2010-01

“メタルヒーロー放送期間” を、自分が何歳のときに体験しているかの早見表(2010年版)

“メタルヒーロー放送期間” を、自分が何歳のときに体験しているかの早見表(2010年版)

 この記事は、『“仮面ライダー放送休止期間” を、自分が何歳のときに体験しているかの早見表(2010年版)』 の続きである。

 前記事で「現在、ライダーを観ている子供を持つ親の世代は、“スカイ・スーパー1世代”である」と書いたが、その後に来るのは“ライダー空白世代”である。
 そして、“ライダー空白世代”は“メタルヒーロー世代”でもある。

メタルヒーロー放送期間早見表_2010_1

メタルヒーロー放送期間早見表_2010_2

メタルヒーロー放送期間早見表_2010_3

 このことから、平成ライダーシリーズは後3年ほどで終了させ、平成メタルヒーローシリーズに移行した方が良いと私は考えている。
 子供に玩具を買い与えるのは親である。その親が、子供の頃に仮面ライダーを観ておらず、メタルヒーローを観ていたのならば、親側の購買意欲をそそるのは当然ライダーよりもメタルヒーローである筈だ。

 平成ライダーは強化服装着タイプの変身であるパターンも多く、またビジュアル的にもメタルヒーローとの差は小さくなってはいる。しかし、そうは言っても、やはり作品のタイトルが『仮面ライダー○○』となっているのと、『宇宙刑事○○』になっているのとでは、印象が全く異なるに違いない。

 以上は、飽く迄も一般論である。
 ここで、特撮ファンとして見落としてはならないのは、“ライダー空白世代”が、必ずしも100%「リアルタイムでライダーを観ていない世代」ではないということだ。
 そのことに関しては、次の記事で少し触れてみたい。

 なお、左翔太郎を演じている桐山漣さんは、“BLACK・RX世代”であると同時に“メタルヒーロー世代”でもあるのだが、1985年生まれである彼は、宇宙刑事シリーズからは完全に外れている。
 『BLACK』や『RX』と同時期に放送されていた『ジライヤ』や『ジバン』は、メタルヒーローのマンネリ打破やライダーとの差別化のためだと思われるが、シリーズの中でも異色作の部類に入る。(『ジバン』に関しては、『ロボコップ』にメタルヒーローをパクられたので速攻でパクリ返したとも受け取れるが)

 桐山さんのなりたかったヒーローが、ジライヤやジバンではなく、仮面ライダーだったということに関しては、違和感を感じない。
スポンサーサイト

“仮面ライダー放送休止期間” を、自分が何歳のときに体験しているかの早見表(2010年版)

“仮面ライダー放送休止期間” を、自分が何歳のときに体験しているかの早見表(2010年版)

 『仮面ライダーW』で左翔太郎を演じている桐山漣さんが、「子供の頃、仮面ライダーになるのが夢だった」というような発言をされているのを何かで見かけて、
「リアルタイムで、アレを観ていたということかな?」
と思ったついでに、『“仮面ライダー放送休止期間” を、自分が何歳のときに体験しているかの早見表』の2010年版を作ってみた。

ライダー休止期間早見表_2010_1

ライダー休止期間早見表_2010_2

ライダー休止期間早見表_2010_3

 桐山さんは1985年生まれなので、確かに“BLACK・RX世代”である。
 彼が変身したかったのは、BLACKに近いカラーリングのジョーカーサイドなのか、RXに近いカラーリングのサイクロンサイドだったのか、ちょっと気になるところだ。

 現在、ライダーを観ている子供を持つ親の世代は、“スカイ・スーパー1世代”である。スカイライダーは緑が基本カラー、スーパー1は黒が基本カラー。Wのサイクロン・ジョーカーと一致しているのは、偶然であり必然なのだが、これもちょっと面白い。

 さて、“BLACK・RX世代”は、“ライダー空白世代”に挟まれた、狭間の世代でもある。
 そして、“BLACK・RX世代”は、“メタルヒーロー世代”でもある。
 そのことに関しては、次の記事で少し触れてみたい。

『晴海コスプレターミナル(2010年1月23日)』の感想

『晴海コスプレターミナル(2010年1月23日)』の感想

 ライブだったら完全防寒装備で行けるし、中腰になることもないし、大きな荷物を運ぶこともない。だから、真冬の屋外イベントに行っても大丈夫だ(実績あり)。
 しかし、コスプレイベントだと、そういうわけにはいかない。であるからして、11月中旬から3月中旬までは、原則としてコスプレの屋外イベントには参加しないつもりだった。
 しかし、今回はコスプレイベントでありながら、「完全防寒」・「荷物は軽め」・「短時間」という3条件が整っていた。即ち、

・普通のスーツ+コートという一般衣装のコスなので、着たままでの来場が可能。また、小道具も軽量。
・合わせには参加しない。撮りたい写真だけ撮ったら(撮って頂いたら)速攻で帰る。

というパターンである。
 事前に撮影の協力をお願いしていたこともあって、期待していた通りの結果を得ることが出来た。その結果は既に記事にまとめてある。(その記事は → こちら
 ちなみに、私のコスのフルショット版は、これ。『仮面ライダーW』のオリジナルキャラで、「仮面ライダースカル2号に変身する、謎の風都般市民」なのだ!

