2007-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ステップアップ』

『ステップアップ』
  2007年の映画館で観た映画:7本目
  映画を観た日:2007年3月31日(土)

 ダンスの映画であるが、「こりゃ凄え!」と驚くほどのダンスを見ることは出来なかった。神業の如き超絶テクニックが炸裂する映画だと思っていたので、その意味では期待ハズレだった。この映画は、ダンスに関してはバレエとヒップホップ・ダンスの融合がテーマであり、バレエとヒップホップ・ダンスにおけるそれぞれの技術の極みを見せるという意識はない。
 ストーリーなんか適当で、とにかく技術!技術!で押しまくるジャンルムービーを期待していたのに、実際は凡庸な青春映画にダンスを絡めたものだったというのが正直な感想だ。

 ドラマは薄っぺらかった。
 例えば、ヒロインのノーラの母は、娘がダンスに生きようとすることを頑なに否定してきたにも関わらず、土壇場になってそれを許す。しかし、その気持ちの変化を納得させるような描写はなかった。
 “貧困地区出身の不良青年”と“山の手のお嬢様”という対比も、中途半端。
 物語は「貧困側」と「山の手側」で別々に淡々と進行し、両者の間で化学反応が起きない。両者の間で私生活が交錯しないものだから、ドラマが生まれない。だから、2人の生活とダンスにもドラマが生まれないのだ。

 ドラマは単なる羅列並列ではダメ。
 対比というのは、足し算でも引き算でもなく、掛け算なのだ。
 それを再認識することになった作品であった。
スポンサーサイト

2007年6月19日(火) いちおう日記

2007年6月19日(火)いちおう日記

 アーノルドプレスの2セット目、レップス的には追い込んだ形になっているものの、どうも三角筋に刺激が入ってきていない感じがした。こりゃあ三角筋以外の筋肉の関与が大きいんじゃないか?と思えて、1.25kg減らして3セット目をやってみた。するとこれがイイ感じに効いて、まさに三角筋がバーンする感覚が得られた。これで三角筋に筋肥大が起こってくれると嬉しいのだが…。

 今日は夕食前の筋トレを休む予定だったが、そもそも明日がその日だったことに気付いたので、今日は本来のメニュー(腕)をこなした。腕はパンプアップが目で見てハッキリ分かるので、やっている間はけっこう楽しい。でも、萎むのも早いんだよなぁ、とほほ。

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※プチ予定表…6月20日(水)G+でUFC
        6月21日(木)洗髪時、頭皮をこすらない(白髪染め対策)
        6月22日(金)白髪染め(ボンブラ握手会対策)
        6月23日(土)『スパイダーマン3』、『パイレーツ…』
        6月26日(火)チケット当落チェック

1.出勤前ぶら下がり 0分0秒
2.就寝前ぶら下がり 1分34秒

3.朝の果物…無し

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…杏仁のホワイトケーキ【Pasco】熱量325kcal、脂質8.9g、たんぱく質5.8g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  アーノルドプレス…ウェイト無しで15回×1セット
           片手(1.25kg×2)で10回
           片手(1.25kg×4)で11回、7回
           片手(1.25kg×3)で6回
  サイドレイズ…片手(1.25kg×1)で7回×1セット
         片手(シャフトのみ)で10回、8回

7.午前4時の間食…カスタードクリームパン【Pasco】熱量321kcal、脂質11.4g、たんぱく質7.3g
          プロテイン20g

8.夕食前体重 未測定(クレアチン:ローディング期)
   体脂肪率 未測定

9.筋トレ前間食…無し

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ウォーミングアップBGM…『2mini ~生きるという力~』(℃-ute)
  シーテッド・スピネイト・ダンベルカール…
   片手(1.25kg×2)で10回×1セット
   片手(1.25kg×4)で11回×1セット
   片手(1.25kg×4)で7回×1セット
  インクライン・ハンマーカール…片手(1.25kg×2)で10回
                 片手(1.25kg×3)で13回、9回
 ハンマーカール(ノーマル)…片手(1.25kg×4)で12回、9回
 三頭筋プッシュアップ…18回、12回、11回

