2010-03

2010年3月26日(金)いちおう日記

2010年3月26日(金)いちおう日記(21:48~22:20)

 今日、3人のおはガール(りさこ、まゆ、ひでみ)が『おはスタ』を卒業した。生放送で観たら会社に行く気が失せると思って、タイマー録画して帰宅してから観た。
 う~ん、やっぱり寂しい。まだまだ子供だけど、この2年間で随分大人っぽくなったように思う。3人とも芸能活動は今後も続けると思うので、機会があったら推したい。写真集とか出たら、買っちゃうよ。出勤前の時間を明るくしてくれたお礼だ。

 今日は柔軟体操の日。ちょっとだけ、身体が柔らかくなっている感じがした。
 明日は胸・背・首の筋トレの日だ。怪我しないように、慎重にやろう。

全文を表示 »

スポンサーサイト

気が付けばコスプレ歴1年を過ぎていたオッサンのメモ書き(その2)

気が付けばコスプレ歴1年を過ぎていたオッサンのメモ書き(その2)

 約1年間でイベント参加9回、自宅コスも含めれば、平均月1回はコスプレをしていたことになる。
 その感想というか、印象に残っていることを書き連ねてみたい。

 まず、イベントに関して。
 初めて参加したイベントとなった、ガンダムコスプレフェスティバル。イアン・ヴァスティの2期コスで参加して、いきなりミレイナ(ファイリンさん)との“親子合わせ”親子合わせが実現したのは僥倖だった。一方、ラッセ(遥夏さん)と合わせが出来なかったことは今でも申し訳なく思っている。
 このイベントでは、私以外にも男性レイヤーがそれなりに参加しており、大枠では私と同じカテゴリー(所謂オッサンレイヤー)に入る方とも会うことが出来た。コスプレイヤーの約90%が女性であることを実感したが、約10%の男性レイヤーが存在することもまた現実だった。

 参加した3回の『ガンダム00』合わせ(舞姫さんが主催された合わせに関しては、「参加した」と言うよりも「お邪魔させてもらった」と言うべきなのだが)は、どれも楽しかった。合わせではないが、ガンダム00オンリーイベントで、TOMさん・銀サチさん・夏女さんとお会いできたのも楽しかった。
 星名一臣のコスはイベントでは1回しかやっていないが、その1回でイクト(春斗さん)との“仮の親子合わせ”が実現したのも嬉しかった。

 イベントで合わせ(その場での合わせを含む)をさせてもらったレイヤーさんは、身長等の変えようがない要素を除くと、キャラのイメージに近い人が多かった。普通に話しているときはそうでなくても、いざカメラを向けるとビシッとキャラの雰囲気を出すレイヤーさんもいて、驚かされたというか「凄いな」と思った。

 私の苦手とする、厚化粧(付け睫バサバサ、濃いノーズシャドウ、濃いシェーディング)のレイヤーさんがいたのも事実である。しかし、そういうレイヤーさんが私のようなオッサンレイヤーに話し掛けてくる筈もなく、当然こちらからも近付かないので、イベント会場では特に問題は起きなかった。
 ただし、イベント会場に向う途中で不愉快な思いをしたことは、二度ほどあった。

 一度目は、晴海行きのバスに乗っていた(立っていた)際に、厚化粧の男性レイヤー3人組が乗り込んで来たとき。狭いバス(一般客も乗っている)の中で、いきなり濃い男装メイク集団と接近遭遇することになったので、気持ち悪さの余り悲鳴を上げそうになった。
 また、バスの中が相当うるさく、騒いでいるのはどう見てもレイヤーな人ばかりだったことも嫌な思い出だ。

 二度目は、東京ドームシティでイベントの受付を探していたとき。自分としては、まだコスプレ会場入りしていないと思って普通に歩いていた(遊園地の外であり、コスプレするような雰囲気ではない場所だった)のに、いきなり道の傍らに男装レイヤー集団がたむろしていたので、その異様な光景にドン引きしてしまった。そのとき、私の直前を歩いていた一般人が、
「ここを通るんじゃなかったな…」
と吐き捨てるように言ったことを、今でも鮮明に覚えている。コスプレは、TPOを誤ると嫌悪の対象にしかならないことを、身をもって痛感した。

 自宅でのコスに関しては、星名一臣のコスが、印象深い。
 卵形電球に通電して実際に発光させることで、エンブリオを表現したり…
 ヨルのしゅごたまを釣り糸で釣って、キャラなりシーンを表現したり…
 キャラなりで腹出しコスをするために、人生初の減量を行ったり…
 その減量が一応成功し、四十路にして腹出しコスをしてみたり…

 元々コスプレをやりたくてコスプレを始めたわけではなかった(詳細は → こちら)のだが、やっているうちに「劇中のシーンを再現する」・「自分が見たかった映像を自分で作り出す」という方向で、コスプレを楽しめるようになってきた。
 ガンダム40周年の年となる2020年までは、現役のレイヤーであり続けたいと思う。コスプレ歴2年目の今年も、細く長くという気持ちで、焦らずノンビリとコスプレを楽しんでいきたい。

 記事の終わりに、一吼えしておこう。
「オッサンキャラをコスした際のオッサン度に関しては、男装レイヤーさんには負けないぞ!」
(そりゃそうだわ)

2010年3月25日(木)いちおう日記

2010年3月25日(木)いちおう日記(22:58~23:20)

 昨日は半分眠りながら日記を書いていたので、あちこち間違いがある。まぁ、“いちおう”日記ですから。
 こんな日記でも書いていれば、花粉症の薬を飲み忘れていたことに気付いたり、このところ勉強をサボっていることに気付いたりするので、続ける意義はある。

 明日、おはガールが卒業するらしい。今のおはガールは、私が『おはスタ』を観始めて3組目であるが、今までで一番気に入っている娘たちだ。毎日ちゃんと観ていたわけではなく、時報(7:00に始まり7:30に終わる)兼、朝のBGVといった感覚でしかないのだが、それでもやはり、おはガールの卒業は寂しい。
 明日は、ちゃんと観ようかな。


全文を表示 »

気が付けばコスプレ歴1年を過ぎていたオッサンのメモ書き

気が付けばコスプレ歴1年を過ぎていたオッサンのメモ書き

 2009年2月7日のガンダムコスプレフェスティバルにおいて、コスプレイヤーとしてイベント参加してから、いつの間にか1年1ヶ月以上が過ぎている。オッサンレイヤー歴2年目に突入したというわけだ。
 元々コスプレをやりたくてコスプレを始めたわけではない(詳細は → こちら)ので、活動頻度は基本低め安定である。

【1回目】 2/7 ガンダムコスプレフェスティバル…イアン・ヴァスティ(2期)、ジオン一般兵
【2回目】 3/20 晴海(ガンダム00合わせ)…イアン・ヴァスティ(2期)
【3回目】 3/28 としまえん(ガンダム00合わせ)…イアン・ヴァスティ(2期)
【4回目】 5/5 ガンダム00オンリーイベント…イアン・ヴァスティ(2期)
【5回目】 6/28 東京ドームシティ…イアン・ヴァスティ(1期)
【6回目】 7/19 COS-MIX 進修館…星名一臣
【7回目】 7/26 ワンダーフェスティバル(ガンダム00合わせ)…イアン・ヴァスティ(1期)
【8回目】 10/12 特撮オンリーイベント…ゲキレンジャーのオリジナルキャラ
【9回目】 1/23 晴海…Wのオリジナルキャラ

