FC2ブログ

2018-06

ファンの定義 【その3】 思いやりの無い人にファンを名乗る資格は無い


ファンの定義 【その3】 思いやりの無い人にファンを名乗る資格は無い

 この記事は、 プロ活動をしている対象に関して、お金を一銭も払っていない人には、ファンを名乗る資格は無いだろうという話の補足 の、更なる補足である。

 「お金を払っていれば、ファンを名乗る資格があるのか?」
と尋ねられたら、
「お金を払うことは必要であるが、それだけでは十分では無い」
と答える。

 お金を払うだけでは足りないのなら、何が足りないのか?
 それは、思いやり。
 盲目的な愛ではなく、相手を思いやる気持ち。

 思いやりとは、
「自分の気持ち(自分の幸せ)よりも、自分が愛している対象の気持ち(相手の幸せ)を優先する心」
だと、私は思う。
 そして、そういう思いやりを持っていることが、ファンであることの条件なのだ。

 極めて具体的な例を挙げてみる。
 Juice=Juiceというアイドルグループが存在する。
 Juice=Juiceは6人で結成されたが、メジャーデビュー前に1人が辞め、5人体制となった。
 その5人体制でメジャーデビューし、暫くはそのままの体制が続いた。
 そこへ、2人のメンバーが新たに加入することになり、7人体制となった。元からいた5人のメンバーは、新メンバー2人を受け入れたのだ。新メンバーも元からいたメンバーも互いに打ち解けて団結し、Juice=Juiceは新しくなった。

 しかし、5人体制のJuice=Juiceを応援し続けていた人の中には、それを拒絶する人がいる。
 元からいたメンバー5人と新メンバー2人が仲良くなったのに、それを拒絶する人がいる。
 流石に、「元からいたメンバー5人と新メンバー2人が仲良くなった」ことを嘘だと見做しているわけではあるまい。新メンバー2人の加入が成功し、7人体制が成立してしまったことが気に入らないのだ。

 元からいたメンバー5人が新メンバー2人を受け入れ、打ち解けた、そのメンバーの気持ち。
 そのメンバーの気持ちよりも、自分が新メンバーを受け入れられない気持ちを優先している。
 メンバーの気持ちよりも、自分の気持ちの方が大事なのだ。
 そうなってしまったら、もう、ファンでは無い。

 メンバーの気持ちよりも自分の気持ちを優先させる人に、ファンを名乗る資格は無いのだ。
 
 公序良俗に反していない限り、自分の気持ちよりも、メンバーの気持ちを優先させる。
 それが、ファンの定義である。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。