11.夕飯…ハンバーグ&ゆで卵

12.就寝前柔軟体操…3分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11)『リーピング』感想

劇団ゲキハロ第2回公演『寝る子はキュート』

劇団ゲキハロ第2回公演『寝る子はキュート』
        会場:池袋サンシャイン劇場 
        公演日:2007年6月17(日) 開演:13:30~


               濾過されていく人の群れの中で

 東急ハンズの横にあるサンシャインシティ地下道入り口へと入ると、そこには家族連れなど多くの人々が行き交っていた。特異な雰囲気は何ら感じられない。バランスの取れた、普通に平和な休日の世界が広がっている。
 私は予め印刷しておいた案内図を片手に、中央の通路を奥へ奥へと進む。
 途中の分岐路へ人が流れていくので、中央通路を行き交う人の数がだんだん減ってゆく。
 家族連れの姿が少なくなっていき、逆にある種のタイプの人間の数は、徐々にではあるが確実に増えていく。
 まるで通路を行き交う人の群れが、そこに存在する“目には見えないフィルター”で濾過され、ある意味合いに於いて“濃くなって“きているかのようだ。
 そして、その濃度は、劇場行きエレベータの前で頂点に達する。

 ヲタだ。
 ヲタの群れだ。

 しかし、世間一般の視線で見れば、私もそのヲタの群れの一員として映っているであろうことは想像に難くない。
 ℃-uteは、高1が二人・中学生が4人・小6が1人という、若すぎるぐらいに若いグループである。それなのに、何でこう、ファンはオッサンばっかりで若い連中がいないんだろう?
 アンバランスだ。
 平均年齢14才程度のアイドルグループに、30才前後のオッサンが群がっている状況は、明らかにバランスを欠いている。
 ここは、アンバランスゾーンだ。平和な日本の休日の一角に出現した、異常な空間だ。

 どうして℃-uteには、中学生や小学生といった層のファンがほとんどいないのか?
 かつてのミニモニ。は、小学生以下の女の子にも人気があったではないか!?
 ℃-uteのメジャーデビュー曲である『桜チラリ』は、楽曲も振り付けも衣装も、オッサンよりは小学生以下の女の子に受けそうな感じの曲だったのに。売上も、ほぼ同時期に売り出されたBerryz工房の『VERY BEAUTY』を明らかに上回っていたのに。

 答えは分かっている。
 ℃-uteは、結局のところベリーズと大差ないのだ。
 そして、小春との間には、大差がある。
 この差は、小春が子供向けの営業展開を明確に行なってきたことによるものである。逆に言えば、℃-uteはメジャーデビュー曲『桜チラリ』の雰囲気こそ子供向けになってはいるものの、具体的に子供の層を顧客として取り込もうとする営業展開が行なわれていないのだ。
 かくして、家族(子供連れ)が娯楽を求めて街に出る日曜の昼下がりに、平均年齢14才程度のアイドルグループが、オッサンの集団相手に初舞台を披露することになっているというワケなのだ。

               劇の内容までヲタ向け?

 劇は、ストーリーなど無いに等しい、所謂“状況劇”であり、その点に於いて、ベリーズ主演の劇団ゲキハロ旗揚げ公演『江戸から着信!?…』とは対照的であった。
 『江戸から着信!?…』が、タイムスリップによる時系列展開を含む起承転結を核にして作られたオーソドックスな劇であることに対し、『寝る子はキュート』は、“笑う場面”・“歌う場面”・“泣く場面”を繋ぐために、ストーリーは後から当てはめた変則的な劇だという印象を受けた。

 また、℃-ute以外の登場人物が、この日の客層と同じオッサンのグループであることも、意図的なものが感じられた。
「いい年をしたオッサン達が、中学生を中心とする少女グループに相手をしてもらうことを喜ぶ」という劇中のシチュエーションは、この日劇場に足を運んだ客が決して演劇ファンではなく、飽くまでも℃-ute見たさにやって来たアイドル好きのオッサン連中であることを投影したものだと思う。

 劇中歌に、森高千里の『私がオバさんになっても』を持ってきたことに関しても、同様である。
 『私がオバさんになっても』を森高がシングル曲として歌ったのは今から15年前。今30才になっているオッサンは、それを15才のときにTVで見ている。
 アイドル好きのオッサン連中がまだ少年だった頃に聴いたアイドルソングを、そのオッサンを前にして現役の少女アイドルが歌う。つまりこの状況は、『私がオバさんになっても』ならぬ『あなたはオッサンになっても』なのだ。

