2017-08

劇場版『響鬼』、初日の舞台挨拶は4段コンボ(4劇場スライド方式)だった!

劇場版『響鬼』、初日の舞台挨拶は4段コンボ(4劇場スライド方式)だった!


 劇場版『響鬼』、初日の舞台挨拶は池袋シネマサンシャイン5番館 という記事に、
「(池袋シネマサンシャイン5番館の初日初回上映で舞台挨拶が行なわれるので)自分が行こうと思っていた劇場に関しては、少なくとも初日の初回の回に舞台挨拶がないことが分かった」
と書いたが、これは大きな間違いだった。『響鬼』初日の劇場舞台挨拶は、

【池袋シネマサンシャイン】 初回上映開始前、9時30分より舞台挨拶
               ↓
【渋谷TOEI(1)】 初回(9時からの回)上映終了後11時より舞台挨拶
               ↓
【丸の内TOEI(1)】 初回(10時からの回)上映終了後12時15分より舞台挨拶
               ↓
【109シネマズ名古屋】 3回目終了後16時45分より舞台挨拶

というように、4劇場で時間をずらして次々に行なわれるらしい(追っかける連中が出そうだなぁ~)。
 そのうえで、都内の3劇場は舞台挨拶を全て初回に組み込んでいたのだ。普通に考えたら有り得ないような気がするが、初回の上映時間をずらし、かつ舞台挨拶のタイミングを上映前と上映後に分けることで、それを可能にしている。
 「電子チケットぴあ」の検索では、池袋シネマサンシャインしかヒットしなかったため、この「都内3劇場初回スライド方式」に気付かなかった。
 私が行こうと思っていた丸の内TOEIでは、舞台挨拶があっても「2回目の上映前(2回目に組み込まれる)」だろうと高をくくっていたのだが、実際には「初回の上映後(初回に組み込まれる)」だったというわけだ。

 ネタばれ防止の為に舞台挨拶を避けようとしていたので、舞台挨拶の回を観られないこと自体は全然問題ないのだが、ハシゴする『NANA』との時間が合わせにくくなったことが痛い。
 『NANA』も9月3日が初日のため、舞台挨拶がある。私はそれを避けて3回目の上映を観ようと思っていた。『響鬼』初回→『NANA』3回目というハシゴである。これが今回、不可能になってしまった(『響鬼』初回の整理券の配布は、とっくに終了している)。
 『響鬼』の2回目を観ようとすると、『NANA』3回目とぶつかるし…う~ん、困った困った。当日は他に観る予定の映画もないし、帰りが遅くなるのを覚悟するしかないのか。

 『NANA』の初日遅めの回って、客層はどうなんだろう? ピチピチの女子高生の群れの中にオッサン独り(私のこと)っていうのは正直どちらかと言えば嬉しい(『下弦の月』のときがそうだった)けれども、「映画鑑賞→食事経由ホテル合意済」みたいなカップルで一杯の中に…というのは何かヤダなぁ。
 しかし、『響鬼』の最終の回はチビッコが少ないだろうから、これも極力避けたい。遅い時間でなくても、土曜は日曜と比べたらチビッコが集まりにくそう(『妖怪大戦争』のときがそうだった)な気がするし。
 あ~あ、丸の内TOEIが舞台挨拶を2回目の上映に組み込んでいれば、スムーズにハシゴして早く帰れるのに。トホホ…だわ(「都内3劇場の舞台挨拶は全て初回に組み込まれている」ということ自体は統一感があって良いとも取れるが)。
 意地でも初日に観るべきか、それとも翌日もしくは翌週に延期するべきか? チビッコ一杯を期待するなら、日曜の2回目(TVの『響鬼』を見た後お家を出発)の方が良いのか?
 不惑なのに、迷ってしまう私なのであった。


☆☆ 追記 ☆☆

 迷った結果、渋谷で観ることにしました。『NANA』→『響鬼』の連絡が良かったので。ついでに、『THE FIRST』の前売り券を買ってこよっと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/103-82a4ae99

今週のヒビキ 27話 傀儡?

化猫退治の続き。紅フォームで戦うものの逃げられてしまう。なんかこのパターンおおいな。「たちばな」では努くんと明日夢の会話。あきらっちと努は面識ないのかと思ってたら努が元鬼候補だったことまで知ってた。ヒビキの弟子ではなかったらしいが、誰の弟子だった

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。