2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスプレ写真の撮り忘れ防止メモ

コスプレ写真の撮り忘れ防止メモ

1.前提
 飽く迄も「コスプレ写真」であるので、「顔だけのアップショット」は原則として撮る必要がない。衣装が写らないからである。
 ただし、着ぐるみコスの場合は全面的に例外。また、宇宙世紀のガンダムキャラは襟に階級章が付いている場合があるので、「首から上のアップショット」を撮る意義はある。


2.理想的な撮り方(合わせのときなど、時間がある場合)…合計10枚程度
 フルショットからバストショットへ、徐々に被写体に近付きながら撮る。逆のパターンだと、後退することになるので危険。失敗に備えて、各2枚撮る。

(1)フルショット…計4枚
  a) 普通に2枚
  b) アオリで2枚(頭が小さく、脚が長く見える)
 ※この計4枚のうち、少なくとも1枚はマトモに撮れているだろう…と期待
(2)ウエストショット…2枚
(3)バストショット…2枚
(4)その他…2枚程度(後姿、見返り等。着ぐるみの場合はアップショット)
(5)ネタ写…ネタがあれば撮る。

 上記撮影終了後、被写体レイヤーと一緒に画像を確認し、2枚とも失敗している構図に関しては撮り直す。


3.通常の撮り方(合わせではなく、その場で頼む場合)…合計4枚
 フルショットからウエストショットの順に撮る。逆のパターンだと、後退することになるので危険。失敗に備えて、各2枚撮る。

(1)フルショット…2枚(普通のアングル)
(2)ウエストショット…2枚(普通のアングル)

 上記撮影終了後、被写体レイヤーと一緒に画像を確認し、2枚とも失敗している構図に関しては撮り直す。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1076-7fa0a4b6

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。