2017-06

真野恵里菜 スマイレージ スペシャルジョイント2010春

真野恵里菜 スマイレージ スペシャルジョイント2010春
会場 :渋谷C.C.Lemonホール
公演日:2010年4月3日(土) 14:00~


 しょこたんのコンサートの感想をまだ書いていないんだけど、まだあと2回行くので、こちらを先に書く。
 私は真野スマのどちらのファンでもない。
 真野スマのCD、シングルV等の商品は一切買っていない。
 ただし、『しゅごキャラ!』のファンかつ自分自身がコスプレイヤーであるので、コスプレコンセプトのアイドルであるしゅごキャラエッグ!に関してはファンだった。しゅごキャラエッグ!のCD、シングルV等の商品は多分全部買っていると思う。しゅごキャラエッグ!が2期体制になってからも、しゅごキャラエッグ!の商品は買い続けたが、1期のしゅごキャラエッグ!メンバーを主に編成されたスマイレージの商品は買っていない。だから私は飽く迄も、しゅごキャラエッグ!のファンであってスマイレージのファンではない。

 そんな私が真野スマの合同コンサートを観に行った理由は二つ。
 一つは、このところアップフロントが最もリソースを割いていると思われる真野スマの実態をこの目で確認すること。もう一つは、しゅごキャラエッグ!の初代アミュレットダイヤである、あやちょ(和田彩花)のプロポーションとダンスのスキルをこの目で確認すること。
 それを実際にこの目で確認した感想を、以下に綴ろう。

 一番印象に残っているのは、真野スマともに既に煮詰まっているということ。
 特に、メジャーデビュー前という建前になっているスマイレージが、何故こんな煮詰まった状態でスタートを切らなければならないのか、不憫でならない。
 だって、「(新)高校1年生が3人と(新)中学2年生が1人から成るアイドルグループ」のコンサート会場に来ている観客の平均年齢が、ほぼ確実に30才を越えているんだもんな。44才の私が言うのもなんだけど、本当にオッサンばっかり。29才以下の観客は、全体の1割にも満たないと思えた。

 これは中高生アイドルグループにとって、「ゼロからのスタート」ではなく、「マイナスからのスタート」だろう。
 この状況から、どうやってファンを増やしていくつもりなのだろうか?
 そう思っていたら、つんく♂がステージ上で
「5月にメジャーデビュー、8月に舞台、10月から単独ツアー」
というスケジュールを発表した。
 私は、これを聞いて呆れた。

 5月にメジャーデビューして、何故8月に舞台なのだ?
 メジャーデビュー後の3ヶ月は、各地を巡っての販促活動や、メディア攻勢に出るべきではないか。一人でも多くの人の目に触れるように、TVや雑誌、インターネットに出まくるべきだろう。
 それとも、ゴールデンタイムにCMを大々的に流すから、そういった地味な展開は必要ないとでも言うのか? そうは思えない。正直、既存のファン頼みとしか思えない。

 こんな売り出し方で、AKBに勝てるのか?
 とても勝てそうにないが、時間が味方であることもまた事実である。
 『モー娘。もAKB48も、結局「実質の寿命は6年」ということになるのか?』で書いたように、AKBはこのまま行くと2012年にはメジャーアイドルの地位から転落する。
 そのとき、スマイレージはメジャーデビュー3年目を迎えて「高3が三人、高1が一人」という、アイドルのピーク状態になっている。落ち目のAKBに、ピークのスマイレージ。これなら、勝てる…ような気がする。

 スマイレージの舞台を観に行くつまりは更々ないが、コンサートには足を運ぼうと思っている。
 2012年に迎える事実を、この目で確認し続けるために。

 あやちょや、その他の感想に関しては、また別記事にて書く…かも知れない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1151-d18a3bc8

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。