2017-09

℃-uteコンサートツアー2009夏秋 ~キューティーJUMP!~

℃-uteコンサートツアー2009夏秋 ~キューティーJUMP!~
   会場 :中野サンプラザ
   公演日:2009年10月17日(土) 14:30~&18:30~

 私にしては珍しく、同日の昼夜公演両方を鑑賞した。9月12日の市川市文化会館の公演にも行っているので、同ツアーに3度足を運んだことになる。これも私としては異例だ。

 中野サンプラザの昼公演はファミリー席(2階席3列目)だったため、視界は良好。やはり、ファミリー席の客はマナーが良い。暴れる客どころか、サイリウムを高く掲げて振っている客すら、私の視界にはほとんどいなかった(私は、自分の胸元でサイリウムを振っていた)。おかげで、ステージ上の℃-uteのパフォーマンスに集中することが出来た。
 これから℃-uteのコンサートに行こうと思っている人は、先ずはファミリー席から始めることをお勧めする。

 マナーの悪い客が減ったのは、やはり禁止条項が効いているのだと思う。サインボード、スケッチブック、高輝度サイリウム、大きなサイズのサイリウム類の使用禁止は、ルールとして定着した感がある。後は、
 (1)通常サイズのサイリウムを何本も束ねて扇状にして使用することを禁止
 (2)曲調と無関係に行うジャンプを禁止
すれば、更に良くなる。
 (1)なんか私の見た範囲では、1公演約2000人の中で僅か1、2人しかいない。サイリウムなんか、片手に1本で十分だろう。
 この件に関しては、ファンクラブに電話やメールで伝えるつもりだ。

 今ツアーを以って、えりか(梅田えりか)が℃-uteおよびハロプロを卒業するので、3公演ともえりかを中心にして鑑賞した。
 『梅田えりかが℃-uteとハロプロを卒業する件に関して』でも書いた通り、「肌を露出していない時は色っぽさが、肌を露出している時は綺麗さが前面に出る」ことを再確認できた。

 中野サンプラザの夜公演は、いわゆるO列で、本当に前から3列目だった。過去最も前方だったのは、ごっちんの松戸公演での2列目だが、それに次ぐ近さ。
 ここまで近いと、ステージ上のメンバーとは全くと言って良いほど目が合わない。モー娘。やベリーズは知らないけれど、℃-uteのメンバーは本当に最前列付近を見ないし、煽らない。これは私にとっては非常に有り難かった。私は、個人的に会話を交わしているとき以外に他人と目が合うことを大の苦手としているのだ。

 ステージ上のメンバーがこっちを見ていないので、私も気兼ねなく、えりかに視線を集中させることが出来た。
 えりかがステージの端っこに行ってしまうと、3列目の私からはほぼ死角に入ってしまうので、やむなく視線をステージ中央に戻すと、舞美や愛理が間の前でガンガン踊っていてビックリすることが何度もあった。もちろん、舞美や愛理はこっちを見ていない(50m先を見ているような感じ)ので、気まずい思いをすることはない。

 私の斜め前の席の客(2列目および1列目)は、時折ではあるが全くタイミングを外した過度な推しジャンプをしていた(桜チラリでも唐突に跳び始めたのには流石に呆れた)が、メンバーは誰一人として反応していなかった。一体何のためにジャンプしていたのかは知らないが、哀れを通り越して滑稽だった。
 今回は私の斜め前だったので注意しなかった(被害もほとんどなかった)が、もし私の目の前でやったら、着地の瞬間に僧帽筋を優しく押さえ込んで止めていたところだ。

 今回は、公演前も公演中も、誰にも注意をしなくて済んだ。
 次のハロプロのコンサートは、11月のベリーズである。
 この調子で、気持ち良くコンサートを楽しみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1016-ef0eaacb

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。