 懐から何やら取り出す、風都の一般市民。 【撮影:赤射 刑さん】
スカルメモリ取り出しフルショット

 「スカル!」 風都の一般市民が、何故スカルメモリを?! 【撮影:赤射 刑さん】
「スカル!」フルショット

 中折れハットは一般品だけど、コートはバンダイ公式のウインドスケールコート。ちなみに私はオッサンなので、コートをオッサン仕様に少しだけリフォームしてある。どこを変えたか、お分かりかな?
ウインドスケールコート
 お隣は、刃野刑事に扮する、赤射 刑さん 【撮影:ダディASさん】。
 それにしても、赤射さんの、刃野刑事の成り切りっぷりはお見事。

 ここからは、Wコスとは関係のない話。
 1日で最も暖かい時間帯を狙って会場入りするつもりで、13時頃にマリオン前のバス停に着けばイイやと思って行動したら、晴海埠頭行きバスを目前で逃した。約20分間、お天道様の下でバスを待っていたら、背中に汗が滲んでくるのを感じた。
 教訓。ベストを着込むと、想像以上に暖かい。場合によっては、暑い。
 13時過ぎの陽気は狙っていたことだが、背中に汗をかくのは想定外だった。汗をかいたことで風邪をひくんじゃないかと思って焦った。

 あと、晴海に行くのは今回が2回目、前回から約10ヶ月振りだったこともあり、バス停に着いてから、
「そういえば、終点まで行けばいいんだっけ? それとも途中で降りるんだっけ?」
と不安になってきた。前回は、バス停に“晴海行きレイヤーだと一目瞭然の人々”がいたので、
「あ、この人達に着いて行けばイイや」
と他人任せで動いていたので、記憶が曖昧なのだ。
 これだから、方向音痴はダメなんだよな~。何となく他人に着いて行くだけで、道順とかを自分で覚えようとしない。
 今回は既に13時を過ぎているので、レイヤーらしい人はバス停にはいない。無事会場に辿り着けるか、怪しい雲行きになってきた。空は青空、でも心は曇り。

 実際には、バスに乗ったら、既に“晴海行きレイヤーだと一目瞭然の人々”が奥のほうに固まって乗り込んでいたので、迷子にならずに済んだ。
 もっとも、終点に着いたとき、バスから降りるのは私が先なので、
「降りた後、どっちに向かえばいいんだろう?」
ということで悩むことになった。一人だけ明後日の方向に歩き出して、後で回れ右して後を追う格好になるのは、やっぱりカッコ悪いから。

 そんなことを考えながらバスを降りたものだから、ちょっと歩いたところで段差に引っ掛かってコケそうになり、危うく足を挫くところだった。浮き足立つとは、まさにこのこと。
 いや~、本当に危なかったわ。

 会場で予定していた撮影を済ませた後、会場をグルッと回って見たが、ハッキリと分かるコスは、ガンダム00の2期制服くらいのものだった。冬としては気温は高目だったものの、防寒着なしでの2期制服は、かなり寒そうに見えた。
 それでも、ガンダム00のコスを見ると嬉しくなる。私も、4月中旬から6月上旬までの間に、ボレロを着てみようかなと思った。

将来やりたいコスプレ 2010年以降

将来やりたいコスプレ 2010年以降

(1)カーディアス・ビスト
 2010年3月に発注し、6月からやりたい。このコスは、「あと15年は戦える」コス。
 イアン・ヴァスティと並んで、今後10年間、私の定番コス…に、なったらいいな。

(2)ブラックピューマ(ブラック専務)
 2010年6月に発注し、9月~10月にやりたい。自分の中では、「顔出し変身コス」という位置付け。
 出来れば、50才になるまでは、毎年9月~10月にやりたい。

(3)霧島五郎
 スカパーでの『アイアンキング』放送を記念して、2010年中にコスしてみたい。
 原作を忠実に再現するのではなく、2010年バージョンと称して、自分流のデザインにする。
 また、登山ならぬ探鳥の実用に耐え得るものにする。

(4)放送中の戦隊モノのオッサンキャラ
 2009年も候補に挙げたが、やりたいと思うキャラが現れなかった。果たして2010年の新戦隊は…?

(5)放送中のライダーのオッサンキャラ
 現在放送中の『W』に関しては、オリジナルのオッサンキャラをコス中。
 ガンバライドの展開状態から考えると、2010年9月開始の新番組もライダーだと予想される。公式キャラにオッサンキャラがいれば、コスを検討する。

(6)ブライト・ノア
 2011年4月頃にやりたい。ブライトは宇宙世紀0079に19才だったから、宇宙世紀0096では36才。2011年の私よりも10才若い。宇宙世紀の新作が『ガンダムUC』止まりだと、私がブライトをコスできるのも、あと3~4年か?

(7)ダークシュトルム(ダーク専務)
 2011年9月~10月にやりたい。ブラック専務同様、「顔出し変身コス」という位置付け。
 腹出しコスではないので、出来ればカーディアス・ビスト同様、60才になるまでやり続けたい。

(8)『ガンダムSEED』のオッサンキャラ
 DVD-BOXを購入したら、毎週日曜に2話ずつ観る予定。コスしたいと思うオッサンキャラがいたらやる。

(9)KSSの隊員
 霧島五郎に続く、「懐かしの特撮コス」シリーズ?の第二弾。2011年を予定。
 特に誰のコスというわけではなく、作品と衣装デザインが気に入っているからやる。“キャラクター愛”ではなく“作品愛”によるコス。

(10)ベリキュー衣装の男性版アレンジバージョン
 手持ちの衣装+αで出来るものがあったら、やってみたい。℃-uteを卒業した、えりか(梅さん)に捧げるコスとか。

(11)アプトム(人間体)
 『強殖装甲ガイバー』のキャラの中では一番好きなキャラ。特殊タイプだし、悪の組織を裏切っているし、年齢不詳のオッサンキャラだし。40代のうちに一度コスしておきたいキャラ。

(12)マ・クベ
 ブライト同様、年齢の問題があるので出来るだけ早期にやった方が良いのだけれど、いかんせんメイクのハードルが高い。容姿が似ているので、メイクをガッツリやればキャラの再現性を高く出来る自信はあるのだが、そこまでしてやろうという気が起こらない。
 マ・クベというキャラ自体は、容姿だけではなく性格的にもどこか自分に似ていて「嫌いになれないキャラ」。誰かに「メイクの面倒は全てこちらがみるから」と言われればやるのだが、そんな奇特な話などないだろう。でも、どこか「諦めきれないキャラ」なのだ。

