2017-06

2010年度の目標 ~ ヤフーからヤカンへ ~

2010年度の目標 ~ ヤフーからヤカンへ ~

 44才にして惑いまくりの日々を送っている私。
 特に、土日が50%の確率でグダグダになっているのは、改善したい。
 そして、資格の取得も今年度辺りから本気にならないと、年齢的にギリギリである。
 こうなったらもう、小学校の夏休みレベルで“時間割り”を意識して行動するしかない。

 自分の日々の行動パターンを鑑みて、最初に問題になっているのは、朝起きてすぐにパソコンの電源を入れていることである。メールをチェックするところまでは良いとしても、その後でヤフーのニュースをチェックしているから朝飯を食べるのが遅くなり、朝の勉強時間がなくなってしまう。

 何故、朝起きてすぐにパソコンの電源を入れているのか?
 それは本来、お茶を入れるために沸かしている湯が沸騰するまで待つ、時間潰しのためである。
 まず、この時間を短縮させるため、沸かす湯の量を必要最小限まで減らす。そうすれば、冬場でも10分もあれば沸くだろう。
 そして、その間はヤカンの前で待つ。待っているだけだと暇なので、暗記ノートを読み返して勉強(復習)する。
 湯が沸いたら、すぐにお茶を入れ、朝風呂にはいる(腰痛防止のため)。5分程度湯船に浸かって身体を温め、風呂から出たら10分程度体操する。
 体操が終わった頃には茶も飲み頃になっているので、朝食を摂る。

 か、完璧だ!
 これなら、ヤフーのニュースを30分以上チェックして時間を浪費することも無い。
 要は朝、パソコンの電源を入れなきゃいいのだ!(メールは夜チェックする)
 朝はヤフーにアクセスするのではなく、ヤカンの前に立って湯が沸くまでノートを読むのだ!
 寒けりゃスチロールブロックの上で足踏みでもすればいい。10分程度の足踏みでも、初老にとっては運動のうちである。

 朝5時に起きていれば、夜11時には嫌でも睡魔が襲ってくるので、夜更かしすることは物理的に不可能となる(実際、日記はパソコンに向いつつも半分眠りながら書いていることが多い)。
 そして、夜11時に寝ていれば、翌朝5時に起きることはそれほど難しくない(目覚ましが鳴る10分前に自然に目が覚めて、そのまま普通に起きることもある)。

 冗談抜きで、資格の取得は定年後の人生を大きく左右する。
 ボケかけた脳みそが、受験に耐えられる時間は、そう長くない。
 …と言うか、定年過ぎて再就職するためには、60才になっても高校1年生の数学が出来る程度には頭が働かないとダメなのよ。
 65才まで、つまり今から20年後までエンジニアとして働くために、1日1時間でいいから頭を鍛える。身体のほうは、習慣的にそこそこ鍛えているので、この調子で20年間続ければOK。

 60才から65才まで5年間も“失業”しているのは嫌だ!
 年金需給年齢になるまでは、プロとして、例え低賃金でも“稼ぐ”ぞ!
 そして、65才に達して年金受給者になったら、堂々と遊んで暮らすのだ!(税金も年金もちゃんと払ってるもん、俺)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1154-ad7390fb

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。