2017-09

魔法少女まどか☆マギカ は、絶対に観るべき傑作である

魔法少女まどか☆マギカ は、絶対に観るべき傑作である

 今更ながら、魔法少女まどか☆マギカ をブルーレイディスクBOXで一気観した。
 結論から言うと、アニメ・漫画・特撮のファンなら、絶対に観るべき作品だ。
 ガンダムシリーズも含めて、私が今まで着てきたアニメの中でで5本の指に入る、傑作中の傑作だ。(ちなみに私は現在52才で、アニメは1969年放送の『海底少年マリン』辺りからずっと観てきている)

魔法少女まどか☆マギカ_ブルーレイディスクBOX_1

 私もタイトルは知っていたが、この絵柄がイマイチ好きになれず、ずっと敬遠してきた。
 しかし、その内容は、もうとんでもない傑作なのだ。

魔法少女まどか☆マギカ_ブルーレイディスクBOX_2

魔法少女まどか☆マギカ_ブルーレイディスクBOX_3

 全部で12話しかなく、1日あれば余裕で一気観できる。
 ブルーレイディスクBOX自体もコンパクトなので、場所も取らない。

 私は新品のブルーレイディスクBOXを19980円で購入したが、今も大体それくらいの値段で売っている。もっと安く買いたいならば、中古品を買うか、内容がほとんど同じらしい

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語

を買えば良い。
 とにかく、これは絶対に観なければならない作品なのだ。
 絵柄がどうこう言っている場合では無い。
 内容がとにかく凄い。1万や2万を惜しんでいる場合では無いんですよ、真剣な話。

スポンサーサイト

コスプレイベント以外でコスプレするのはマナー違反ではありません(街中を含む)

コスプレイベント以外でコスプレするのはマナー違反ではありません(街中を含む)


 コスプレイベント以外でコスプレするのはマナー違反ではない(街中を含む)。それは勿論、著作権等をクリアしている場合の話である(詳しい記事は → 『コスプレマナー、コスプレルールのまとめ』 )。

 それなのに、コスプレイヤーズアーカイブの知恵袋には、定期的に「コスプレイベント以外でコスプレするのはマナー違反(ルール違反)ではないか」といった主旨の質問が書き込まれるのだ。つい先日も、
「イベントでもないのに、コスプレをして街中を歩いたり写真を撮ったりしている人を見かけることが...」
という質問が書き込まれている。↓

http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=61544

 こういう質問をする人に逆に聞きたいのだが、何故イベントだとコスプレをして街中を歩いたり写真を撮ったりして良いと思うのか?
 著作権を有する作品の場合、著作権者から許可を得ないで複製されたものを不特定多数に公開したら著作権法違反すなわち違法行為である。

 著作権者から許可を得て開催されているイベントも少しはあるだろうが、ほとんどのイベントはそうではない。「いや、多くのイベントが著作権者から許可を得て開催されている」と反論できる人がいるなら、この記事にそのイベント名を書き込んでもらいたい。本当に著作権者か許可を得て開催されているかを確認したいので。

 コスプレイベントでコスプレイヤーが着用している衣装は、著作権者から許可を得て製作されている衣装だろうか? これもあることはあるが、全体に占める割合は小さい。
 ちなみに、自作の衣装であっても著作権者から許可を得ずに製作した場合は、不特定多数が見ることの出来るイベントやインターネット等で公開したら、一般的にはその時点で著作権法違反となる(「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(私的使用)」を逸脱するため)。

 このように、コスプレイベントでコスプレする場合、その多くは著作権法違反すなわち違法行為である。実際にコスプレイベンターやコスプレイヤーが著作権法違反で逮捕されたという話は聞いたことがないが、コスプレ衣装を著作権者の許可を得ずに販売していた業者が逮捕された事実がある。↓

http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=44644
リンク切れの部分に関しては ↓
https://www.bengo4.com/houmu/17/n_841/