(13)ブルース・リー(トラックスーツ)
 体脂肪率が現状のままで、体重が63kg台に突入したら、自分へのご褒美として衣装をオーダーメイドする。

(14)擬人化モビルスーツ
 オーダーメイドしたらかなりの額になるだろうし、イベントに出すとしても持ち運びも大変。
 会社を定年退職した後、コツコツと自作して、自宅コスするというのが現実的か。定年後の夢として、忘れないようにしたい。

(15)仮面ライダーアマゾン(変身後オリジナルバージョン)
 自分にとっては、コスに関する究極の夢。
 体脂肪率が現状のままで、体重が安定して67kg台を維持できるようになったら、自分へのご褒美として予算50万円ぐらいでオーダーメイドしたい。

2010年1月29日(金)いちおう日記

2010年1月29日(金)いちおう日記(22:33~23:04)

 朝、キウイが少し柔らかくなっていたので、真っ二つに切って食べてみたら、食べるにはまだ少し固かった。手指の感覚と口や舌の感覚にはズレがあることを実感。

 今日から花粉症の薬を飲み始めた。夕食後に1回1錠のみ。3月、4月は屋外イベントに参加する可能性もあるので、何とかこれで症状を抑えたい。

 今日は筋トレのモチベーションが上がらず、開始が30分遅れた。こういうとき、独り身は苦労する。見合いでも何でもして、結婚しておけば良かったなと思う。
 ダイエット(減量)している人も、独り身だとこの季節はモチベーションが上がらないだろうな。夏場と違って、自分の裸をチェックする機会がほとんどないから。

全文を表示 »

2010年1月28日(木)いちおう日記

2010年1月28日(木)いちおう日記(21:54~22:43)

 今日は、16:00の間食用のあんパンのストックが底をついていたため、社食の売店でパンを買い求めた。そこに残されていたパンは1個、第一パンの「スイートポテト蒸し」のみ。
 予定通り16:00に食べた。美味かった。しかし、カロリーは424kcal、脂質は22.8gで、共に多い。特に脂質は、あんパンが5g程度なので、実に4倍以上。

 以前、メタボ対策用の万歩計を着けていた時期があるので分かるが、脂肪22.8gを燃焼させるには、かなり歩かなければならない。
 「スイートポテト蒸し」は確かに美味しいけれど、毎日のように食べていたら、腹に必要以上の脂肪が付いてしまうことは必至。明日からは、あんパンに戻ろう。

全文を表示 »

2010年1月27日(水)いちおう日記

2010年1月27日(水)いちおう日記(20:32~23:00)

 筋肉における負のスパイラルとは…。
「傷める→傷めたからトレーニング休止→衰える→衰えているので傷める」
 傷めたところが直ったと思ったら、すぐにトレーニングを再開しないといけない。右大臀筋の痛みが、かなり薄らいできている。まずはシャフトだけで良いので、スクワットを再開しよう。

 今日の筋トレは、イイ感じで出来た。明日は買い物をさっさと済ませて(病院が開いていたら、花粉症の薬を貰ってくる)、柔軟を60分程度やりたい。

 自転車のライトの電池を交換をした。日は長くなってきているけれど、油断は禁物。早めの点灯を心がけよう。


全文を表示 »

コスプレ写真の撮り忘れ防止メモ

コスプレ写真の撮り忘れ防止メモ

1.前提
 飽く迄も「コスプレ写真」であるので、「顔だけのアップショット」は原則として撮る必要がない。衣装が写らないからである。
 ただし、着ぐるみコスの場合は全面的に例外。また、宇宙世紀のガンダムキャラは襟に階級章が付いている場合があるので、「首から上のアップショット」を撮る意義はある。


2.理想的な撮り方(合わせのときなど、時間がある場合)…合計10枚程度
 フルショットからバストショットへ、徐々に被写体に近付きながら撮る。逆のパターンだと、後退することになるので危険。失敗に備えて、各2枚撮る。

(1)フルショット…計4枚
  a) 普通に2枚
  b) アオリで2枚(頭が小さく、脚が長く見える)
 ※この計4枚のうち、少なくとも1枚はマトモに撮れているだろう…と期待
(2)ウエストショット…2枚
(3)バストショット…2枚
(4)その他…2枚程度(後姿、見返り等。着ぐるみの場合はアップショット)
(5)ネタ写…ネタがあれば撮る。

 上記撮影終了後、被写体レイヤーと一緒に画像を確認し、2枚とも失敗している構図に関しては撮り直す。


3.通常の撮り方(合わせではなく、その場で頼む場合)…合計4枚
 フルショットからウエストショットの順に撮る。逆のパターンだと、後退することになるので危険。失敗に備えて、各2枚撮る。

(1)フルショット…2枚(普通のアングル)
(2)ウエストショット…2枚(普通のアングル)

 上記撮影終了後、被写体レイヤーと一緒に画像を確認し、2枚とも失敗している構図に関しては撮り直す。

2010年1月26日(火)いちおう日記

2010年1月26日(火)いちおう日記(21:55~22:23)

 関東では2月中旬から花粉が飛び始めるとのこと。飛び始める2週間前から薬を服用するべきなので、今週中に病院へ行って薬を貰ってこなければ。今日行こうかなとも思ったのだが、筋トレを優先した。

 今日からBPを52.5kgにした。8回6回というギリギリの回数しか挙げられないので、3セット目を47.5kgにして7回。1セット目に52.5kgを11回安定して挙げられるようになるまでは、52.5kgに留まる。

 昨日は電灯を点けっ放しで寝てしまった。今日はちゃんと消して寝よう。

全文を表示 »

2010年1月25日(月)いちおう日記

2010年1月25日(月)いちおう日記(22:05~22:29)

 金曜日に柔軟をやって、土・日は筋トレを休んでいるのだが、今日は朝から腰の筋肉が強張っていた。悪い意味での張りである。よって、今日は筋トレを休んで柔軟を1時間やった。そこそこ筋を伸ばすことが出来たので、火・水は筋トレをしても大丈夫だと思う。

