FC2ブログ

2007-10

“仮面ライダー空白世代”をチェックせよ!

“仮面ライダー空白世代”をチェックせよ!

 『“仮面ライダー放送休止期間”を自分が何歳のときに体験しているかの早見表(2007年版)』なるものを作ってみた。(以前書いた関連記事は → こちら

仮面ライダー放送休止期間を自分が何歳のときに体験しているかの早見表(2007年版)

 Fig.1左端の“年・作品”の欄と、セルの色付けの意味は説明不要だろう。
 上段の、例えば“1971”という欄は、“1971年生まれ”の意味で、その下の“3 4 5 …”の数字の列は、左端の“年・作品”のときの年齢である。例えば、“1971”年生まれの人は、“1974”年に“3”才になっており、そのときに放送されていたのは“アマゾン→ストロンガー”ということだ。

 “36歳・6歳”という欄は、“1971年生まれの人は今36歳。子供がいるとすれば6歳ぐらいか”ということを意味している。私は独身で子供もいないが、周囲の既婚男性は30才前後で第1子をもうけているようなので、一つの目安として書いてみた。

 この表では、現在3~6歳の子供の親になっている世代は、“第一次・ライダー空白世代”に該当している。現在放送中の『電王』は、この意味において平成ライダー始まって以来最も苦しいバックグラウンド(世代条件)を背負っていると言っても良いだろう。
 何しろ、『電王』を見ている子供の親は、自分が子供だった頃に仮面ライダーをあまり見ておらず、その玩具を買ってもらった経験も少ない。そうした親が自分の子供にライダー玩具を買い与える際、財布の紐はおのずと固くなろうというものだ。
 もっとも、これは裏を返せば「親が仮面ライダーに対して拘りを持っていない」ということでもある。『仮面ライダー』に、電車というマシンを大々的に取り入れたのは、親の世代のことを考慮するとちょうど良いタイミングだったのかも知れない。

 “1978年生まれ”辺りから始まる“第二次・ライダー空白世代”は、“宇宙刑事シリーズ直撃世代”でもある。
 ちなみに、宇宙刑事シリーズ放送当時、私は既に高校生になっていた。一般的にはもう完全に特撮を“卒業”している年代の筈なのだが、私のクラスメイト(当時)の間では『ギャバン』の知名度は結構高かった。学生寮の食堂のTVでも『ギャバン』が普通にチャンネルセレクトされていて、クライマックスシーンでは食堂全体が静まり返ったりしていたことを憶えている。こういう状況が生まれたのは、私の世代が“仮面ライダー黄金世代”であると同時に“スターウォーズ直撃世代”でもあるからだと思う。

 なお、しょこたん(中川翔子)が昭和のライダーや宇宙刑事に関してほとんど言及しない理由の一つが、この表の裏側から伝わってくる。1985年生まれのしょこたんにとって、メタルヒーローとは、宇宙刑事シリーズではなくレスキューシリーズなのだ。
 また、ほぼ休止期間無しで放送が継続されてきた戦隊シリーズに対する想い入れが強いのは、当然の因果だろう。もちろんこれは、特撮ファン全般にも言えることだ。
 “継続は力なり”とは、特撮ヒーローにも当てはまる。
 もっとも、過去において既に三度の休止期間を作っているライダーシリーズに対してもそうであるとは限らないのだが。
スポンサーサイト



2007年10月30日(火) いちおう日記

 久し振りに味噌汁を作った。
 今月は「味噌汁の具として大根を買う→味噌汁を作らない→2週間冷蔵庫に入れっ放し→廃棄」というパターンを2度やってしまった。そういえば、キャベツの半分売りも、一回廃棄したなぁ。作ってくれた農家の方には本当に申し訳ないことをしてしまった。

 その罪滅ぼしと言うほどのことではないが、今回、大根の葉の部分を捨てずに味噌汁の具として使ってみた。ただし、まだそこは食べてない。味噌汁自体にエグ味とか出てないので、多分大丈夫だとは思う。
 近所のスーパーには、買い物籠に入れる前に大根の葉っぱを千切って捨てるコーナー(大根の葉専用ゴミ箱)があり、それを見て以来、大根の葉は捨てるようにしていた。さて、どんな味がするのだろう?