 上記以外に、自宅コスのみで以下のコスもやった。

 『ゲキレンジャー』深見レツ
 『機動戦士ガンダムさん』シャア
 『機動戦士ガンダム』ブライト・ノア
 『しゅごキャラ!』オリジナルキャラなり(星名一臣とヨルのキャラなり)
 『仮面ライダーW』劇場版記念コス(私服を使った“ジョーカー・ジョーカー”)

 自作したものは、以下の2点。

 『しゅごキャラ!』星名一臣の音叉(アニメ版)
 『しゅごキャラ!』オリジナルキャラなり(星名一臣とヨルのキャラなり)のスラッシュ・クロウ

 改造したものは、以下の3点。

 『ガンダム00』イアン・ヴァスティ(1期)のシャツ
 『ガンダム00』イアン・ヴァスティ(1期)のズボン
 合皮を貼った黒いリストバンド(汎用)

 男性レイヤーを一人増やすためにコスプレをやり始めたわけだが、今はコスプレという文化を長いスパンで内側から眺めていたいと感じている。例えば、10年後、『ガンダム00』や『しゅごキャラ!』のコスプレが存在しているのかどうか、自分自身がそのコスプレをしながら確かめてみたいと思っているのだ。

 2018年は『ガンダム00』10周年、2020年はガンダム40周年の年となる。少なくとも2020年までは、現役レイヤーであり続けたい。2020年になっても、私は“まだ”55才だ。身体さえ壊していなければ、イアン・ヴァスティや星名一臣のコスは、年齢的に十分可能である。

2010年3月24日(火)いちおう日記

2010年3月24日(火)いちおう日記(22:29~22:58)

 今日、4月の健康診断のスケジュールが決まった。健診は、前日の22:00以降絶食で臨まなければならない。このため、健診で量る体重は毎回計量時の条件がほぼ同じとなり、前回からの増減がかなり正確に掴める。
 アパートでは、「8.夕風呂前間食」を済ませた後に体重計に乗っているため、条件が同じではない。今日はバナナを2本食べたので、ちょっとズル?し過ぎだと思い、敢えて量らなかった。

 BPの回数が伸び悩んでいる。4月に入ったらプラス2.5kg出来るのではと思っていたが、無理のようだ。別に重量に拘っているワケではなく、目安に過ぎない。目的は飽く迄もバルクアップである。焦らず、ストリクトにやり続けよう。


全文を表示 »

2010年3月23日(火)いちおう日記

2010年3月23日(火)いちおう日記(22:08~22:58)

 3連休は、微妙だった。

計画
・3/20(土)…勉強1時間、筋トレ1時間半(腕と肩)。あと出来れば、白髪染め。
・3/21(日)…映画2本鑑賞、2本とも感想文書く。
・3/22(月)…勉強1時間、午前中に買い物と調理(7食分)、柔軟体操1時間。

実績
・3/20(土)…掃除洗濯、筋トレ1時間半(腕と肩)。
・3/21(日)…白髪染め、買い物
・3/22(月)…記事2本作成、調理(8食分)、知恵袋ベストアンサー

 3/22(月)に柔軟体操をサボってしまったので、それが今日にズレ込んだ。
 3/28(日)は特撮オンリーイベに行くので、今週は週4回の筋トレを行うのが難しい。でも、イベント会場を13時頃に出れば、アパートに帰ってから筋トレをすることが出来るかもしれない。後で、開場時間などをキチンと調べておこう。


全文を表示 »

『しゅごキャラ!』とハロプロに関して

『しゅごキャラ!』とハロプロに関して

 「変身もの」のファンであり、アイドルファンでもある私にとって、アニメ版『しゅごキャラ!』は最高のコラボレーションである筈なのだが、必ずしもそうなっていないのが実状である。

 何しろ、ガーディアンズ4が問題だ。
 このユニットが、モー娘。のミッツィー(光井愛佳)の為に作られたものであるのは明らかである。「ミッツィーの為」というのは「彼女に人気があるから」という意味ではなく、「モー娘。の新規加入メンバーに活躍の場を与える為」という意味である。これは言うなれば、「モー娘。の新規加入メンバーの天下り先として作られた特殊法人」のようなものである。
 ガーディアンズ4には、キャラなりコスプレユニットである しゅごキャラエッグ!や、ベリキューで最も安定した歌唱力を持つ3人を集めた上で「ゴスパンク(あむのファッション)」という要素を取り入れたBuono!のような、明確なコンセプトがない。だから、その存在に必然性が感じられない。

 純然たるコスプレでもなければ、歌唱力において特に評価すべき点もないガーディアンズ4など、本来なら全く応援したくない。しかし、なっきぃ(中島早貴)と友理奈(熊井友理奈)という私にとっての推しメンが在籍しており、また、CDにしゅごキャラエッグ!の楽曲が抱き合わせになっているため、応援せざるを得ない。全く困ったものだ。

 ミッツィー個人に関しては、おバカの多いハロプロにおいては貴重な“常識派”だし、歌声も好きだし、ケメ子(保田圭)の跡を継ぐキモ系お笑いキャラとしても期待しているだけに、ガーディアンズ4というユニットの在り方が本当に残念でならない。

 しゅごキャラエッグ!に関しては、私自身がコスプレイヤーということもあり、基本的には応援している(本来は、年齢制限に引っ掛かっているので、応援してはいけないユニットなのだが、特例として)。髪は地毛で表現しており、無理して原作のようなピンク色にしていないところも、私のコスプレコンセプトに合致しており、好感が持てる。
 ただし…
 フクちゃん(譜久村聖)の2代目のアミュレットハートは、未だに違和感を覚える。初代アミュレットハートのゆうかりん(前田憂佳)も、決して原作のイメージに合っていたわけではないが、フクちゃんは正直言ってイメージ云々以前に「衣装が似合っていない」というレベルだと思う。

 いや、フクちゃんは美人だと思う。
 しかし、どー見ても、フクちゃんは和風である。
 和服は最高に似合うと思う(旅館の若女将とか)が、ヘソ出しチアガール衣装は相当に苦しい。
 フクちゃんが、ヤマトマイヒメのコスプレしをたら、ピッタリだと思うのだが…。

 しゅごキャラエッグ!の現メンバーで最も注目しているのは、アミュレットスペードの明梨(佐保明梨)である。顔は日本人顔だが、手足が長く、スタイルが良い。『しゅごキャラ!』ミュージカルでは、アミュレットスペードではなく一介のダンサーとして登場していたが、彼女のダンスには素人目にも明らかに華があった。俗に言う「センスがある」とは、こういうことなのだと思う。