 SOULから、『BoA LIVE TOUR 2010 ~IDENTITY~』追加公演ファンクラブ先行抽選予約のお知らせが届いた。東京国際フォーラム ホールAは良い会場なのだけど、既にチケットを入手済みの大宮と同じで、平日開催なんだよな。4月は、BoAの大宮以外にも、3つコンサートに行くことになっているし。
 そして、その一つが、しょこたんの三郷。只今、アーカイブで回答受付中なので、宜しくお願いします…。

全文を表示 »

『晴海コスプレターミナル(2010年1月23日)』「刃野刑事は宇宙刑事だった?」編

『晴海コスプレターミナル(2010年1月23日)』
「刃野刑事は宇宙刑事だった?」編

 この記事は、『晴海コスプレターミナル(2010年1月23日)』「風都の一般市民が、実は仮面ライダースカル2号だった」編 の続きです。

 私は特撮ファンですが、変身前の特撮キャラのコスに対しては、“少数の例外”を除くとピンと来ません(その詳しい理由は → こちら)。そして、晴海コスプレターミナルの仮面ライダーW大型合わせに参加されていた「赤射 刑さんの刃野刑事コス」は、“少数の例外”でした。

 その理由は、前記事のように「自分と合わせをしてもらえる」ということが一つ。もう一つは「特撮ポーズを決めることが出来るレイヤー」という点です。
 赤射さんとは全く面識がなかったのですが、コスプレSNSのプロフィール画像がポーズをビシッと決めたものであったため、写真を撮らせてもらいたいと思ったのです。

 また、ある程度の年齢に達した特撮レイヤーが、特撮の固有名詞を安易に自分のコスネームに用いるとは思えません。そこには相応の想い入れがある筈です。
 そこで今回、「赤射 刑さんが刃野刑事のコスをしている」ことに合わせて、「刃野刑事は宇宙刑事だった?」というテーマでネタ写の類を事前にお願いしたところ、快諾して頂けたので、当日撮影の運びとなりました。

 それでは、撮らせてもらった画像を紹介します。画像には、トリミングと縮小以外の加工は一切施していません。なお、赤射さんに画像をお渡しする目的のため、画像のサイズはFC2ブログの上限値である500KB近くにしてあります。

 “刃野刑事が「赤射!」ポーズその1(初期動作)”というリクエストで撮らせてもらったもの
刃野刑事が「赤射!」_1
 劇中の構図のイメージで撮ったのですが、撮影時の私は仕事用のスーツを着ていたために、膝を地面に付けることが出来ず、ちょっと中途半端なアングルになってしまいました。

 別のアングルでもう1枚
刃野刑事が「赤射!」_1b
 ローアングルでないのが残念ですが、このアングルでもポーズがビシッと決まっていることは十分に伝わると思います。妙な表現になりますが、「素人には出来ない」でしょ、こういう決め方は。ビシッと決まっているのに無駄な力みが全くないのが素晴らしいと思います。

 “刃野刑事が「赤射!」ポーズその1(途中動作)”というリクエストで撮らせてもらったもの
刃野刑事が「赤射!」_2
 これも私がカメラアングルを失敗しているのが残念です。伸ばしている左足の爪先部分を基点にして、もっとローアングルで撮るべきでした。もちろん私もある程度姿勢を低くして撮っているのですが、前述のようにスーツを着ているため上手くいきませんでした。
 また、赤射さんがキチンと刃野刑事の顔を作っているのに、刃野刑事のトレードマークである肩こり棒がほとんど写っていないのも私のミスです。

 “刃野刑事が「赤射!」ポーズその1(完了動作)”というリクエストで撮らせてもらったもの
刃野刑事が「赤射!」_3
 これは特にローアングルである必要がないと思うので、無難に撮れたかと思います。
 実際の劇中でも、「仮面ライダーに憧れた刃野刑事が、自分もそれっぽいポーズを取ってみる」というシーンがあったら面白いのでは。

 “懐からクライムバスターならぬスカルマグナムを取り出す刃野刑事”というリクエストで撮らせてもらったもの
刃野刑事がクライムバスター?_1
 これは今回の私の撮ったベストショットです。レフ板要らずの太陽光にも助けられました。
 もちろん、赤射さんの安定したポージングがあってのことですが。
 シャリバンは、都会の似合うヒーローでした。晴海会場は都会的な背景に恵まれているので、シャリバンコスには向いていると思います。

 “クライムバスター風にスカルマグナムを撃つ刃野刑事”というリクエストで撮らせてもらったもの
刃野刑事がクライムバスター?_2
 私はリアルタイムで宇宙刑事を観ていましたが、正直言って「クライムバスターとビデオビームガンの構えの違い」は分かりません。それでも、このポーズが特撮ヒーロー的な所作に基づいていることは感じ取れます。

 “スカルマグナムの銃口から立ち昇る煙をフッと吹く刃野刑事”というリクエストで撮らせてもらったもの
刃野刑事がクライムバスター?_3
 これは、刃野刑事としての側面を出したもの。

 最後は、“懐からクライムバスターならぬスカルマグナムを取り出す刃野刑事”を、もう1枚。
刃野刑事がクライムバスター?_1b

 赤射さん、ご協力どうもありがとうございました!