 森高はオバさんになってアイドルを辞めたが、彼女の『私がオバさんになっても』を聴いていた少年は、オッサンになってもアイドルファンを辞めていない。
 少年は年を取ってオッサンになるが、アイドルというジャンル自体は年を取らない。
 裏を返せば、アイドルというジャンル自体には世代交代や新陳代謝があるが、アイドルファンには世代交代や新陳代謝がない(森高の時代から止まっている)ということでもある。

 舞美(矢島舞美)の歌の下手さ加減が、また往年の森高を思い出させた。
「少年は老いるが、アイドルという存在そのものは老いることがない」
という感慨が沸き起こり、純粋な意味で胸にジーンと来てしまった。私が森高のファンだったら、涙を零していたかも知れない。
 実際には、舞美の歌の下手さをカバーするために、舞美同様歌が下手だった森高の曲が選ばれただけのような気もするが、結果として非常に良い選曲だったことは書き記しておきたい。

             えりかと舞美のユニット化を強く望む

 舞美の美しさは、既に国民的美少女レベルに達していると思う。
写真写りが良くなく、目が腫れぼったくなりやすい傾向があるので未だにブレイクの気配すらないが、この日の舞美はコンディションもバッチリで、強烈な美少女っぷりを発揮していた。
 素での舞美は、体力系ではあるものの性格的にはおっとりキャラというか天然ボケなのだが、この日の舞台ではキツイ性格の役が見事にハマッていた。ベリーズの夏焼雅はツンデレで売れると以前から思っていたが、舞美もツンデレ(あるいはツンボケ=ツンツンボケボケ)をオプションに出来ると確信した。

 えりか(梅田えりか)も、ただ細いだけではなく腕にも適度な筋肉がついてきており、もともと柔らかかった動きに更に磨きがかかっていた。ことダンスに限って言えば、えりかは動いていることで美しさを増幅させている。ポーズを決めて立っているだけでも「ギリシャ彫刻の女性像」のように美しいのに、踊ると更に美しくなるのである。双眼鏡越しに見ていても、本当に見とれてしまった。
 DVDマガジンVOL.1において、「(ライブパフォーマンスを向上させるために)もっと腹筋を鍛えないと」と言っていたので、次回のコンサートで腰周りを露出させてくれるのが楽しみである(直腹筋は鍛えても肥大しないがアウトラインが変わる。腹斜筋は鍛えるとある程度肥大するのでボリューム感が出る)。

 以前、℃-uteとベリーズを解体して、えりか・舞美・友理奈(熊井友理奈)・茉麻(須藤茉麻)の4人を新グループとして売り出すべきだと書いた(その記事は→ こちら )。それが無理としても、℃-ute内のユニットとして正式にえりかと舞美を組ませるべきだと改めて思った。前述の4人グループが理想ではあるが、この2人のコンビも相当に優秀である。

 顔に関して …舞美は“和風美人”、えりかは“洋風美人”。あるいは、
       舞美は“男前系美人”、えりかは“マダム系美人”。
 動きに関して … 舞美は“剛”、えりかは“柔”。
 歌に関して … 舞美は“歌声に個性があるが下手”、えりかは“歌声に個性はないが上手”。
 プロポーション … 2人ともスマートで、女性からも憧られるタイプ。

 ちゃんと宣伝費をかけて売り出せば、かつてのピンクレディーみたいに、普通の小中学生にも人気が出ると思う。現状でも身体はほぼ出来上がっているので、高校生以上の年代に対するグラビア人気も十分に期待できる。
 ただし、美勇伝やGAMのように男性に媚びた売り方をするべきではない。むしろ女性の共感を得られるような楽曲やイメージで売り出して、女性のファンを多く獲得するのだ。何故そうするのかと言えば、美勇伝やGAMと競合するのは馬鹿げているし、何よりも舞美とえりかなら男に媚を売らなくても、男の方から自然に寄って来るからだ。

 この2人が、実質2万人以下(CDを1人で2枚以上買っている客がいることからの推定。多分、1万人程度だと思う)しかいないオッサンを中心としたファンだけを相手に商売させられている現状は、どう考えても間違っている。
 もったいない。もったいなさ過ぎる、この2人の現状は。

