FC2ブログ

2009-08

できるかな? 初めての“ライオンボード加工”でコスパーツ作り!

できるかな? 初めての“ライオンボード加工”でコスパーツ作り!

 結論から言うと、出来ないと困る。
 何故なら、衣装本体は既に発注済だからである。早ければ今月半ばに届くはずだ。

 この衣装本体には、腕のパーツが付属していない。これを着ただけでは、当然ながら不完全なコスとなる。
 私は完コスなど基本的にはナンセンス(例えば、男装している時点で既に“完全”ではない)だと考えているが、明らかパーツが不足しているコスプレは、出来るだけ避けるべきだとも考えている。ここは、「キャラに近づける努力」をするべきところだ。

 オーダーメイドのコスプレ衣装業者に腕のパーツだけ発注することも考えたが、夏コミその他で忙しいこの時期に発注するのは、納期の点で不安になる。何しろノースリーブかつ腹部を大きく露出させる衣装なので、年内は8月後半に1度、9月前半に1度程度しかイベントでは出せない。
 8月30日の『レイヤーズフェスティバルinプラザ平成』で初出ししたいので、腕のパーツを自作することにした。

 腕のパーツと言っても、複雑なものではない。造形素人である私が自作を決断するくらいだから、簡素なものなのだ。
 しかし、油断は出来ない。購入した材料を無駄に使わないよう、作業手順等をまとめておこう。


1.作業対象
(1)手甲(全自作)
(2)グローブ(ロゴ隠しのみ)
(3)リストバンド(合皮と十字マークの貼り付けのみ、ロゴ隠しを兼ねる)

2.作業手順
(1)手甲のベースにするグローブを嵌める(左手のみ。右手まで嵌めると作業がしづらいので)
(2)厚紙を自分の手甲サイズに合うように切り取る(長方形or扇形)。
(3)手甲の切り出し。(2)を型紙にしてライオンボードを切り取る。左右一対。ただし各2枚重ねで作る場合は、計4枚となる。
(4)手甲と合うような大きさの爪を厚紙で作る。(切るだけ)
(5)爪の切り出し。(4)を型紙にしてライオンボードを切り取る。6個、全て同じ型紙で取る。
(6)爪を手甲に挿す穴を採寸、手甲側にラインを引く。
(7)手甲に、爪を挿す穴を開ける。
(8)爪を手甲に仮挿しし、手甲に挿すラインを爪側に引く。
(9)爪に銀色のシートを接着する。(6)で引いたラインが完全に隠れるようにする。
※ここで、爪を乾燥場所へ移動させる

(10)手甲を包み込むように合皮を合わせ、仮接着(ピンポイント接着)する。裏面も、出来るだけ覆うようにする。
(11)手甲の裏から、爪用の穴の部分の合皮を切り取る。
(12)手甲に合皮を完全に接着する。
※ここで、手甲を乾燥場所へ移動させる

(13)グローブのロゴの部分に合皮を貼り、ロゴを隠す。
※ここで、グローブを乾燥場所へ移動させる…乾いたら、グローブは完成

(14)左手に、リストバンドを嵌める。
(15)リストバンドと合うような大きさの十字マークを厚紙で作る。(切るだけ)
(16)十字マークの切り出し。(15)を型紙にしてライオンボードを切り取る。左右一対。
(17)十字マークに銀色のシートを接着する。裏面は出来るだけ貼らないこと。
※ここで、十字マークを乾燥場所へ移動させる

(18)リストバンドを嵌めた状態で、全体をピッタリと覆うように合皮を採寸し、切り出す。
(19) (18)を、上下2等分割する。
(20)リストバンドを嵌めた状態で、(19)を接着する。(完全に1枚モノで接着すると、外したときの皺が酷くなりそうなので、2分割する)
※ここで、リストバンドを嵌めたまま乾燥させる

※※ 各パーツの乾燥待ち ※※
※※ 『Buono!』の各種DVDを観て待つ ※※

(21)手甲のベースにするグローブを嵌める(左手のみ。右手まで嵌めると作業がしづらいので)
(22)グローブに手甲を合わせ、装着用の帯ゴムの長さを決定する。左右一対。
(23)手甲に装着用の帯ゴムを接着する。
※ここで、手甲を乾燥場所へ移動させる

(24)リストバンドに、十字マークを接着する。
(25)リストバンドを外し、余っている合皮を内側に折り返して接着する。
※ここで、リストバンドを乾燥場所へ移動させる…乾いたら、リストバンドは完成

※※ 各パーツの乾燥待ち ※※
※※ 『しゅごキャラエッグ!』のシングルVを観て待つ ※※

(26)手甲のベースにするグローブを嵌める。
(27)手甲を装着する。
(28)手甲に、爪を挿して接着する。実際に手を握ったり開いたりして、爪の角度を調整しながら接着する。
※ここで、爪付き手甲を乾燥場所へ移動させる…乾いたら、爪付き手甲は完成


 いちおう、これで腕パーツは完成かな?
 カッターを多用することになるので、自分の手を切らないように要注意である。
 ライオンボードは、出来るだけ端っこから使っていくことにしよう。合皮も同じ。
 よし、後は実際に作るだけだ!(それが大変なんだってば)
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。