『晴海コスプレターミナル(2010年1月23日)』「風都の一般市民が、実は仮面ライダースカル2号だった」編

『晴海コスプレターミナル(2010年1月23日)』
「風都の一般市民が、実は仮面ライダースカル2号だった」編


 『晴海コスプレターミナル(2010年1月23日)』に参加し、そこでネヲさんが主催された仮面ライダーW大型合わせに、ちょこっとだけお邪魔させてもらいました。
 具体的には、刃野刑事のコスをされていた赤射 刑さんと、サンタちゃんのコスをされていたダディASさんにご協力頂き、写真を撮らせてもらったり、撮って頂いたりしました。ネヲさん、赤射さん、ダディASさん、本当にどうもありがとうございました。

 その画像を、早速ご紹介しましょう。まずは、「風都の一般市民が、実は仮面ライダースカル2号だった」編です。(発案は私)
 なお、画像には、トリミングと縮小以外の加工は一切施していません。

 風都の一般市民(私)を呼び止める、刃野刑事(赤射 刑さん)。「ちょっとすいません…」
 【撮影 by ダディASさん】
風都の一般市民を呼び止める刃野刑事
 赤射さんの成り切りっぷりが素晴らしいです。私の衣装のうち、コート、ネクタイ、ベスト(見えてないけれど着てます)は、バンダイ製のいわゆる公式商品です。ちなみにコートは、少しリフォームしてあります。

 「警察の者ですが、ちょっとお話を…」【撮影 by ダディASさん】
警察の者ですが、ちょっとお話を…
 赤射さんが、腰の低い刃野刑事を見事に再現されています。ちなみに、赤射さんが手にしている手帳は私が用意したもの。

 聞き込みを進める刃野刑事【撮影 by ダディASさん】
聞き込みを進める刃野刑事
 撮影して下さったダディASさんの腕前は、かなりのものだと思います。ダディASさんは、1場面につき構図を変えて何枚か撮って下さったのですが、失敗が1枚もありませんでした。いえ、「失敗がない」と言うよりも、どの構図も使いたくなる絵になっていて「どの構図を使おうか」と迷うことしきりだと言うべきでしょう。

 「ええ、その怪しい男なら、あっちの方で見かけましたよ」【撮影 by ダディASさん】
それなら、あっちの方で…
 別に事前に芝居の打ち合わせをしたわけではなく(撮影内容そのものは事前にお願いして了解を頂いた)二人とも、その場その瞬間にパッと動きを決めているのですが、こんな面白い絵になりました。赤射さんが、私の動きに上手くあわせて下さったのだと思います。

 「ご協力、どうも!」聞き込みを終え、一般市民の前から立ち去る刃野刑事
【撮影 by ダディASさん】
ご協力、どうも!
 劇中の1シーンみたいで、イイ感じです。

 「警察が動き出したか…それなら、こっちも…」【撮影 by赤射 刑さん】
警察が動き出したのなら、こっちも…
 ここからは、赤射さんに撮影をお願いしています。
 スカルメモリの取り出し方は、赤射さんの“演技指導”に従っています。そのお陰で、スカルメモリがバッチリ写っています。感謝!

 「スカル!」【撮影 by赤射 刑さん】
スカル!(2号)
 怪しさ全開で、「スカル!」。
 このポーズは、以前自宅コスでタイマー自画撮りしているのですが、イベントで撮って頂くのは初めて。感無量です。

 私が被写体となった撮影はここまで。次の記事では、「刃野刑事は宇宙刑事だった?」編をお届けします。

2010年1月22日(金)いちおう日記

2010年1月22日(金)いちおう日記(22:39~23:03)

 コートのリフォームが予定通り出来上がっていてホッとした。期待通りの仕上がりで満足。
 風呂から出てすぐ柔軟をやるつもりだったのだが、眉毛を抜くタイミングは風呂上りがベストという話を思い出して、眉毛を整えることに。オリジナルキャラではあるけれど、一応やっておいた。それにしても、若い頃は眉毛なんか全然気にしなかったのに、コスのためとは言え、40過ぎて気にするようになるとは…。
 柔軟は、相変わらず床上20cmの気温が低いので、寒さを感じながら行った。電気カーペットが欲しいなぁ。

全文を表示 »

2010年1月21日(木)いちおう日記

2010年1月21日(木)いちおう日記(22:20~22:58)

 昨日は食材の賞味期限上、晩飯6食分を調理する必要があった(といっても鶏肉240g×3パック分を煮るだけ)。
 だから、風呂から出たらすぐにその日の晩飯(シーチキン缶詰)を摂り、歯磨きと食器洗いを済ませて調理に取り掛かった。本当にただ煮るだけなので大したことはないのだが、煮物が終わってから米を砥いで炊飯器にセットしたら、そこで気力が尽きてしまった。
 つまり、柔軟体操をやらないでバタンキュー的に寝てしまった。

 今日は予定通り筋トレをやったが、明日こそは柔軟体操をやらないと本当に腰が危ない。
 土曜日のイベントの準備もあるが、とにかく柔軟体操を先に済ませてからにすること。
 あ、そうそう、そろそろ花粉症の薬の準備をしないといかんわ。

全文を表示 »

2010年1月19日(火)いちおう日記

2010年1月19日(火)いちおう日記(22:35~23:08)

 昨日、米びつがほぼ空になったので、米を5kg買ってきて補充した。この5kgを食べ尽くすのに、何日かかるのか? 日記を付け続けていれば分かる。

 今日、腕と肩と首の筋トレをしたら、腰が張って限界に近くなった。明日は筋トレを休んでみっちりと柔軟をやろう。明後日=木曜日は、腰の状態を戻して、胸と背をやるのだ。

 23日(土)に晴海へ行くとしても、寒さから腰痛が悪化しないか不安なので、対策として背中と腰と尻にカイロを貼ろうと思う。全く手持ちがないので、金曜日、リフォーム屋に行く前に、ドラッグストアに寄って買っておこう。もちろん、その時点での天気予報の内容に拠るのだが。

全文を表示 »

『シルバー仮面』を、ちょこっとだけ観たのだが

『シルバー仮面』を、ちょこっとだけ観たのだが


 スカパーで『アイアンキング』が放送されることを知り、いろいろと準備を進めている過程で、その前番組になっている『シルバー仮面』を、ラスト3話だけ観ることが出来た。

 『シルバー仮面』は、本放送か再放送か定かではないが、ほぼリアルタイムで観た記憶がある。主題歌は大体覚えている。しかし、映像としてハッキリと覚えているのは、

【シルバー仮面が、敵にシルバージャックの連発を喰らわしても効果がなく、それを見たシルバー仮面の仲間が「シルバージャックが効かない!」と叫ぶ。】

というシーンだけ。シルバー仮面の変身シーンすら、覚えていなかった。

 ちなみに、シルバージャックというのは、シルバー仮面の甲冑状の額の部分(トサカのような部分)から伸びる(射出はされない)短剣状の突き刺し武器である。(頭部に固定された武装であり、アイスラッガーの様に取り外して使用することは出来ない)
 普段は頭部に格納されている短剣が、使うときに外に出るだけ(しつこいようだが、伸びるだけで射出はされない)なので、その射程距離は非常に短い。シルバー仮面の身長が180cmだとした場合、30cm程度である。要するに、相手とがっぷり組み合っている時にしか相手に突き刺せない。
 また、その見た目においても、光線のような派手さがない。