                  DVDに期待

 この日は、DVD撮りのためと思われるカメラが何台も入っていた。
 DVD化された際には、ベリーズ主演の『江戸から着信?!…』同様、合成が追加されるシーンもあるだろう。その辺りも含め、今から待ち遠しい気持ちで満々である。

2007年6月18日(月) いちおう日記

2007年6月18日(月)いちおう日記

 『おはスタ』の小春(月島きらり)のプロモーションストーリーが面白い。いや、ストーリーが面白いのではなく、小春が眼鏡(フレームだけではなく、ちゃんとガラスが嵌っている)で変装して、スーパーでパックのマイタケを売っている様子や、猫のなーさんとのやり取りが面白いのだ。なーさんはCGなので、マイタケのパックの上に仁王立ちしても大丈夫なのも何か可笑しい。
 思わず、DVDにダビングしてしまった…。

 シュラッグは、予定通り片腕分につき2.5kg増やしたら、15レップスに全然届かなくなった。このウェイトで1セット目が15レップスいくようになるまで、どの位かかるのかな?
 気掛かりなのは、腰の張りがかなり出てきたこと。柔軟体操をサボっているのだから当然だ。明日は、筋トレを休んで、その時間を柔軟体操に充てよう。

※今日の出費…(家計簿未完成)

※プチ予定表…6月20日(水)G+でUFC
6月21日(木)洗髪時、頭皮をこすらない(白髪染め対策)
6月22日(金)白髪染め(ボンブラ握手会対策)
6月23日(土)『スパイダーマン3』、『パイレーツ…』
6月26日(火)チケット当落チェック

1.出勤前ぶら下がり 0分0秒
2.就寝前ぶら下がり 1分17秒

3.朝の果物…りんご(小)1個

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…超熟ロール【Pasco】(熱量114kcal、脂質3.0g、たんぱく質3.0g)×2

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ベントロー(ノーマル)…片手(2.5kg×2+(1.25kg×2))で10回×1セット
片手(2.5kg×2)+(1.25kg×6)で9回
片手(2.5kg×2)+(1.25kg×5)で9回
  ベントロー(ドリアン式)…片手(2.5kg×2)+(1.25kg×5)で8回
片手(2.5kg×2)+(1.25kg×4)で8回
  アブフレックス…11回×3セット

7.午前4時の間食…超熟ロール【Pasco】(熱量114kcal、脂質3.0g、たんぱく質3.0g)×3
          プロテイン20g

8.夕食前体重 60.3kg(クレアチン:ローディング期)
   体脂肪率 11.7%

9.筋トレ前間食…バナナ(中)1本

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ウォーミングアップBGM…『2mini ~生きるという力~』
  シュラッグ…片側(5kg×2)で10回×1セット
        片側(5kg×2)+(2.5kg×2)で6回  
        片側(5kg×2)+(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で12回、10回
  懸垂…逆手で9回、順手で9回
  首筋(顎引き)…無負荷で16回、10回、8回
  ブリッジで返す…無負荷で16回、16回、16回

11.夕飯…焼き魚(鯖・塩)

12.就寝前柔軟体操…1分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11)『リーピング』感想

夏焼雅のウエストのくびれを考察する

夏焼雅のウエストのくびれを考察する

 この記事は、『季刊 ハードゲイナー通信(第3号)』のオマケ記事であり、夏焼雅本人とは余り関係がない。私の腰周りが夏焼雅に比較的似ているので、ついでに“検証写真”を撮っておいたものを載せておくというだけのものである。

 こんなことを思いついたのは、夏焼雅のファーストソロ写真集『MIYABI』を見たからだ。この写真集は、一風変わったと言うか、違和感のある写真集となっている。列挙すると、
(1)写真集の顔と言うべき表紙の写真がオバさんっぽくて、とても中学生に見えない。
(2)目が腫れぼったくなっている写真が比較的多い。これは雅にしては割と珍しい。
(3)「雅はウエストのくびれが少ない」という事実を隠そうとしていない。
などである。
 この記事は、(3)に関して、ごく簡単な検証を行う。

 「雅はウエストのくびれが少ない」ということは、ベリ工(Berryz工房)のファンにとっては周知の事実である。ファンであれば、ソロ写真集『MIYABI』を見た際、その点に関して驚いたという者はいないだろう。そういう意味では何ら問題はない。
 問題は、2nd写真集などで新たに水着姿が公表されたとき、ウエストがくびれているように写っている場合だ。一部の思慮の浅い者たちが、「修正写真だ」「CGだ」とか言い出す可能性がある。私は雅のファンの一人として、老婆心ながらそれを心配している。

