FC2ブログ

2011-11

2011年11月10日(木)いちおう日記

2011年11月10日(木)いちおう日記

「虎徹の自宅コスまであと13日、あと13日しかないのだ!」

 筋トレ(または柔軟)を始める前に、眠り込んでしまうのは何故か?
 それは、帰宅して直ぐに“トレーニング前食”を摂った後、風呂に入るまで20分程度の間を空けるからである。軽食とはいえ、摂った直後に風呂に入ると消化が遅れ、トレーニングで使うエネルギーが不足する恐れがある。だから、食後20分程度、間を空けるのだ。

 しかし、この20分程度の間に、ついゴロリと横になってしまうと、一気に眠気が襲ってくる。仕事を終えて疲れて帰って来て、軽く食事をして横になったら、そりゃ眠くもなる。
 ここで、横にならないようにするには、どうするか?
 TVを観ていても、音楽を聴いていても、ついつい寝転がってしまうことは有り得る。裏を返せば、寝転がっていては出来ないことをやれば良いということだ。

 だから、この20分程度の時間を、歌を歌って繋ぐことにした。
 CDの歌声に合わせて歌う→改めてCDの歌をじっくり聴く→CDのカラオケで歌を歌う
 これで、15分程度は消費できる。歌うことには覚醒作用もあるので、一石二鳥だ。

 月…オリオンをなぞる
 火…星のすみか
 水…trust you
 木…traveling
 金…ELEMENTS
 土…Believe

 先ずはこんなところかな。『traveling』以外は、アニメや特撮のテーマソングだ。まぁ、『trust you』・『オリオンをなぞる』・『星のすみか』は、いわゆるアニソンではないのだけれど。

 今日は腹と柔軟の日。
 開始が30分ほど遅れたが、それ以外は予定通り出来たので、勝ちとする。よって、現時点では3勝1敗。

(金)…昼は横腹(サイドベント)、夜は背中(チンニング、シュラッグ)
(土)…昼は腕、夜は柔軟のみ ※回復を優先
(日)…昼は無し、夜は柔軟のみ

 明日は『ELEMENTS』(『仮面ライダー剣』の後期オープニングテーマ)で気合を入れて、予定している背中の筋トレをこなしたい。
スポンサーサイト



今日からクレアチン休止期間

今日からクレアチン休止期間

 正直なところ、今は休止したくないんだけど、健康第一なのである。

 クレアチン休止期間…11/10(木)~11/23(水)※2週間

 クレアチンローディング期間…11/24(木)~12/1(木)※1週間、11/27(日)除く

2011年11月9日(水)いちおう日記

2011年11月9日(水)いちおう日記

「虎徹の自宅コスまであと14日、あと14日しかないのだ!」

 今日は仕事を終えた後、寄り道をせずに真っ直ぐ帰宅した。最近、筋トレを始める時間が後にずれ込んでいるので、ここで元に戻しておこうと思ったのだ。しかし、これが裏目に出た。時間の余裕があることで気が緩み、ちょっと横になったら眠り込んでしまったのだ。まるで“ウサギと亀”のウサギだ。虎徹のコスをする男が、ウサギになってどうする…
 幸い、1時間ほどで目が覚めたので、何とか予定していた筋トレをこなすことが出来たが、本当に危ないところだった。平日の帰宅後は、就寝のときまで横になったらダメだな、うん。

 今日の筋トレは肩と腕(昼も肩)。
 腕を本格的にやったのは久し振りなので、今日は追い込むための負荷を探るような内容になった。
 ナローグリップ・バーベルカールを2セットで追い込み、同じ負荷でワイドグリップ・バーベルカールを1セットだけやって、ハンマーカール(2セット)へと繋げることの出来る負荷の組み合わせをみつけたので、次回はそれで行う。

 ベンチディップスも、久し振りにやってみた。この前痛めた左肩に、違和感を感じた。痛めていない右肩は何とも無かった。三角筋を鍛えた後のベンチディップスは危険かなぁ…。寝る前に、肩回りのマッサージをやっておこう。

 筋トレの予定を、少し変更した。
 クランチを苦手にしているので、クランチをやる前に腹筋を鍛えるのは止めることにした。

(水)…昼は脚(サイドランジ)、夜は腹筋(クランチ)と柔軟体操
(木)…昼は横腹(サイドベント)、夜は背中(チンニング、シュラッグ)
(金)…昼はカーフ、夜は胸と首
(土)…昼は腕、夜は柔軟のみ ※回復を優先
(日)…昼は無し、夜は柔軟のみ

 本日、“自分との戦い”は、僅差で勝利。これで今週、現時点では2勝1敗。
 明日は、筋トレ前に眠り込んだりせず、明確に勝ちたい。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。