 アミュレットスペードの衣装も良く似合っており、長い手足が映える。おヘソがチラ見するのも、萌えポイントだ。
 ただし、手でハートを作るとき、一人だけ親指の曲がりが甘くてちゃんとハートが作れていないことが多いのは、いただけない。しゅごキャラエッグ!の中では唯一の継続メンバーなので、ここは先輩としてキッチリお手本を示すべきところだ。

 いつぞやの回の心理テストで「隠れナルシスト」と判定され、フクちゃんにも「鏡の前でポーズを取っていそう」と言われて必死に否定していたが、アイドルが鏡の前でポーズの練習をするのは当然のことだろう。私のようなオッサンレイヤーでさえ、筋トレの直後は姿見の前でコスプレ時のポージングの練習をしているのだ(筋トレ自体、姿見の前でやるのがセオリー)。
 もっとも、あえてそれを否定する“隠れナルシストキャラ”というキャラを立てるのであれば、問題はない。ハロプロ全体を見渡しても、「海外でも通用する、オリエンタル・ビューティ」となる可能性を持っているのは明梨だけなので、上手くキャラを立てて伸し上って欲しいところだ。このまま順調に身体が出来て、スキルアップしていけば、本当にオリエンタル・ビューティになれると思う。

 たなぴょん(田辺奈菜美)は、最初は「こんな小さい子が入ってきて大丈夫なのか?」と心配したが、意外に体力があるようで驚いている。大きな羽根が付いたアミュレットダイヤの衣装は、ダンスをする上では一番負担が大きいと思えるのだが、ちゃんと踊れている。しかも、DVD『しゅごキャラ!クリップ♪ベスト』の特典映像を観ると、少なくともソロパートは生歌で歌っているようだ。大したものである。

 最後に一言。
 ガーディアンズ4を解散させ、そこに使っていたリソースを用いて、しゅごキャラエッグのシングルVを復活させよ!
 以上。

アニメ版『しゅごキャラ!』の感想

アニメ版『しゅごキャラ!』の感想

 現時点において、変身ヒロイン・ヒーロー物の中で最もモダンな作品である『しゅごキャラ!』。それは、現在放送中のアニメ版に関しても言える。
 “モダン”な理由は、『『しゅごキャラ!』と特撮に関する話』でも書いた通り、作品が作品内のガジェット(変身アイテムや乗り物など)に商業的に依存していないからである。つまり、作品内ガジェットを玩具化したメーカーがスポンサーになっていない。

 そのため、「話の中に、毎回ガジェットを登場させなければならない」という制約から解放されており、回によっては変身すらしないこともある。「変身もの」であるにも関わらず、「毎回、変身しなければならない」という制約からも解放されていのだ。これぞ正しく“モダン”である。
(ちなみに、『ガイファード』は放送中は一切のキャラクターグッズが商品化されておらず、その点に関しては『しゅごキャラ!』以上なのだが、肝心の作品の内容はモダンではなく、クラシックだった)

 『信じて、あたしのピュアハート!』の回で、りっかが遂にキャラなりを果たした。
 『しゅごキャラ!』が、玩具メーカーに依存した従来型の「変身もの」であったなら、りっかはとっくの昔にキャラなりをして専用のガジェットを登場させていた筈である。そうならずに、ここまでりっかのキャラなりを温存出来たこと、即ちベストなタイミングで披露できたことは、本当に喜ばしい。

 私は今回の『しゅごキャラ!』を見て、約40年前に観ていた『マジンガーZ』を思い出した。
「ジェットスクランダーだ! スクランダークロスだ!
 りっかのキャラなり初実現のタイミングは、スクランダークロスの初実現のタイミングと同じだ!」

 『マジンガーZ』は、現在の戦隊ロボを含む全ての「人が乗り込んで操縦するタイプのスーパーロボット」の元祖であると同時に、「合体や、合体を含むパワーアップを行うスーパーロボット」の元祖と言えるキャラクター“マジンガーZ”を描いた、エポックメイキングな作品であった。そして、元祖であるが故、玩具メーカーに依存した商業作品でありつつも、今日の戦隊ロボのような安易なパワーアップは行われなかった。
 そう…、マジンガーZが空飛ぶ機械獣に幾度も苦戦を重ね、
「もうマジンガーZも空を飛ぶしかないだろう!」
という思いがピークに達したとき、マジンガーZはジェットスクランダーと合体(スクランダークロス)して、遂に大空を飛んだのだ。

 遂に!
 やった!!

 この感覚は、久しくTV番組からは得られなかった。
 そう思うと、感無量である。

 今回のエピソードでは、事態の重大さに気付いたあむが、最初から基本キャラなりでは最強のアミュレットダイヤにキャラなりし、バツたまの動きを封じようとした。この行動は理に叶っており、非常に説得力がある。『仮面ライダーW』が、その場で最適なフォームにいきなり変身することが出来ないという不自然な設定になっている(らしい)のとは大違いだ。

 そして、初キャラなりである、りっかのピュアフィーリングとアミュレットダイヤがいきなり合体技を繰り出すのだが、両者の色彩イメージが似通っているので、違和感がない。りっかが登場したときから、髪の色があむと似ているので、いずれあむと合体技を繰り出すのではないかとは思っていたが、キャラなりした姿のカラーリングのことまでは予想していなかった。
 今になって思うと、りっかのしゅごキャラであるほたるは、あむがダイヤとキャラなりしたアミュレットダイヤと色使いが似ている。りっかがほたるとキャラなりすれば、アミュレットダイヤと似たカラーリングになるのは道理(あむのキャラなりも、しゅごキャラの姿に近い姿になっている)なのだ。

 原作漫画も、『なかよし』での連載が再開?されたようだし、今後も“最もモダンな変身もの”としての『しゅごキャラ!』に期待している。

ガンダムファンは義理堅い(その2)

ガンダムファンは義理堅い(その2)

 『機動戦士ガンダムUC』 episode 1 「ユニコーンの日」が発売された。
 その主題歌『流星のナミダ』を歌っているのは、栗山千明。以前からアニメ好きを公言していた彼女が、ガンダムの主題歌で歌手デビューを果たしたのだ。
 これは、めでたい。

 祝儀代わりに、ガンダム盤(期間限定生産)と、初回限定生産であるCD+DVD仕様、両方とも買ってみた。

ガンダムファンは義理堅い_2

 栗山千明は、オタクであることが自分の仕事にとって何のメリットも生まない(むしろイメージの点でデメリットとなる可能性のほうが大きい)にも関わらず、それを隠さず公言してきた。オタクであることを売り物にせず、ただそれを素直に明かして、女優やモデルとして活動してきた。

 そんな彼女が歌手デビューしたのだから、“同士”として応援しますよ。
 出来れば、『ガンダムUC』のキャラのコスプレをして欲しいところです。

2010年3月19日(金)いちおう日記

2010年3月19日(金)いちおう日記(22:13~22:49)

 明日から3連休。ダラダラグダグダせず、有意義な休みにしたい。

・3/20(土)…勉強1時間、筋トレ1時間半(腕と肩)。あと出来れば、白髪染め。
・3/21(日)…映画2本鑑賞、2本とも感想文書く。
・3/22(月)…勉強1時間、午前中に買い物と調理(7食分)、柔軟体操1時間。

