2017-10

1期のラッセのコス、早くも難航中

1期のラッセのコス、早くも難航中

 自宅コス限定と考えていた1期のラッセのコスを、6/27(日)の00オンリーイベントにおいて、ちょこっとだけ出す気になってしまった。
 私はコスプレに関して、
「単純にキャラに近づけるのではなく、作品の実写化を想定した上で自分流に最適化アレンジを施し、自分好みのリアリティやカッコ良さを追求する」
「自分をキャラに近づけるというよりも、むしろキャラを自分に引き寄せる(キャラを自分に最適化する)」
をモットーとし、お気楽なコスをしてきた。しかし、今回ばかりは流石に気を使う。何しろ「45才の痩せたオッサンが、25才のマッチョ系キャラのコスをする」という、二重に“掟破り”のコスをするのだから。

 もし私が25才だったら、ラッセのコスは自宅だろうがイベントだろうが、絶対に地毛でやっている。しかし今は、もともと広めの額が、加齢による生え際の後退により更に広くなっている(要するにハゲてきた)。一方、ラッセは猫の額に属する。
 額が広めでも若さでカバーできれば良いのだけれど、現時点でそれが無理なんだから、これはもうウィッグに頼るしかない。

 ところが前回の記事でも懸念していた通り、ラッセみたいな超短髪のウィッグは、既製品では見つからない。
 ラッセのイメージを出すには、例え超短髪であっても柔らかい感じの髪型ではダメなのだ。ギザギザというか、ツンツンというか、ちょっと硬質な感じでないと、ラッセのイメージに合わない。そういうウィッグで、黒で大きいサイズというのが見つからない。
 長めのツンツンヘヤーのウィッグを買ってショートカットにアレンジするか、衣装とウィッグをセットで販売している業者から購入するしかなさそうである。

 業者が選択肢に入ってきたのは、実は、赤いピチTに関しても難航しているからだ。
 最初は既製品で間に合うと思って「ピチT」「ピタT」「チビT」といった言葉で検索してみたのだが、これがほとんどヒットしない。それでも何とか探し出してそれらしいものを買ってみたのだが、胸周りはそこそこピタッとしているものの、腰周りはユルユルである。しかも、着丈はギリギリ。かなり以前に買った黒のタンクトップ(単なる私服)は、胸周りも腰回りもピタッとして着丈も十分なのに…。
 最近お世話になっているリフォーム屋に頼もうと思っているだが、生地がそれ程伸びない生地なので、腰周りをピタッとするようにリフォームしたら、着ること自体が出来なくなるような気がする。
 となると、業者にオーダーメイドする(伸びる生地を使って作ってもらう)しかないのか?

 とりあえず、購入したTシャツを一度洗濯してから、リフォーム屋に持って行って相談してみる。それでダメなら、業者に見積りを出すしかあるまい。
 例えTシャツと言えど、オーダーメイドとなると高いだろうなぁ…。何とかリフォームで済ませたいところだ。

 自宅コスだけなら、赤いピチTの問題も「洗濯バサミを使い、背中側で弛みを摘み取ってしまう」というローテクで対処できる。
 う~ん、そもそも無理してイベントに出すようなコスでは無いしなぁ…
 予算をオーバーするようなら、諦めるというのも選択肢の一つだ。

 なお、筋トレ用のピチT(レオタードのTシャツ版のようなもの)を用いれば、純然たるヴィジュアルとしてなら、アニメにかなり忠実となる(と言うより、そもそもラッセのTシャツを忠実に再現しようとしたらレオタードTシャツにするしかない)。しかし、画像としてならともかく、イベントで実際にそれを見たら、90%以上の確率で気持ち悪く感じると思う。「原作に忠実なら良いとは限らない」という、典型的な例だ。
 ただし、生地がジャージ並みに厚ければ、話は変わってくる。もしかしたら、この線で良いものが見つかるかも知れない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1117-a9910811

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。