 子供心にも地味で不便な武器だと思っていたが、その一方で、手持ちの短剣のように落としたりして失う心配がないという利点があることは理解できた。もちろん、自分の両手がふさがっている状態でも使える武器だということも。
 むしろ、相手と組み合い、相手の両腕を自分の両手で封じた状態、即ち相手を防御不能の状態にしておいて使うことに限定した技だと思えば、これ程確実な技もない。文字通り必中の技である。
 …おっと、子供の頃は、流石にここまでは考えていなかったか。

 今になって思えば、シルバージャックという“突き刺し技”は、シルバー仮面のデザインがフェンシングをモチーフにしているらしいことと関係があったのかも知れない。
 いずれにせよ、私にとっては「シルバー仮面と言えばシルバージャック」と言うくらい、印象的な技だった。実際、作品中(ジャイアントになってから?)でも使用された回数は多かったと思う。

 しかし、今回三十数年振りにラスト3話を観返しただけで、とんでもない技に出くわしてしまった。
 何と、ラスト1話前に、「ポリバケツの尻にドリルを付けたようなもの」をシルバー仮面が頭から被り(あれは実際にポリバケツそのものだと思う)、そのまま走って敵に突っ込むという攻撃を見せたのだ。
 ドリルは良いとして、何故ポリバケツなのだ?!
 シルバー仮面、恐るべし…。

 最終話も「輪投げ」(ウルトラで観られるような、光線の輪ではなく、普通の金属製の輪)で勝負を決めてしまった。しかも、その輪をどうやって出現させたのか、ちゃんと分かるような描写がないのだ。
 シルバージャック以外の武器は、ベルトのバックルから取り出していたような気がするのだが、私の記憶違いなのだろうか。

 『シルバー仮面』は、戦う仮面。
 そして、その戦いっぷりは、私の記憶していたよりも、遥にトンデモないものだったようだ。
 大体、なんで変身のときの掛け声があんなに甲高いの?
 機会があれば、全話観返してみたいものだ。
 ストーリーに関しても、最終話の急展開っぷりには度肝を抜かれたし…
 あ、いや、DVDを買って観ようとまでは思わないんだけどね。

2010年1月18日(月)いちおう日記

2010年1月18日(月)いちおう日記(22:39~22:59)

 今日は、12:30頃から15:00頃までは比較的暖かかった。こういう天候での2時間30分なら、屋外のイベントでもギックリ腰にならずに済むと思う。土曜日がもしそうだったら、イベント参加か映画のハシゴをしたい。コートのリフォームが22日に出来上がるので、それを着て出かけるのだ。

 今日、米びつがほぼ底をついた。明日の帰りにドラッグストアで買ってこよう。
 そうそう、シーチキンの缶詰もちょくちょく消費しているから、これも補充せねば。

 BPは50.0kgでセットを組めたけど、次回52.5kgに上げるのは少し不安。もう一度50.0kgでやろう。

全文を表示 »

『仮面ライダーW』メモ(その2)

『仮面ライダーW』メモ(その2)

 第17話、第18話が収録されたDVDを買うこと。第18話が感動的だったから。(霧彦が、今まで風都で破壊活動を行っていたドーパントを見逃していたことに関する疑問は残るが)

 自分の最期を悟った霧彦が冴子を呼び出したのは、「冴子の愛を確かめたかった」のではなく、「冴子にも裏切られていることを確かめたかった」からなのだろう。そしてそれ以上に、霧彦は最期に風都の風になりたかったのだろう。

 風都を愛し、風都の風になった霧彦。
 彼と入れ替わる形で、風都とそこに吹く風を嫌う新キャラクターが登場するという流れは面白い。

 また、今回の交替劇にはイケメンキャラクターのインフレを抑えるという効果もある。
 と言うことは、次のナスカが現れたとき、アクセルは入れ替わりに退場するのだろうか? ナスカがライダーマン的なキャラクターだっただけに、その可能性を感じる。

 仮面ライダーとバイクはセットであることが基本だが、バイクをモチーフにした仮面ライダーというのは前例がない。アクセルのデザインは好みではないが、この発想自体は捨てたものではない。

 それにしても、ライダーがまだ2クール目にも入っていないのに、戦隊がもうすぐ終わりそうだという状況には違和感を感じる。しかし、子供にしてみればライダーと戦隊がほぼ同時期に終わってほぼ同時期に始まるのは、大人にとって盆と正月が同時に来るようなものである。
 楽しいことは、一年に一度まとめて来るよりも、時期をずらして年2回来る方が良いのだ。

「捏造キャラなり」=「星名一臣(専務)とヨルとのキャラなり」をコスしてみた!(その3)

「捏造キャラなり」=「星名一臣(専務)とヨルとのキャラなり」をコスしてみた!(その3)

 この記事は、『「捏造キャラなり」=「星名一臣(専務)とヨルとのキャラなり」をコスしてみた!(その2)』の続きである。

 ブラックピューマは、星名一臣とヨルとのキャラなり。通称ブラック専務。
 イクト達が新たな“敵”に捕らえられ、唯一ヨルだけが難を逃れた。古巣とも言えるイースターに助けを求めるヨルだが、しゅごキャラであるヨルを認識することが出来たのは、元専務の一臣ただ一人。
 絶体絶命の危機に陥ったイクト達を救い出すには、ヨルと一臣がキャラなりするしかない!
「頼むにゃあ!!」
 ヨルの意思を、一臣は贖罪の決意を以って受け入れた。錆付いた心の錠が、今解き放たれる!