 3/22(月)は、『仮面ライダーW』のオリジナルキャラのグレーバージョンの自宅コスをやる予定にしていたが、3/27(土)に延期。3/28(日)の特撮オンリーイベントの直前にやることにした。合わせの可能性を考えると、イベントもグレーバージョンの方が良いかも知れない。

「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと29日、あと29日しかないのだ!」
 半袖焼けもほとんど目立たなくなったし、後は筋肉だけだ。明日、サボらないようにしよう。

全文を表示 »

2010年3月18日(木)いちおう日記

2010年3月18日(木)いちおう日記(22:11~22:34)

 休日に調理しなかったので、今週の夕食はずっと缶詰。買い置きの缶詰(本来は非常食)が減ってきたので、会社帰りに買って来た。今度の月曜日は振替休日なので、午前中に買出しと調理を済ませよう。

 昨日、腕の筋トレをやった後に写真を撮らなかったので、今日、柔軟体操をやる前に写真を撮った。

2010031801
 自分が一番見映えするポーズは、腕を太く見せる(見せかける)このポーズ。ラッセのコスをしたときは、とりあえずコレをやる。

 パソコンで画像をトリミングしようとした際、ほとんどの写真でパンチラ(トランクスチラ)していることが発覚したので、これ以降の画像は畳んだ記事の中に入れておきます。


全文を表示 »

2010年3月17日(水)いちおう日記

2010年3月17日(水)いちおう日記(22:40~23:17)

 今日は会社帰りに本屋に寄り、少年マガジンを立ち読みして、『一歩』の最新刊と『ボクマガ』を買った。その後でスーパーに寄って食糧を買い込んだので、アパートに帰るのがいつもよりも遅くなってしまった。
 帰りが遅くなれば、その分、タイムテーブルが後へずれ込む。23時には就寝したいと思っているが、なかなかそうならない。もっと無駄なく動かなければ。

 今日の筋トレは腕と肩。新たに、メニューを1つ追加した。ナローグリップのアームカールを2セットやった後に、ワイドグリップのアームカールを1セットだけ加えたのだ。ずっと二頭の長頭や上腕筋メインでやってきたが、筋肉をちょっと驚かせる意味も込めて、短頭用に1セットだけ増やしたというわけ。
「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと31日、あと31日しかないのだ!」
 いよいよ後1ヶ月か。

全文を表示 »

ベリーズは、Mステに出演するチャンスを逃したのか? それとも掴みつつあるのか?

ベリーズは、Mステに出演するチャンスを逃したのか? それとも掴みつつあるのか?

 先週のMステのシングルランキングで、ベリーズの『雄叫びボーイ WAO!』が2週連続でランク入りしていたのには驚いた。『雄叫びボーイ WAO!』がヒットしているとか、そういう意味ではない。
 Mステのシングルランキングなど、番組側が好き勝手に設定できる、所詮番組内ランキングだ。裏を返せば、Mステのシングルランキングにベリーズの『雄叫びボーイ WAO!』が2週連続でランク入りしたことには、何らかの意図があるのではないかと思える。

 もちろん、番組側の単なる気まぐれなのかも知れない。
 しかし、単なる気まぐれで、他局のアニメの副主題歌を2週連続でランク入りさせるだろうか?
 AKBに対する当て馬(あるいは当て擦り)とも思えないし…

 これが、Mステからベリーズへの、一種のラブコールだったら良いのにな、と思う。
 金曜日だからベリーズのイベントとは重なりにくいし、20時から21時までの生放送だから年齢制限にも引っかからない。(あ、そう言えば梨沙子も、もうすぐ16才か…)

 流石に3週連続のランク入りはないと思うが、『イナズマイレブン』の人気は結構あるらしい。ベリーズがエンディングテーマを担当し続ければ、Mステのシングルランキング入り→出演という流れも有り得るのではないか。

 ベリーズのメンバーは、かつてモー娘。がTV(しかもゴールデンタイム)に出演しまくっていた姿を見て、ハロプロ入りしている。
「自分達も、将来はモー娘。みたいにTVに出られる」と期待していたメンバーも多いだろう。
 梨沙子の歌唱力が向上し、他のメンバーのルックスが安定している今、ベリーズに僅かながらもブレイクの可能性が出てきていると思っているのは私だけだろうか。
 ベリーズのMステ出演に期待している。

2010年3月16日(火)いちおう日記

2010年3月16日(火)いちおう日記(22:56~23:15)

 今日、コスプレの見積もり依頼を行った。今週中に返答が来るらしい。さて、どんな金額になることやら。
 今日の筋トレは胸・背・首。
「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと32日、あと32日しかないのだ!」
…と、これだけでモチベーションを維持するのも難しくなってきたので、トレーニング直後にちょっと写真を撮ってみた。
2010031601
 うーん、パンプアップしていてコレだからなぁ。ラッセのコスまで、あと約3ヶ月。それまでに、パンプアップ無しでこの程度にならないと、マジでマズイぞこれは。
 サボる余裕は無いな…。

全文を表示 »

2010年3月15日(月)いちおう日記

2010年3月15日(月)いちおう日記(21:58~22:30)

 金曜日は胸・背・首の筋トレ、土曜日は予定していた外出を中止して肩・腕の筋トレを行い、週各2回のペースを維持した。と言っても、これで2週目。

 日曜日はベリーズのFCイベントに行った。行く途中で階段を1段とばしで昇っていたら、途中で今までにないキツさを感じた。「俺も歳だな~」と悲しくなったが、今になって思えば前日の筋トレの疲労が全身に表れていたのかもしれない。
 FCイベは15時に終了したので、真っ直ぐ帰って柔軟体操をしようと思ったけれども、一連の家事をこなし、録画しておいたスーパーヒーロータイムとエキサイトマッチを観ていたら、もう寝る時間になっていた。

 そんなわけで、今日は筋トレを休んで柔軟の日となった。
 今日は朝から、腕の筋肉に張りと疲労を感じる。久し振りだが、悪くは無い。超回復の兆しのような体感である。
 今週も、何とか週各2回のペースを作りたい。

全文を表示 »

ガンダムファンは義理堅い

ガンダムファンは義理堅い

 『機動戦士ガンダムUC』 episode 1 「ユニコーンの日」が発売された。
 宇宙世紀の世界を描いた“正統派ガンダム”(しかも、キャラクター設定が腐女子に迎合していない)が、アニメ版としてもリリースされたことは、非常にめでたい。

 祝儀代わりに、DVDとブルーレイ、両方とも買ってみた。
 ユニコーンガンダムも、買ってみた。

ガンダムファンは義理堅い

 “正統派ガンダム”、“正統派ガンダム”であるガンダムユニコーンを、みんなで買おう!