 そういうわけで、「ウエストのくびれが少ない人」が、ちょっとした角度の変化などで「ウエストがくびれているように見える」ことを、ここで簡単に紹介しておきたい。
 正面から見た私のウエストのくびれは、夏焼雅のそれと似たようなものだと思うがどうだろうか。
くびれに関しては雅と同じくらい

 これを、単に斜めから撮るだけで、一見少しウエストがくびれたような感じになる。
斜めを向くとウエストが分かる

 更に腰を捻ると、腰部が横向き加減となると同時に臀部の隆起が見えるようになるので、ウエストがよりハッキリする。
身体を捻るとウエストがハッキリする

 ちょっと“反則”となるが、そこから更にお腹を少し凹ませるのも、効果的である。
更にお腹を引っ込める

 雅も、このような姿勢を取れば、写真に手など加えなくても、ウエストがハッキリした姿を写すことが出来る。
 次の写真集では、そういう写真が何枚かあってもいいのではないか?
 そしてそれが、合成だ何だかんだと誤解されないことを願う。
 私が言いたいのは、それだけだ。

2007年6月16日(土) いちおう日記

2007年6月16日(土)いちおう日記

 明日はいよいよ『寝る子はキュート』。
 ホームページでツアーグッズが紹介されている ので、事前チェックが出来る。これはイイコトだ。℃-ute DVD MAGAZINE Vol.2 (2,200円税込)と 公演パンフレット (1,500円税込)、合わせて3700円のお買い物になりそうだ。当日買えればの話だが。
 それにしても、パンフレットが1500円とは高い。A4で20ページという分量は普通の映画のパンフレットよりやや少ない。それで値段は約2倍と来たもんだ。
 まぁ、そんなに部数を刷っていないから単価が高くなるという要素もあるだろうが、基本的には生写真と同じでボッタクリ価格だと思う。「2000円だと買わない人が多くなるから1500円。1500円なら文句を言いながらも買うだろう」てなところだろう。当たっているだけに腹が立つ。商売も結構だが、少しはファンサービスを考えて欲しい。
 それを考えると、トリプル世界タイトルマッチとは言え、A4で20ページのパンフレットを無料で配った帝拳は、ファンにサービスしていると言える。

 そうだ、席は後の方だから、双眼鏡を忘れないようにしないと。
 客層は、コンサートと同じでオッサンばっかりかなぁ? ℃-uteは小春と違って低年齢層向けの展開をやってないもんな。
 年齢層はともかく、マナーの悪い客が来ませんよーに。

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※プチ予定表…6月17日(日)℃-ute(池袋サンシャイン劇場)→当日のうちに感想記事
        6月20日(水)G+でUFC
        6月22日(金)洗髪時、頭皮をこすらない(白髪染め対策)
        6月23日(土)白髪染め(ボンブラ握手会対策)
        6月24日(日)『スパイダーマン3』、『パイレーツ…』
        6月26日(火)チケット当落チェック

1.出勤前ぶら下がり 1分30秒
2.就寝前ぶら下がり 1分6秒

3.朝の果物…キウイ1個

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…無し

6.昼休み筋トレ…無し

7.午前4時の間食…無し

8.夕食前体重 60.3kg(クレアチン:ローディング期)
   体脂肪率 10.8%

9.筋トレ前間食…バナナ(中)1本

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ウォーミングアップBGM…『2mini ~生きるという力~』
  無負荷(プッシュアップ)15回×1セット
  ベンチプレス
   片側(10kg×1)+(2.5kg×1)で7回×1セット
   片側(10kg×1)+(2.5kg×2)で3回×1セット
   片側(10kg×1)+(2.5kg×3)+(1.25kg×1)で9回×1セット
   片側(10kg×1)+(2.5kg×3)+(1.25kg×1)で6回×1セット
   片側(10kg×1)+(2.5kg×2)+(1.25kg×1)で7回×1セット
  フライ…片側(1.25kg×6)で13回、8回

11.夕飯…鶏肉ロースト

12.就寝前柔軟体操…8分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11)『リーピング』感想

季刊 ハードゲイナー通信(第3号)