ブラック専務アップショット_4a

 この↑写真、自分撮りとしては最高の出来なんだけど、一臣(元専務)コスとしては、似てないんだよなぁ~。だから、SNSにはupしてないのだ。
一方、こっち↓は、ある程度似ていると思うからupしてある。

ブラック専務アップショット_3

 どちらも実際の私(撮影時44才)よりも若く見えるのは、自分撮りであるため手ブレでピントが甘くなっているからである。ブレたりピントが甘くなっている分、細かいシワが飛んで(消えて)しまっているのだ。
 裏を返せば、自分を若く撮りたかったら、意図的に少しブレさせたりピントを甘くして撮れば良いということになる。まぁ、普通に撮ってもフォトソフトで同様の処理は出来るんでしょうけど。
 ついでに、ピンボケ写真をもう一枚。

ブラック専務パワーポーズ_2

 これ↑なんかは、もう明らかにピンボケ。これもSNSにはupしていない。でも、自分のポーズの中ではベストだし、アングルとしてもベストだと思う。
 このポーズを、この角度でパッと決めることが出来るように、練習しておく必要がある。

 これ↓もピンボケなんだけど、偶然にもホンワカして、イイ感じになっている1枚。

ブラック専務とヨル_1

 ピンボケのため、ヨルが全く判別不能になっちゃってるのが残念。
 もっとも、ピンボケしてなくても、ヨルと判別できなかったりするんだけど…

ブラック専務とヨル_2

 もう少し大きいヨルの人形が欲しいな~。
 肩に載せて歩きたいよ~。
(でも、キャラなりしているときにヨルが実体化しているのは、おかしいんだよね…)

 上のピンボケしていない方の写真は、何故か腰がクビれて見えて、まるで女性みたい。自分で言うのもなんだけど、44才のオッサンの腰には見えんぞ。
 去年の9月に撮った写真だからもう覚えていないけれど、この角度で床が写り込んでいるということは、立て膝を付いているんだろうな。クビれて見えるのは、そのせいかも知れない。

 次は、“ダークヒーロー”をテーマにした写真。

ブラック専務は闇のヒーロー_3

ブラック専務は闇のヒーロー

 ポーズの良し悪しから1枚目の画像をSNSにupしたけれど、スラッシュクロウの写り方は2枚目の画像の方が良かったりする。

 これ↓は、ズボンがまるで革で出来ているかのように見える1枚。

ブラック専スラッシュクロウ_1

 実際には、この通り普通の布製のズボンなのだ。

ブラック専務パワーポーズ_3

 今年の9月、このブラック“元”専務コスを、衣装を一新したうえで再びやろうと思っている。この記事の写真は全て去年の9月に撮ったものなので、丸1年後の再挑戦ということになる。
 1年歳を取ったことが、果たして凶と出るか吉と出るか?
 吉と出るようにするには、日々精進するしかないんだよな、うん。頑張ろう。

ブラック専務招き猫ポーズ

2010年1月15日(金)いちおう日記

2010年1月15日(金)いちおう日記(23:28~23:54)

 今年に入って、初めてトランクス一丁で姿見の前に立った。
「ほ、細ッ」
 2kg足りないだけなのに…、いや、2kg違えば、約1階級違う。細く見えて当然だ。
 3ヶ月かけて、まず1kg戻そう。つまり、4月14日に61kg。
 そしてまた3ヶ月かけて、更に1kg戻そう。つまり、7月14日に62kg。

 コスプレの計画を立てておいて良かった。そうしていなかったら、今日は筋トレサボってた。
 こうなると、俺は60歳になるまでコスプレを続けるしかないな。筋トレのモチベーションを維持するために。

「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと92日、あと92日しかないのだ!」

全文を表示 »

2010年1月14日(木)いちおう日記

2010年1月14日(木)いちおう日記(22:34~23:19)

 今夜は冷え込んでいる。室温は、少し前まで17℃台だった。
 しかも、畳の上20cmくらいまで、冷たい空気の層が出来ている。厚み4cmのマットの上で柔軟をやっていると、どんどん体が冷えていく。これでは、なかなか腰が曲がらない。背中の筋が伸びない。一応やることはやったのだが、効果は今ひとつ。

 1月半ばから2月半ばまでが、一番寒いと思う。つまり、これからの1ヶ月がヤマだ。この期間を故障なしで過ごせば、春までに体をある程度仕上げられる。

「ノースリーブ衣装の自宅コスまであと93日、あと93日しかないのだ!」

全文を表示 »

2010年1月13日(水)いちおう日記

2010年1月13日(水)いちおう日記(22:51~23:32)

 朝はArcの質問箱の返答を読ませて貰ってベストアンサーを選んだ。返答して下さった56人の方々に感謝。
 定時後は自転車の修理とクリーニングの受け取りで時間を使ったため、筋トレは背中のみ。うーん、予定通りに行かないなぁ。
 明日は柔軟体操をキッチリやる必要があるので、筋トレはお休み。明後日(金曜日)は腕と肩の筋トレをやる予定。
 今日、超久し振りに体重計に載ったら、体重が60kgを割り込んでいたのはショック。脚の筋量が落ちているんだろうな。早めにスクワットを再開せねば。

全文を表示 »

2010年1月12日(火)いちおう日記

2010年1月12日(火)いちおう日記(22:57~23:28)

 Arcのチェックやメール出しで時間を使ったので、晩飯前の筋トレは胸だけにした。
 BPは3週間以上も間が空いたため、47.5kgでスタート。今日やった感覚では、今月中には52.5kgに戻せると思う。そして、2月に55.0kgを狙う(無理はしない)。
 ぶら下がりは本当に久し振りにやった。これも日記の効果。
 明日は、忘れずに体重計に載らなければ。