 このような「売ったら犯罪になる衣装」を着たコスプレイヤーが、著作権者の許可も得ずに開催されたイベントに集っていることの、どこに正当性があるというのだろうか?
 どこにも正統性などない。
 著作権の問題をクリアしていないコスプレイベント(コスプレイベンター)やコスプレイヤーには、正当性などないのである。
 そういうコスプレイベント(コスプレイベンター)やコスプレイヤー自体が、マナー違反そのものなのだ。

 一方で、バンダイやコスパティオから発売されている公式ライセンス衣装(著作権者から許可を得て製作されている衣装)を着て通勤したり買い物したり街中を歩いたりする人がいる。私もその一人である。
 私はそういうケースでは全くと言って良いほど写真は撮らないが、一般人がインスタ等のSNS用に写真を撮るのと同様の撮影を行ったとしても、それはマナー違反とはならない筈だ。
 そうした行為を、マナー違反(ルール違反)だとか言う人は、本当に頭がおかしいとしか言いようがない。

 バンダイが販売しているヒーローのジャケット等の公式ライセンス衣装類。
 コスパティオが販売している調査兵団や鉄華団のジャケット等の公式ライセンス衣装類。
 どちらも著作権者の許可を得て販売されており、基本的には普段使いが出来るような仕上がりになっている。

※ 例… コスパティオが販売している鉄華団のジャケット↓
       http://cospa.co.jp/detail/id/00000077420
 
 街中で着る際に、著作権法その他の法律に違反しない以上、それは法的には普通の衣類と何ら変わらない、単なるファッションである。ロリータやヴィンテージなどのファッションと同様、着る者の嗜好を反映したファッションの一つである。
 あるいは、「キャラクターもの」といったブランドの一種と言っても良い。実際、バンダイは、ウィンドスケールやタイバニに関しては、衣類をブランド展開していると言っても過言では無い。

 繰り返しになるが、著作権者が許可していることを、マナー違反(ルール違反)だとか言う人は、本当に頭がおかしい。
 もちろん、似合う似合わないという側面はあるが、例え似合っていまいが、著作権者が許可して販売されている普段使い可能な服を着て街中を歩くこと自体に関して、誰もマナー云々言う資格など無い。文句があるなら、販売することを許可した著作権者に言うべきなのだ。

「コスプレが嫌いな(受け入れられない)人が見たら不愉快に思うからマナー違反(ルール違反)」
とか指摘するコスプレイヤーがいるが、もし本当にそう思っているのなら、屋外のコスプレイベントを全面禁止にするように働きかけるべきだし、自分自身も屋外のコスプレイベントに参加することを止めるべきだ。

 当然ながら、コスプレを嫌う人にとっては、イベントであろうがなかろうが、街中でコスプレを見かけること自体が嫌なのである。
 私自身、実際にコスプレイベントでコスプレを見て不愉快になったことが何度もあるので、その気持ちは良く分かる。
 イベントであっても、そうでなくても、不愉快なコスプレは不愉快なのだ。イベントか、そうでないかは問題ではない。

 ロリータファッションが嫌いだという人も、世の中にはいるだろう。しかし、そういう人が
「ロリータファッションを嫌いな人が見たら不愉快に思うのに、ロリータファッションで街中を歩く人がいるのは何故でしょうか?」
とか真面目に知恵袋で質問するだろうか?
 ファッションウィッグが嫌いだという人も、世の中にはいるだろう。しかし、そういう人が
「ファッションウィッグを嫌いな人が見たら不愉快に思うのに、ファッションウィッグを被って街中を歩く人がいるのは何故でしょうか?」
とか真面目に知恵袋で質問するだろうか?

 余程、頭がおかしい人でない限り、そうことはしない。
 コスプレイヤーアーカイブのコスプレ知恵袋には、そういう人が定期的に現れるから、本当に嘆かわしい。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。