから。

 役人が格闘技を弾圧したとき、私は反対した。
 私は格闘技ファンだったから。
 しかし、この時点で、あらゆる反対は無力なものと化していた。
 役人が気に入らないものは、何でも規制できる世の中になっていた。

 役人が最初に腐女子を弾圧したとき、私が反対していれば…
 そう思ったが、もう既に手遅れだった。



※マルティン・ニーメラーによる詩『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』を元ネタにして、東京都の都青少年健全育成条例改正案、いわゆる非実在青少年条例の持つ危険性を指摘してみました。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 情報どうもありがとうございました!(一気に全部読んでしまいました)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1167-d8a46da9

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。