FC2ブログ

2019-11

ハロプロのコンサートの一般席の座席指定は、身長順にしよう!

ハロプロのコンサートの一般席の座席指定は、身長順にしよう!
      ~ 10年後は、これが実現して欲しい! ~


 ハロプロファンの多くはマナーが良い。しかし、中にはマナーどころかルールも守れない輩もいる。
「自分は巨人(ずば抜けて高身長)なので、常にファミリー席で観ることにしている」という優しい人もいれば、
「ペンライトを頭より高く掲げるのは、後ろの人の視界を遮るので迷惑行為だ」という常識的な意見に対し、「それなら立っているだけでも後ろの人の視界を遮るので迷惑行為だ」と反論してくる愚かな人もいる。

 私はもう20年以上前から、空想している座席指定方式がある。ハロプロのコンサートの一般席を、身長順に割り当てるという座席指定方式である。

 私の空想の中では、ハロプロのコンサートは全て会員制になっており、FCに登録している会員しかチケットを購入(申し込み)することが出来ない。だから、会員が登録時に自分の身長を登録しておけば、チケット申し込み締め切り時点で申し込んだ会員全員にとっての「最適な身長順の座席指定」を導き出すことが出来る。
 当然のことだが、身長の低い人が前の方の席を得ることになる。身長の高い人は後ろの方の席になるが、逆に言えば周囲は自分と同じくらいの高身長の人しかいないので「立っているだけでも後ろの人の視界を遮ってしまう」という状況は起こらない。高身長の人でも、気兼ねなく一般席にエントリーできるのだ。

 しかし、現実にはハロプロのコンサートのチケットはFC会員以外にも販売されているので、上記の方法は実現不可能である。ただし、他にやりようが無いわけでも無い。例えば、こうだ。

 客に入場列を作らせて、その周囲にドローンを飛ばせて客全員の見かけ上の身長を測定し、集計する。これは会場の瞬間までリアルタイムで更新する。そのデータから、見かけ上の身長区分

ミニモニ。級  150cm未満
カントリー級  150cm以上 160cm未満
℃-ute級  160cm以上 170cm未満
ベリーズ級  170cm以上 180cm未満
熊井級  180cm以上 190cm未満
スーパー熊井級  190cm以上

の割合と席のエリアを決定する。
 そして、開場したら客を一人ずつ身長測定機の横を通過させて身長区分を与え、その瞬間に指定座席も与える。客は、身長測定機の横を通過した直後に座席指定券を受け取ることになる。客が、自分の身長区分の座席エリアのどの席になるかは、ランダムで決まる。

 入場時間に間に合わなかった人は、連絡無しの場合は最後列になる。事前に連絡があった場合は、自己申告した身長区分の席が確保される。ここで自分の身長区分を低めに自己申告すれば、席に着いたら周囲から浮く形で自分が悪目立ちすること請け合いである。確信犯は、スタッフにより退場処分となるのは言うまでもない。

 なお、この方式なら、チケットを高値で転売することが難しくなる。何故なら、チケットは前の方の席ほど高値で取引されるのが一般的だが、この方式だと身長によって席のエリアは決まってしまうし、エリア内のどの席になるかは入場する瞬間まで分からないからだ。

 ちなみに私は素の身長が175cm、髪型は普通でヒールの高い靴は履かないので、見かけの身長区分はベリーズ級(170cm以上 180cm未満)になると思う。当然、一般席では最前列になることはまず有り得ない。ほぼ、真ん中より後ろの席になるだろう。
 でも、それで良いのだ。子供や背の低い人の視界を遮らずに済むなら、こんな素敵なことはない。

スポンサーサイト



«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。