※プチ予定表
11月3日(土)宇宙にタッチ(池袋)
11月4日(日)劇団ゲキハロ(池袋)
11月13日(火)ボンブラライブ(渋谷)
11月24日(土)モー娘。コンサート(東京厚生年金会館)

1.出勤前ぶら下がり 1分25秒
2.就寝前ぶら下がり 1分37秒

3.朝の果物…キウイ1個

4.朝の勉強…未着手

5.午前9時の間食…カフェ&モカケーキ【Pasco】熱量296kcal、脂質7.5g、たんぱく質6.5g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  サイドランジ…無負荷(自重のみ)で15回
   片手(1.25kg×2)で10回
   片手(1.25kg×3)で15回

7.午前4時の間食…プロテイン20g、マロン&ホイップ【Pasco】熱量359kcal、脂質9.1g、たんぱく質7.3g

8.夕食前体重 59.8kg(クレアチン:メンテナンス期)
   体脂肪率 11.1%

9.筋トレ前間食…バナナ(中)1本

 スクワット…無負荷で12回×1セット
  (10kg×2)+(2.5kg×2)で8回×1セット
  (10kg×2)+(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で4回×1セット
  (10kg×2)+(2.5kg×6)+(1.25kg×4)で10回、9回、8回


 レッグカール…(5kg×1)+(2.5kg×1)で7回×1セット
  (5kg×1)+(2.5kg×2)+(1.25kg×1)で12回、10回
  (5kg×1)+(2.5kg×1)+(1.25kg×1)で9回×1セット

11.夕飯…ささみロースト、味噌汁

12.就寝前柔軟体操…3分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)昭和歌謡シアター『FAR AWAY』感想
(6)韓流スターランキング

ごっちんがハロプロを卒業した件に関して

ごっちんがハロプロを卒業した件に関して


 最初にこの話を耳にしたときは、てっきりアップフロントも辞めて別の事務所に移籍するのだと思っていた。実際にはそうではないらしく、少し残念である。
 ハロプロを卒業したとしても、アップフロントに所属している限り、この先もごっちんは上昇機運に乗れないような気がするのだ。

 モー娘。を卒業後のごっちんのソロ活動は、迷走を続けた。売り出し方に戦略が無かったからだ。まさにマーチャンダイジングにおける失敗の典型例を見せられた感じがする。(その反省が小春に活かされているとも受け取れるのだが)
 あややもそうだが、アイドルとして売れている状態から次のステップへの移行が、何故これほどまでに上手くいかないのであろうか。
 単に、「モー娘。落ちたら、皆落ちた」というわけでもあるまい。そうならないために、ソロのアーティストを抱えていた筈だ。

 今月の松戸のライブを観た限り、ごっちんのダンスのスキルは上がっている。
 歌も、一般層を相手にしても通用するレベルにある。
 もうちょっと、一般層から人気(CDの売上、コンサート客の動員)を得られても良いのに、と思う。例えそれが、浮動票としての人気であったとしても。

 アップフロントは「現在確保しているヲタから、搾り取れるだけ搾り取る」ということを最優先しているように思える。それは堅実な商売であり、それはそれで良いだろう。しかし、その一方で世間一般にアピールする商売も展開していかないと、人気は先細って行くばかりである。
小春(きらり)や、カントリー娘。を事実上解散させた後の里田まいの売り出し方を見ると、アップフロントもまだ捨てたものではないと思える。しかし、どうもごっちんとは“相性”が悪いように思えて仕方がない。

 例えば、「ごっちんに人気ドラマの主題歌を歌うチャンスがあれば…」と思うのだが、アップフロントに所属していてそれが実現するのだろうか?
 あるいは逆に、そんなことはとても望めないような小さな事務所でも良いから、「新生・後藤真希」を全力で売り出してくれるところに移籍するというのはどうか?
 プロ野球でも、他球団に放出された選手が、そこで本来の能力を開花させて活躍することがある。ごっちんも、根本的に環境を変えることが次の成功に繋がるのではないだろうか。ハロプロを卒業しただけで明るい未来が開けるとか、今は素直にそう思えない。

 何だか場末の占い師が書いたような記事になってしまったが、現時点ではこれが正直な実感である。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。