『季刊 ハードゲイナー通信 
     1年振りなのに季刊とはこれ如何に号』
             (通算第3号 6月17日に撮影)

 全国のハードゲイナーの皆さん、1年振りに“季刊”『ハードゲイナー通信』をお届けします。もう今更誰が何と言おうと季刊の看板は下ろしません。これがホントの季刊坊…なんちゃってハハハ!(もうヤケ)
 ちなみにハードゲイナーとは「ハードなゲイ」のことではなく、「体重が増えにくい(なかなか増やせない)人」のことを指す用語である。逆に「体重が増えやすい(容易に増やせる)人」をイージーゲイナーと呼ぶ。「イージーなゲイ」のことではないので間違えないように。
 ハードゲイナーは脂肪が付きにくいのだが、筋肉も付きにくい。だから筋トレをしてもなかなか成果を得ることが出来ない。そして残念なことに、私は筋金入りのハードゲイナーなのだ。
 この『季刊 ハードゲイナー通信』は、そんな私が体重を増やそうと悪戦苦闘、試行錯誤を続ける中での一里塚である…

****************************************
【前回】
2006年6月24日 (41歳)
身長175cm 体重62.0kg 体脂肪率14%  ウエスト未測定
状態:当日トレーニングなし、パンプアップなし(前日のトレーニング…腕と胸)
クレアチン:休止中(休止期間6月18日~7月1日)

【今回】
2006年6月16日 (42歳)
身長175cm 体重60.3kg 体脂肪率11%  ウエスト73.5cm
状態:当日トレーニングなし、パンプアップなし(前日のトレーニング…自重サイドランジのみ)
クレアチン:メンテナンス中
****************************************

 …って、体重、減ってるやんか~。
 だから、『ハードゲイナー通信』出したくなかったんだよ~。
 はぁ~、トレーニングをサボると途端に体重減るんだもん、一時期は58kg台になっちゃって、そこからまたやり直しですよ。
 だから、現在は一応増加進行形ではある。とにかく継続するしかない。

 ちなみに、現在のベンチプレスのMAXも、去年より低い。ただし、去年はMAXは1セットしかやってなかったことに対し、今は2セットやれる重量をMAXに適用しているので、単純な比較は出来ない。「無せず、怪我せず、後退せず」で頑張ろう。
 とりあえず、写真はいっぱい撮ったので張りまくります。
 先ずはこれ。“事故防止”の為、ファールカップを着用しておりますのでご安心下さい。
ファールカップ
 
 さて、「休め」に近い状態がコレ。
正面・通常

 次に一般的なポーズですが、我ながら貧弱ですなぁ。
正面・ポーズ

 悔しいので、少しでもカッコ良く見えるポーズを。 
右腕力こぶポーズ

 このポーズ、背中側で手をクラッチすると腕が太く見えるのですが、あえてやってません。 
側面・ポーズ

 このポーズが一番見栄えがすると自分では思っています。
側面・左腕前ポーズ

 次に背中。
背面・通常

背面・ポーズ

 逆三角形に憧れてはいますが、まだまだ程遠いです。
背面・ポーズ2

背面・力こぶポーズ

 ちなみに、下半身はカーフしかやっていません。それ以外は、この前の金曜日に、超久し振りにサイドランジをやっただけ。当分は胸と背中を優先し、脚・尻に関してはこの2種目しかやりません。

 これは番外編扱いなのですが、以前から気付いたことを写真で確認してみました。ウェイトを扱っているきは、例えそれが軽いものであっても無負荷のときとは筋肉の形状が変わってきます。
ダンベルカール

ダンベルカールとの比較

 負荷そのものというよりも、負荷が作り出す角度のせいなのかも知れませんが。
 最後に、変身ポーズチックな格好で三角筋を強調してみました。カットに関しては、自分の身体で一番見栄えがするので、気に入っている部位です。
三角筋