『機動戦士ガンダムUC』 episode 1 「ユニコーンの日」の感想

『機動戦士ガンダムUC』 episode 1 「ユニコーンの日」の感想

 いよいよアニメとしても始まった『機動戦士ガンダムUC』。
 読破済みの小説版の感想をまだ書いていないうちにアニメ版の感想を書くのは気が引けるのだが、小説版を再読するためのメモとして、簡単に書き記しておこう。

 腐女子に媚びることの無いキャラクター設定と、宇宙世紀の世界を描いたことで“正統派ガンダム”と言える『機動戦士ガンダムUC』。
 そのアニメ版の第1話、それもまだ1回しか観ていないのだが、第一印象は「小説のダイジェスト版」である。


                   【 以下、ネタばれあり 】


全文を表示 »

最近の付け睫は、約40年前の付け睫の再来か?

最近の付け睫は、約40年前の付け睫の再来か?

 最近の女性がしている付け睫は、約40年前(私がまだ小学生だった頃)、当時の女性がしていた付け睫と良く似ているのではないか?
 紙面等のメディアでは2年ほど前から感じていたが、今年に入ってからは日常生活でも実感するようになった。

 私にとって、付け睫といったら、約40年前の山本リンダ。
 そういった、約40年前を髣髴させる付け睫を、近所のスーパーのレジのネーチャンまでが、するようになってきたのだ。そんなレジのネーチャンを含め、付け睫をバサバサさせている最近の女性を見ると、「古臭いな~」と思う。

 ガングロとかヤマンバが一部で流行ったのは5~10年ほど前だったと思うが、あれは飽く迄も特殊なスタイルであった。バラエティ色が強かった当時のモー娘。でさえ、ガングロになるのはコントの中だけだったのだ。
 それが今では、元モー娘。の辻希美が、山本リンダかそれ以上の付け睫をバサバサさせて普通に番組に出演しているのだから驚く。あんなド派手な化粧は、5年前なら本当にコント(お笑い)のレベルだったのに。

 ベリーズのキャプテンも、最新シングルでは本当に「付けました!」という感じの付け睫を上下に付けている。化粧というものは、「明らかに不自然」となってしまったら逆効果だと思うのだが。
 事実、私はそんなキャプテンの顔を見るたびに、「付け睫を取ったら、どんな目になるのか」を想像してしまう。自動的に「付け睫の除去補正」がかかってしまうのだ。

 私は昔から強めのビューラーすら嫌いだったので、最近のバサバサした付け睫ブーム?にはウンザリである。
 何が「目力に絶大な効果が出ます」だ。
 単に「不自然なだけ」で、場合によっては「気味が悪い」わい。

 そんな私の心の癒しは、AKBの板野友美。
 ともちんも付け睫をしているとは思うが、写真集などで見る限り、自然に映っている場合が多い。それでいて、可愛らしい。
 ちなみに、ともちんはノーズシャドウも施しているが、これも自然に見えてしまう。何でだろうね? (もしかしたら、日本人は地黒の方がノーズシャドウが似合うのか?)

 ガングロとかヤマンバのような自己主張型の化粧は、ピエロの化粧と同様、仮面を被った変身の領域に入っているので、不気味であってもある程度は納得できる。しかし、日常的な化粧というものは、基本的には手品のようなものであり、見る者を上手く欺くことが前提だと思う。

 目の前で、タネがバレバレの手品を見せられては興醒めである。
 出来るだけ、自然に欺いて欲しいものである。
 男として、そう思う。
 女としては…分かりません!(そりゃそうだ)

2010年3月11日(木)いちおう日記

2010年3月11日(木)いちおう日記(22:36~23:13)

 昨日は日記をサボってしまったが、腕と肩の筋トレは予定通りやった。今日は、柔軟体操の日なので、そっちをやった。中2日でやっている割には、柔らかくなってこない。と言うことは、やらなかったら、どんどん固くなるんだろうな。それで、去年の今頃、ギックリ腰をやってしまったというワケだ。

 ギックリ腰をやってしまうと、約1ヶ月間、筋トレが出来なくなる。それだけは回避しなければ。
「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと39日、あと39日しかないのだ!」
 もうあと1ヶ月ちょいか…。今週の土曜日に腕と肩の筋トレをやれば、2週連続で週2回やったことになる。頑張ろう。

 先週末に調理をしなかったから、今週の晩飯のおかずはずっと缶詰。今週末は調理したいところだけど、土日ともに忙しい。調理よりも、筋トレや柔軟の方が優先順位が高いもんな~。イベントの記事も早めに書きたいし。う~む。

全文を表示 »

『ガンダム00』の劇場版公開まで、あと半年か…

『ガンダム00』の劇場版公開まで、あと半年か…

 そろそろ、ネタばれに気を付けなければならない時期になってきた。
 今のところネタばれしてしまっているのは、TV版から2年後の世界ということと、刹那が乗るらしきガンダムがツインドライブ仕様だということだけ。
 これ以上は何も知ることなく、9月に劇場入りしたいところだ。
 もしかしたら、劇場版の主人公は『00F』のフォン・スパークかも…といった可能性を思い描けるほうが楽しいだろ? あぎゃぎゃぎゃ。

 もっとも、私にとって本気で気になるのは、ヴァスティ一家がどうなるかということぐらいなんだけど。TV版最終話で一家揃ってトレミーに搭乗していたが、その後どうなっているのだろう? 父娘が任務継続、リンダが新しい操舵担当となっているようにも思えるが。
 一家のうち一人でも戦死するくらいなら、劇場版には登場して欲しくないというのが、イアンのコスをしている私の本音。あと、ラッセのコスもする予定なので、ラッセにも死んで欲しくない。でも、そういうことを言い出したら、戦争ドラマは成立しないんだよな…。

 ティエリアやアレルヤに関しては、正直言ってトレミーに戻って欲しくない。彼らがガンダムに乗らなければ、それだけガンダムの数が減るから。ガンダムに乗らなくても、彼らが重要な役どころを務めることは出来るのだし。
 そもそもソレスタは、5基所有していた純正太陽炉のうち2基を喪失している(セラフィムのものと、リボンズがドサクサに紛れて0ガンダムに付けたもの)。だから、残りは3基。00ガンダムの後継機に2基使うと、残りは1基しかない。この1基をトレミーに付けちゃって、ガンダムは刹那が乗る1機しか登場しませんというのが私の理想。

 まぁ、実際にはTV版同様、4タイプが登場するんだろうけど。
 太陽炉は、どうするんだろうね?
 リボンズのガンダムは擬似太陽炉でツインドライブシステムを稼動させてトランザムもやっていたから、技術的には純正太陽炉にこだわる必要はない。しかし、作品のイメージとしては、こだわる必要がある(ビームの毒性云々も、こじつけにはなる)。
 TV版のラストカットは、「木星には完成間近の純正太陽炉が何機か存在する」という意味だったのかな?

