2017-06

しょこたんのコンサートでのコスプレ、どうしようか?

しょこたんのコンサートでのコスプレ、どうしようか?

 『コスプレイヤーズ アーカイブ』の知恵袋にて、「中川翔子さんのコンサートの入場客が行っているコスプレ(仮装)が、問題になっているケースはありますか?」という質問を出したのだが、入場列でコスプレすること自体の是非に関する明確な回答は、まだ貰えていない。

 そもそも、コスプレしたかったらコスプレイベントですれば良いのだから、迷うぐらいならコンサートでコスプレしなきゃいいだけの話なんだけど…。当然ながら、歌を聴くためにコンサートへ行くのであって、コスプレするために行くわけではないのだし。

 ただ、コスプレイベントは行く気さえあれば1年中行けるが、しょこたんのコンサートに確実に行けるのは4月から5月にかけてのツアーだけだ。この“年に1度のお祭り”に際し、コスプレしたいという気持ちがある。でも、コスプレすることによるデメリットを考えると、二の足を踏むわけで…。

 今考えているコスプレは、『仮面ライダーW』のオリジナルキャラ。
 基本的には普通の背広姿(色も真白とかではなく、普通の暗色系)であるため、着たまま会場入りしても何ら問題はない。もちろん、そのまま入場列に並んでいても、客席に着いても、周囲に迷惑をかけることはない。普通の背広なんだから。

 デメリットは、ネクタイをしていることで、自分自身が暑苦しいこと。これは、開演直前にネクタイを外してしまえば解決する。外したネクタイに折り目がついたりしないよう、丸めてバッグにしまえば良い(キレイに丸めるためのゴム紐と、埃が付かないようにするための袋を準備しておく)。

 問題は、中折れハット。コンサート中は脱がなければならないのだが、これをどこにしまうか。バッグの中に入れると、型崩れしてしまうおそれがある。バッグの上にチョコンと載せておくというのも、どうにかなりそうで不安である。会場内のロッカーが使えれば良いのだが、その保証はない。

 今回のツアーは、3公演分のチケットを購入している。
 とりあえず、1回目は中折れハット無しでやってみるか…。
 それで不満を感じたら、次回から別のコスプレに切り替えよう。コスプレとは言っても、飽く迄もお祭り気分を盛り上げるための、感覚的なものなのだから。ツアーTシャツの上に、ゲキレンのジャケットを着るだけでも、気分は上々なのだから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1090-f397f32d

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。