2015-08

うぁああ、やってしまった! そう言えば振込用紙は、もう送られて来ないんだった!!

うぁああ、やってしまった!
そう言えば振込用紙は、もう送られて来ないんだった!!

 取り返しのつかないことを…取り返しのつかないことをやってしまった…
 僕は、当選チケットの入金を忘れてしまった…

 当選したイベントのチケットが未だ送られて着ていないことに気付き、これはおかしいと思って調べたところ、振込用紙の上半分(コンビニや郵便局に持って行かなくても良い部分)が見つからない。

 あれ~? おっかしいなぁ~??
 これはもしかして、「振込用紙を鞄に入れたことを忘れてそのままになっている」…つまり「振り込んでいない」というパターンか?
 イヤ、例え前日の晩に鞄に入れたことを忘れてしまっていたとしても、振込用紙は必ず万札とセットにしてジップロック(大)に入れておくから、鞄の中でもそれなりに目立つ。1日2日ならともかく、今日までの長期に渡って全く気付かずにいるワケが無い。
 
 あるいは、FC側のミスで振込用紙が発送されておらず、私がそのことに気付かずそのままになってしまっていたのか…?
 明日にでもFCに問い合わせようと思いつつ、とりあえず私はFCから送られてきたDMを引っ張り出してみた。するとそのDMには、

【振込用紙の発送・当選メールの配信はございません。】

…という恐ろしい文言が書かれていた。
 私が思わず叫び声を挙げたのは言うまでもない。

「うぁああ、やってしまった!
そう言えば振込用紙は、もう送られて来ないんだった!!」

 コロッと忘れていた。
 思い起こせば、この春先、ファミマの端末を自分で操作して振込み用紙みたいな紙をプリントアウトしたような、しなかったような…
 イヤ、したのだ。したからこそ、夏のハロコンのチケットは無事送られてきたのだ。

 うわ~、春にやったことを夏(初夏?)には忘れていたということか。
 しかし、不幸中の幸い、先週当選したチケットに関しては、まだ振込み締め切りを過ぎていない。明日にでも会社帰りにファミマに寄って、さっさと入金を済ませてしまおう。

 あぁ~、それにしても悔やまれる。せっかく2公演に当選したのに、その2公演を鑑賞することが出来ないのだ。(FC先行販売で入金の無かった席は一般販売で売り出される筈だから、私が当選した席が空席になるという心配は不要だろう)

 あ~あ、次回からは「郵便局支払い」を選択しようかなぁ~?
 でも、ウチの近所の郵便局、支払い用紙の読み込みを失敗することが多いんだよなぁ~、もし「窓口でお手続きして下さい」ということになったら面倒だし。
 やっぱり「コンビニ支払い」かな。自分自身がシッカリしていれば、特に問題ない筈だから。

スポンサーサイト

ベンチプレス60kg復活まで、あと少し!?

ベンチプレス60kg復活まで、あと少し!?


 8月4日(火)の筋トレの概要は以下の通り。

【ウォーミングアップ】
斜めプッシュアップ 15レップ
ベンチプレス40kg 3レップ
ベンチプレス50kg 1レップ

【バーベル・ベンチプレス】
1セット目 55kg 10レップ
2セット目 55kg 6レップ
3セット目 50kg 8レップ
4セット目 45kg 10レップ

【ダンベル・フライ(負荷は片手分の値)】
1セット目 17.5kg 9レップ
2セット目 17.5kg 6レップ
3セット目 17.5kg 5レップ


 とりあえず、
「8月3日の週に、1セット目で55kg×10レップをクリアする」
という目標は達成できた。しかし、何かこの日はたまたま調子が良かっただけのような感じもあった。8月10日の週に、再び1セット目で55kg×10レップをクリアすることが出来たら、8月17日の週から1セット目を60kgで行うことにしよう。

 胸の筋トレは週2回(月曜と木曜、または火曜と金曜)やりたいのだが、出来ないことの方が多い。体調が悪いときでもトレーニングを全休するのではなく、怪我のリスクが小さいプッシュアップだけをやる(高レップで追い込む)とか、やらないとイカンなぁ。猛暑を言い訳にしている自分が情けない。

 フライは、前回より1.25kg増やして17.5kgにした。自己ベストは18.75kgだが、これの復活には拘らない。現時点でも手首を傷めそうになることがあるので、安全第一で行く。
 ベンチプレスはセーフティーバーがあるのでギリギリまで追い込んで潰れても何とか危機を脱することが出来ると思うが、ダンベルフライはセーフティー機器がないので、追い込むのも程々にしておく。飽くまでも安全圏内で追い込むのだ。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。