 でもやっぱり、ガンダムは1機がいいなぁ。
 ガンダムは、主人公である刹那が乗る1機だけ。
 ライルは、ガンキャノンみたいなMSに乗れば良い。太陽炉を搭載していないから、武装は実体弾主体。ライフルはGNコンデンサー頼みだから、一発一発を丁寧に「狙い打つぜ!」。

 ここで、トレミーが純正GNドライブを積んでいることが活きてくる。
 ガンキャノンタイプのGNコンデンサーは高速換装が可能なタイプであり、トレミーに戻って換装するか、オーライザーみたいな支援メカが運んで来て“空中換装”するのだ。
 おお、夢にまで見た「ガンキャノンの空中換装」!
 あと、これも実現しなかった「下半身がGパーツのガンキャノン=“ガンキャノン・スカイイージー”」とかね。あ、劇場版だから、「下半身がコアブースターパーツのガンキャノン=“ガンキャノン・ブースター”」か。
 ファーストガンダム(『機動戦士ガンダム』)リアルタイム世代にも、少しはサービスして欲しいものだ。わしらが30年前にファーストを支持した(三部作も観に行った)から、今の00があるんだぞい。

 そういう愚痴は別にしても、今度こそトレミーにGNドライブを積まないとマズイ。
 連邦は、(ツインドライブシステムはともかくとして)トランザムシステムは確実に入手(ブシドー機に実装)している。だから劇場版では、対ソレスタ目的のMSや艦船はトランザム仕様になっていないと不自然でしょ。敵がいつでもトランザム可能となれば、トレミーもそうなっていないと絶対に勝てない。
 本来なら、トレミーにツインドライブシステムを搭載して、連邦の艦船に対して性能的優位に立たなければ、連邦の数的優位に対して対抗できない筈。TV版で、擬似GNドライブに対するオリジナルGNドライブの優位性がなくなってしまっているので、この辺の設定には苦しいものがあるなぁ。

 あと真面目な話、ティエリアに関しては、ヴェーダと共に“自殺”するという最期が相応しいと思う。ヴェーダのようなシステムが存在しない世界こそ、人類が本当に自由で自立できる世界なのだから。
 “情報戦における核兵器(最終兵器)”であるヴェーダは、結局ダモクレスの剣でしかない。それは“戦争根絶のための武力行使”と同様、最後には自ら消え去るべき存在なのだ。

2010年3月9日(火)いちおう日記

2010年3月9日(火)いちおう日記(22:28~22:56)

 今日は筋トレを始める前に、昨日タイマー録画した『飛び出せ! 科学くん』を観てしまい、開始が30分遅れた。30分遅れで終了できたが、やはり終わってから観るようにしないと。
 それはともかく、その『飛び出せ! 科学くん』が次々回からゴールデンタイムに進出するとのこと。これはめでたい。しょこたんのレギュラー番組は『飛び出せ! 科学くん』しか観ておらず、熱心なファンとは言えないのだが、ゴールデン進出は嬉しい。この調子で、今年は紅白にも復帰して欲しい。

「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと39日、あと39日しかないのだ!」
 このところの寒さのせいか、腰の調子がイマイチ。でも、ここは延期するよりも、例え半分でも3分の1でもやって、週2回ペースに乗せる方を選びたい。

全文を表示 »

2010年3月8日(月)いちおう日記

2010年3月8日(月)いちおう日記(21:46~22:29)

 土曜日は勉強をちょこっとやって、『しゅごキャラ』を観て、℃-uteのDVDを1本観て、買い物して、筋トレをやって、家計簿つけて、炊飯ジャーをセットして…と、いちおう最低限のことはやった。しかし、日曜日はグダグダで、柔軟体操も調理もやらなかった。どちらか一つでも、やっておけばなぁ…。
 そんなわけで今日は、スケジュール遅れをリセットすることが出来ず、筋トレではなく柔軟体操を行った。筋トレ週4回を達成するためには、今週も土曜日に筋トレをしなければならない。土曜は映画を観に行くつもりだったのに、延期になりそうだ。

 最近、胸がバルクアップしつつある理由は、胸の筋トレを週2回やるようになったことが一つ。もう一つは、腹に脂肪が付くほど、カロリーを摂取していること。先程ちゃんと計算したら、3000kcalに少し足りない程度(2800~2900kcal)を摂り続けていることが分かった。
これを今後も継続するため、1日の総摂取カロリーはチェックしていこうと思う。

全文を表示 »

2010年3月6日(土)いちおう日記

2010年3月6日(土)いちおう日記(21:22~21:51)

 危ないところもあったが、どうにか腕と肩の筋トレをやった。これで、今年に入って初めて週4日筋トレをしたことになる。肩と腕の筋トレを週2回やったのも、今年初。
 今、腰はもう限界に近いが、故障は無い。明日、柔軟体操をやって回復させよう。そして、月曜から週4回パターンを普通に行えるようにするのだ。
「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと42日、あと42日しかないのだ!」

全文を表示 »

ラッセ・アイオン(1期)のコスに関する弁解と展望

ラッセ・アイオン(1期)のコスに関する弁解と展望

 今回のラッセのコスは、イベント現場で不特定多数に見て欲しいと思ってやるわけではない。特定の2、3人のレイヤーさんと合わせをしたいが為にやるのだ(同人の腐女子に対するカウンター攻撃の意味も、少しだけあるが)。

 撮影時以外は長袖のシャツを着て、ラッセのコスをしていることが分からないようにするし(半袖焼け防止の意味もある)、撮影が終わったら同人コーナーをサッと一巡りして帰るつもりだ(その前に、1期のイアンのコスで、ある程度うろちょろしておくので、ラッセのコスは短時間でもOK)。
 このように、イベント現場でのラッセコスの露出は最低限に留めるので、「老い故の過ち」を赦して頂きたいと思う。

 あ…でも、1期のアレルヤのコスをしている男性レイヤーさんがいたら、“ピチT合わせ”をお願いしたいなぁ(1期のアレルヤのコスをしている男装レイヤーさんからはドン引きされると思うので、こちらからは絶対に近寄らないようにする。本当は、男装レイヤーさんのアレルヤとの合わせの方が、私が比較的マッチョに見える可能性大なので、合わせをさせて欲しいところなのだが)

 あと、1期の終盤では刹那とコンビを組んでいるので、1期の刹那のコスをしているレイヤーさんとも合わせをしたい(普通の合わせの他に、GNアーマーTYPE-Eのネタ写とか)。
 それに、2期のラッセのコスをしているレイヤーさんがいれば、“同キャラ1期2期合わせ”も…。

 でも、アレルヤ(ピチTに対する同属嫌悪)でなくても、45才の“初老ラッセ”に対しては嫌悪感を抱くだろうなぁ。私自身、やる前から既に自己嫌悪満々だもん。
 同じようなレベルのオッサンレイヤーが集まって、1期トレミー合わせが出来たら良いのにな…。

 オッサンレイヤーを除けば、不特定で合わせをしてもらえそうなケースは、ロックオンのレイヤーさんかな? 私の(少ない)経験上、男性レイヤーさんは勿論、男装レイヤーさんもロックオンをやるだけあって、男っぽい感じの方が多かった。私のような“初老ラッセ”でも、平気な方がいるかも知れない。