1.朝食(5:50~6:00)の果物…みかん(L)1個

2.朝風呂(6:20~6:30)中および出た直後のマッサージ
(1)頭蓋ツボ…やった
(2)目の周囲…やった

3.勉強(6:40~7:40)…0/270 ※進捗ゼロ
  およびストレッチ(7:55~7:58)… 簡易

4.ぶら下がり
(1)出勤前(7:50~)…0分0秒
(2)日記中(22:59~)…1分15秒

5.10:00の間食…煎餅2枚

6.昼休み筋トレ…横腹

7.16:00の間食…パン(?kcal、たんぱく質9.2g)、Cr 4g、Pr 20g

8.夕風呂前間食…バナナ(中)1本 、BCAA 3g

9.夕風呂前体重 未測定(Cr:ローディング期)
    体脂肪率 未測定

10.夕風呂(18:00~18:30)中のマッサージ
(1)頭蓋ツボ…やった

11.晩飯前筋トレ(20:00~21:00)…胸

12.晩飯(21:15~21:30)…シーチキンでたんぱく質30g

13.炊飯セット後(21:30)のマッサージ
(1)目の周囲…やった

14.各種チェック
(1)家計簿(23:07)…出費なし
(2)スケジュール表(23:09)…チェックした
(3)柔軟体操(21:50~22:30)…やらなかった
(4)室温 21.3℃、湿度 61%(10月1日~3月31日は原則として加湿器を使用)
(5)戸締り、ガス元栓、バストイレの照明…OK
(6)メモを財布に…入れた

帽子は被ってみないと分からない

帽子は被ってみないと分からない

 『仮面ライダーW』のオリジナルキャラのコスをするために、バンダイの公式グッズを幾つか購入した。そのうちの一つ、「翔太郎ハット」は被れることは被れるのだが、額に跡が付くほどキツイ。今まで買ったことのある帽子は全てアジャスター付きだったため忘れていたが、そう言えば私の頭のサイズは普通の人より大きめだったのだ。

 翔太郎ハットはサイズが58cmとなっていたので、ネットで60cmサイズの中折れハットを探してみたのだが、なかなか見つからない。漸く見つけた「内周60」と記載された中折れハットを発注したのだが、届いた品はパッと見ただけでも翔太郎ハット以下の大きさだということが分かった。メジャーで計ってみたら案の定57cm程度だったので、ショップに連絡して返品させてもらった。

 再びネットで探したら、65cmサイズのものが見つかった。これなら大丈夫だろうと思って発注し、届いたものを被ってみたら、確かに余裕で被れた。しかし、今度はちょっと余裕があり過ぎて、風が吹いたら簡単に飛んで行きそうな感じ。屋内で被る分には問題ないが、屋外だと風で飛ばされるのが怖くて被れない。

 こうなったら、もうリアル店舗で実際に被って選ぶしかない。
 それで今回、生まれて初めて、帽子専門店に行ってみた。
「どんどん被ってみて下さい。帽子は、被ってみないと分かりませんから」
 店員さん(店長さん?)にそう言われて、片っ端から被ってみたが、本当に「被ってみないと分からない」世界だった。61cmと書かれているものが60cmと書かれているものより小さかったり、同じLL表記のものでも、被ってみると明らかに大きさが違っていたりした。

 小さな店だったこともあり、自分が本当に欲しかった「自分のサイズに合う、グレーの中折れハット」は無かった。正確に言えば、別の店舗にその候補があるとのことだったが、値段が18000円と聞かされた時点で諦めた。
 その代わり、自分の頭にちょうどピッタリのサイズ(髪の毛はちょっと潰れるが、額に跡は付かない)の中折れハットが一つだけあった。色はグレーではなかったが、値段が税込5900円と、ギリギリで予算の範囲内であったので、これを購入した。

 中折れハットに関しては、メーカーが58cmサイズしか作っていない場合が多いそうだ。
 58cmサイズがどうしてもキツいという人は、ネットショップではなく、リアル店舗で探した方が良いと思う。今回の私の経験からも、「帽子は被ってみないと分からない」と言える。

2010年の目標

2010年の目標

1.ギックリ腰ゼロ
 2009年は、1/1、3/29、10/25、11/22と、年に4回もギックリ腰をやってしまった。
 2010年は、「ギックリ腰ゼロ」を目指す。

2.ぶら下がりと柔軟体操を日課にする
 「ギックリ腰ゼロ」を実現するために、ぶら下がりと柔軟体操を原則として毎日行う。

3.日記をつける
 ぶら下がりと柔軟体操を原則として毎日行うために、平日は原則として日記をつける。日記の中で自己チェックを行うことで、サボりにくくする。

4.体重を62kgまで増やし、ベンチプレスを60kgでセットを組めるようにする
 筋トレは週6回やることが理想なのだが、現実としては週3回出来れば良しとする。これも、日記でチェックしていく。

5.家計簿をつける
 コスプレ出費に対応できるように改造し、運用を開始した。買った(注文した)ものはその日のうちに記入して、予算をオーバーしないようにする。過去の事例から、書籍とディスクはオーバーし易いので要注意。

家計簿作った_1

家計簿作った_2


6.ボクシングを現場で観戦する
 年間予算を10万円計上したので、2010年は3~5回程度、会場に足を運んで観戦する。

7.映画鑑賞と感想文upを怠らない
 毎月2本ペースで、年24本をノルマとする。原則として土曜日鑑賞、日曜日に感想文up。
 出来れば、DVDやWOWOWで観た映画も、感想文をupする。

8.読書と読書感想文を怠らない
 毎月2冊(文庫本相当)ペースで、年24冊を目標とする。原則として日曜日読書、その日のうちに感想文up。

9.資格取得のための勉強をする
 ここ何年かサボりっぱなしだったが、今年は2科目合格を目指す。

10.コスプレ
 年6回のイベント参加を目標とする(しょこたんのコンサートでのコスプレはカウントしない)。
 年内に1度、ガンダムユニコーン合わせに参加したい。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。