FC2ブログ

2011-03

2011年3月16日(水)いちおう日記

2011年3月16日(水)いちおう日記

 被災地の避難所では、少ない食料を皆で平等に分け合っている。
 首都圏では、米まで買い占め(買いだめ)している人がいる。
 こういった現実を見せられると、転売屋と呼ばれる人間が存在することを思い出す。

※転売屋に関しては、こちらの記事 → 『ネットオークションでチケットを買う人は、転売屋がのさばっても良いと思っているんだろうか?』を参照。

 物資の欠乏している被災地に、転売屋はいるのだろうか。
 いるとしたら、転売屋は、その物資が欠乏した状況下で何を考えているのだろうか。

「今、自分の手元に物資があれば、“需要と供給のバランス”に基づく正当な価格で販売してやるのに」
と考え、歯噛みしているのだろうか?
 それとも、
「今、少ない物資を何とか自分が抑えて、“資本主義におけるルール”に基づくオークションを行うことは出来ないだろうか?」
と考え、策を練っているのだろうか?
 それとも、首都圏で米まで買い占め(買いだめ)している人を見て、自分の行った過去の転売行為と重ね合わせているのだろうか?

 まさか、被災地以外にいる転売屋が、本当に電池や懐中電灯を買い占めて、ネットオークションに出したりしていないだろうな?
「道義的には責任を負うべきでしょうけど、商売ってのは、そういうもんですから」とか言いながら。

 限りあるリソースを皆で平等に分け合っている避難所の方々を見ると、自分も何かしなければと思う。とりあえず明日、義援金の振込を行うつもりだ。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。