ラッセ・アイオン(1期)のコスに関する、主に筋トレのメモ

ラッセ・アイオン(1期)のコスに関する、主に筋トレのメモ

 何枚もTシャツを購入した結果、どうにか加工無しで使えそうなものを入手することが出来た。とりあえず、Tシャツに関しては最低限のレベルを確保した。

 もちろん、不満はある。本当は、原作通りの小豆色のTシャツでコスしたい。その小豆色のTシャツも2枚買ったのだが、1枚は首周りの形状がイメージと違い、もう1枚は腰周りがピタッとしない。現時点で、形状とピタT感の両方を再現できているTシャツの色は、普通の赤なのだ。
 金と時間が無尽蔵にあれば、リフォームも含めて更に追求するところだが、貧乏サラリーマンにしてみれば、この辺で妥協せざるを得ない。ゴールデンウィーク空けにでも、もう一度だけ探してみるつもりだが、それでもダメだったら、今手元にある「形状とピタT感の両方を再現できている、赤色のTシャツ」を使う。

 ウィッグは、別のキャラの衣装とまとめて、業者に見積りを出す。
 フィット感のあるGパンは、体形変化を考慮して、6月に入ってから専門店で購入する。
 残る問題は、自分の体(筋肉)である。

 胸に関しては、1月の後半から週2回のペースで筋トレしており、反応もそこそこ良いので、このペースを維持する。
 BPは、3月に入って55.0kgでセットを組んでいる。
 過去、57.5kgで6レップ挙げていた記憶があるので、4月に入ったら57.5kgで仮セット(2セット目は6レップ挙がらなくても良し、その代わり重量を減らして3セット目に6レップ挙げる)を組む。
 5月はゴールデンウィークによる中断がある(ここでCrも一旦休止する)ので、明けから改めて57.5kgのセットに取り組む。
 6月に入ったら、60kgで仮セットを組む。
 これが、現時点で胸に関して考え得るベストである。

 ただし、この“ベスト”が実現したとしても、ラッセの再現には程遠い。
 現時点では、ピチTを着ることで大胸筋の外側側面付近の輪郭だけは出せるが、胸の中央部は厚みが薄いので、Tシャツが浮いてしまう有様である。この状況が、3ヶ月程度で変わるはずがない。BPの後にフライもやっているけれど、自分の体重でBPのセットを組むことすら出来ない段階で、胸の中央に十分な厚みが出る筈もないのだ。

 腕と肩の筋トレは、まだ週1回しかやれていないので、これを今週中にも2回ペースに持ち込まないといけない。腕に関する現在のメニューは長頭メインなので、週2にする場合もこれを繰り返すのか、2回目は短頭メインにするのか、少し迷うところだ。
 とりあえず、今週の土曜日に予定している2回目は、長頭メインを繰り返すことにする。それでも反応が悪かったり、筋肉痛が酷かったりしたら、短頭メインに変更する。

 フィット感のあるGパンを履く以上、脚の筋トレもやっておく必要がある。
 しかし、今月は腕の筋トレを週2回にすることで精一杯なので、脚の筋トレを始めるのは来月(4月)以降となる。昨年11月に立てた筋トレの計画では、4月の時点でスクワットのセットを37.5kgで組むことにしていたのに、この体たらくだ。何とも情けないが、4/3(土)に、

  ウォーミングアップ…シャフトのみ×12回
  1セット目…27.5kg×12回
  2セット目…32.5kg×12回

からスタートするしかない。ラッセのコスでは胸・肩・腕の上半身が重要で、臀部・脚は二の次である。3月は、「腕の筋トレを週2回」の実現と定着に集中することが得策なのだ。
 4/3(土)から6/26(土)の間、

月…胸・背・首・横腹
火…肩・腕
水…柔軟・腹
木…胸・背・首・横腹
金…肩・腕
土…脚・腹・柔軟
日…柔軟

のトレーニングを継続できたら、6/27(日)のガンダム00オンリーイベントでラッセを初出しすることの罪悪感も、少しは和らぐだろう。
 もちろん、私の体(筋肉)も、今より少しはマシになり、ほんの少しだけラッセに近付くことになる。頑張ろう。

2010年3月5日(金)いちおう日記

2010年3月5日(金)いちおう日記(21:49~22:20)

 昨日は日記をサボってしまったが、柔軟体操はキッチリやった。
 今日は、胸・背・首の筋トレを、予定通りこなした。
 問題は明日だ。明日、腕と肩の筋トレをやって、「胸・背・首を週2回、腕・肩を週2回」の、合わせて週4回体制へと移行しなければならない。何しろ、
「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと43日、あと43日しかないのだ!」

 このところ週末は、土曜日の15:00頃から眠り込んでしまって生活のリズムが崩れ、日曜になってもリセット出来ずにグダグダし続けるという悪いパターンを繰り返している。このパターンを破らなければ、休日の充実感を得ることが出来ない。

【土曜日の基本形】
6:00 起床
7:30~9:00 勉強、洗濯
9:00~10:00 TV鑑賞(録画&オンタイム)鑑賞
10:00~11:30 何か一つ記事up
11:30~12:10 昼食、歯磨き
12:10~14:10 ボクシング(録画)鑑賞
14:10~16:00 ボクシング記事up
16:00~17:00 間食、風呂
17:00~18:00 筋トレ(脚・腹)、ストレッチ(前と横のランジ)
18:00~19:00 夕食、歯磨き、片付け、炊飯セット、出汁セット
19:00~20:00 ガンダムDVD鑑賞
20:00~21:30 ガンダム記事up
21:30~22:30 柔軟体操
22:30~23:00 日記up
23:00 就寝

…であるが、明日は、

【3/6(土)】
6:00 起床
7:30~9:00 勉強、洗濯
9:00~10:00 TV(録画&オンタイム)鑑賞
10:00~11:30 しゅごキャラ記事up
11:30~12:10 昼食、歯磨き
12:10~14:00 ℃-uteDVD1本目
14:00~16:00 ℃-uteDVD2本目
16:00~17:00 間食、風呂
17:00~18:00 腕・肩の筋トレ
18:00~19:00 夕食、歯磨き、片付け、炊飯セット
19:00~20:00 コスプレ衣装見積りメール発信
20:00~21:00 4.30ボクシング世界戦記事up
21:00~22:00 アイアンキング記事up
22:00~23:00 日記up、ネットチェック
23:00 就寝

とする。【3/6(土)】のスケジュールは、既にプリントアウトしてモニターの右上に貼り付けてある。
 ℃-uteのDVDを観ているうちに眠くなってきたら、その時点で風呂に入って、筋トレへと移行する。
 明日の最大の課題は、腕・肩の筋トレなのだ。
 ラッセ(1期)のコスの件もあるし、「やるしかないんです!」(←昔のアニメキャラ風に)

全文を表示 »

2010年3月3日(水)いちおう日記

2010年3月3日(水)いちおう日記(22:38~23:14)

 昨日はボーっとしていて1.5合の米に2.0合分の水を入れて炊いてしまい、ものすごく柔らかいご飯になってしまった。全く歯応えがなくて余り美味しくなかったが、風邪で喉が痛いときにはちょうど良い(まろやかな喉越し)とも思えた。
 今日はちゃんと普通に炊けたが、米びつの方が底をつきかけている。明日、帰りに買ってこなければ。

「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと45日、あと45日しかないのだ!」
 今日は肩と腕の筋トレをやった。何とか、腕と肩を週2回やるペースに持ち込みたい。
 でも、明日は焦らず柔軟体操なのだ。

全文を表示 »

意外な人が『仮面ライダーW』を観ていたのでビックリ!

意外な人が『仮面ライダーW』を観ていたのでビックリ!

 映画『サロゲート』を観た後、時間調整のために東京交通会館の三省堂書店に入った時のことである。

 私が東京交通会館の三省堂書店でチェックするコーナーは順序も含めて大体決まっていて、スポーツ(立ち読みだけでなく買うことも多し)、写真集(稀に買うこと有り)、韓流、特撮・コスプレ。そして、買うと決めた本があれば、そこへ戻る。
 その日は特に買う本もなく、特撮誌やコスプレ誌をチェックした後まだ少しだけ時間があったので、同じコーナーにあった『スゴイぞ!海の生物』みたいなノリの本を何となく立ち読みしていた。

 事件は、そのとき起こった。

 青山テルマの髪の毛を真っ黄ィ黄ィにして一回り小柄にしたような感じの若い女性二人組が、私の隣のスペースにスルリと納まったのだ。
(何だ?! この派手なネーチャンたちは?)
 有楽町界隈を歩いていても、なかなか目にすることのないタイプのネーチャンたちである。(確か服も真っピンクだったと思う)
 また書店内の場所としても、反対側のコーナーはスポーツ誌(サッカーや格闘技など)のコーナーであり、周囲にいるのは男性ばかり。オタクっぽい女性であっても、気軽に立ち止まれるような場所ではない。増してやド派手な格好をした若いネーチャンが(以下略)。

 私は視線を『スゴイぞ!海の生物』みたいなノリの本に向けつつも、その実、全神経をこの派手なネーチャンたちの動向に集中せざるを得なかった。そのときの私にとっては、『スゴイぞ!海の生物』ではなく、『スゴイぞ!“街”の生物』という状況だったのだ。

 視界の端で、私から遠い方のネーチャンに動きがあり、私に近い方(要するにすぐ隣)のネーチャンが言葉を発した。
「とくさつにゅーたいぷ?」

 何ぃ?! 青山テルマの髪の毛を真っ黄ィ黄ィにして一回り小柄にしたような感じの若いネーチャンが、『特撮ニュータイプ』を手に取ったと言うのか?!
 まさか特撮ファン? いや有り得ん、何か別の雑誌と間違えたか、それとも単なる興味本位か?…

「あ、仮面ライダーアクセルが載ってるぅ~」
 耳をそばだてなくとも、半径1.5m以内に十分聞こえる声で、私から遠い方のネーチャンが言った。
 そして、しばしの沈黙。
 紙面を食い入るように見詰めるネーチャンのオーラが、すぐ隣のネーチャンの肩越しに、私の方まで伝わってくる。
「…終わらないの?」
 私のすぐ隣のネーチャンが、『特撮ニュータイプ』を手に取ったネーチャンに声をかける。
「終わらないよ?」
 素っ気ない返事だけして、視線は紙面から逸らしていない。そのことが、声を聞いただけで私にも分かった。

 こっ、このネーチャン、こんな所で『特撮ニュータイプ』をマジ読みしているぅぅ!(しかも相方を半ば放置)

 私のすぐ隣にいる派手なネーチャンは、高い確率で特撮ファンではない。相方の派手なネーチャンが『特撮ニュータイプ』をマジ読みし始めたことに、少し戸惑っている様子だ。おそらく、ちょっとチェックするだけだと思っていたのだろう。それでも、相方が開いている『特撮ニュータイプ』を覗き込み、
「あっ、この人カッコイイ!」
とか言っている。
 それに対して、『特撮ニュータイプ』を手にしている派手なネーチャンが
「こっちの人の方が、もっとカッコイイよ?」
と落ち着いた声で紹介すると、
「カッコイイ、カッコイイ!!」
と、ハイテンションでそれに食いついている。そこへ、
「でもね、この人、死んじゃったんだ…」
 冷静にコメントを寄せるか如く、『特撮ニュータイプ』を手にしている派手なネーチャンの声が続く。

 その一言で、ネーチャンたちが見ているページに載っているイケメンキャラが、霧彦だということが私にも分かった。
 同時に、『特撮ニュータイプ』をマジ読みしている派手なネーチャンは、少なくとも『W』に関してはガチで観ていることも。

 更に、ページを捲っているうちに『ゴセイジャー』の記事になったらしく、
「ゴセイジャー? 弱そう~」
という声まで聞こえてきた。

「カッコイイ」
ではなく、
「かわいい」
でもなく(件のネーチャンはゴセイジャーの俳優よりも年上っぽかった)、
「かわいくない」
でもなく、
「弱そう」
と言ったのだ。

 この発言の裏には「ヒーローはもっと強く見えるべき」という、ヒーローに対する基本的価値観があるように思える。
 この派手なネーチャンは、“ヒーロー云々はどうでも良くて、単にイケメン俳優目当てでキャアキャア騒いでいるミーハー”とは、どうも一線を画しているようだ…

 時計を見ると、立ち去るべき時刻となっていたので、私は手にしていた本を棚に戻してその場を離れた。
 もし、コートのポケットにガイアメモリが入っていたら、絶対に鳴らしながら背を向けていたと思う。ケータイが鳴ったようなフリをして、誤魔化しながら。

2010年3月2日(火)いちおう日記

2010年3月2日(火)いちおう日記(23:11~22:58)

 今日から、BPを55.0kgでやった。中3日完全に間が空いたこともあり、10回・6回をクリアできた。中2日だったり、前日に肩&腕をやった場合は、こうはいかないと思う。
 3月の終わりまでに、中2日でも12回・8回を常にクリアできるようにしたい。そして、4月は57.25kgへとステップアップしたい。

全文を表示 »

2010年3月1日(月)いちおう日記

2010年3月1日(月)いちおう日記(22:26~22:58)

 またしても土日はグダグダだった。土曜日は、昼食を摂って歯磨きを済ませたところまでは、まぁまぁだったのだが、そこまでだった。歯磨き終了後、しゅごキャラの記事を書く予定にしていたのに、ラッセのコス用Tシャツの調査を始めてしまった。
 約2時間ネットで調べ、一応その成果はあったのだが、それで眼が疲れてしまった。
 疲れた目で記事を書く気にはならず、DVDを観る気にもならない。「眼を休めるため」とりあえず横になって眼を瞑り、何か音楽を聴こうかと思っているうちに眠り込んでしまった。数時間眠った後、目が覚めたものの、そこからはもうグダグダ。

 土日に柔軟体操をやらなかったから、今日やった。土日にやっていれば、今日から筋トレが出来たのに。
 今度の金曜の夜は、土日のタイムテーブルを印刷して、PCのモニターには貼り付けておこう。

全文を表示 »

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。