2007年6月14日(木) いちおう日記

2007年6月14日(木)いちおう日記

 ベリ工(Berryz工房)の新曲『告白の噴水広場』のPVが、Dohhh UP! で公開されていたので見てみた。
 その余りの古臭さにビックリ。楽曲も映像もあえて古臭さを狙ったものだとは思うが、それが功を奏すという勝算の元にやっているのだろうか? 私の眼には、ネタ切れによる苦肉の策のように映った。
 ティーンエイジャーがこのPVを見て購買意欲をそそられるとは到底思えない。ベリ工の現場ファンはオッサンばかりでティーンエイジャーは希少層だが、それでも平均年齢は30歳前後だと思う。今回の懐メロ調の楽曲とは、世代が違うだろう。42歳の私が観ても、「懐かしい」というよりは「古臭い」のだから。
 もっとも、楽曲はともかくとして、PVのレトロな作風は気に入った。初回限定版の付属DVDが気になるので、予約を入れておいた。これで℃-ute、美勇伝、ベリ工のDVD付属型初回限定版CDが揃うことになるので、付属DVDの傾向を掴みたいと思う。

 今日は予定通り筋トレをこなした。これで4日間連続ノルマ消化。明日は「脚&柔軟体操」をやって、スケジュールを一旦リセット。筋トレ完全休みの日を入れる必要があるので、スケジュールは
 月「カーフ&胸」、火「背&首」、水「肩&腕」、木「脚&柔軟体操」、金「カーフ&胸」、土「背&首」、日「柔軟体操のみ(筋トレ完全休み)」
としよう。
 体重が60kgオーバーで安定してきたのは、クレアチンの効果が大きく関与しているように思える。このまま、故障無しでトレーニングを続けたい。

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※プチ予定表…6月16日(土)床屋→映画感想記事→家計簿完成
        6月17日(日)℃-ute(池袋サンシャイン劇場)→当日のうちに感想記事
6月22日(金)洗髪時、頭皮をこすらない(白髪染め対策)
6月23日(土)白髪染め(ボンブラ握手会対策)

1.出勤前ぶら下がり 1分21秒
2.就寝前ぶら下がり 1分9秒

3.朝の果物…無し

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…黒豆ミルク【第一パン】熱量311kcal、脂質9.4g、たんぱく質6.5g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  アーノルドプレス…ウェイト無しで15回×1セット
片手(1.25kg×2)で10回
片手(1.25kg×4)で12回、8回
  サイドレイズ…片手(1.25kg×1)で9回×1セット
         片手(シャフトのみ)で10回、10回

7.午前4時の間食…(クランベリーロール【Pasco】熱量107kcal、脂質2.6g、たんぱく質2.7g)×3
          プロテイン20g

8.夕食前体重 60.5kg(クレアチン:ローディング期)
   体脂肪率 11.2%

9.筋トレ前間食…バナナ(中)1本

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
ウォーミングアップBGM…『手のひらを太陽に』(BON-BON BLANCO)
  シーテッド・スピネイト・ダンベルカール…
 片手(1.25kg×2)で10回×1セット
   片手(1.25kg×4)で11回×1セット
   片手(1.25kg×4)で7回×1セット
  インクライン・ハンマーカール…片手(1.25kg×2)で10回
   片手(1.25kg×3)で12回、8回
  ハンマーカール(ノーマル)…片手(1.25kg×4)で12回、9回
  三頭筋プッシュアップ…17回、11回、10回

11.夕飯…鶏肉ロースト&味噌汁(具…キャベツ)

12.就寝前柔軟体操…6分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11)『リーピング』感想

2007年6月13日(水) いちおう日記

2007年6月13日(水)いちおう日記

 も~♪いーくつ寝~る~と~♪おボォ~ナ~スゥ~♪
 給振口座の残高が心細くなってきているので、ボーナスが待ち遠しい今日この頃。今回は自分のためだけではなく、御袋さんにHDRをプレゼントするという目的もあるので、尚更待ち遠しい。実際にプレゼントするのは盆休みに帰省したときなのだが、元手は早く欲しい。そうすれば、具体的な機種(および周辺機器)の品定めを、売り場で行うことが出来るようになる。

 『週刊プレイボーイ』、何と2週続けて、元特撮ヒロインが表紙。
 今週は山本梓=フラビージョ、先週は小松彩夏=セーラーヴィーナス。
 ちなみに、先週は小松彩夏に加え、現役特撮ヒロインである白鳥百合子(ハナ)と、非ハロで推している成海璃子も載っていたので、つい買ってしまった。その後で気付いたのだが、実はチャーミーも載っていた。チャーミーの着物姿なんて久し振りに見たわ。『週刊プレイボーイ』、なかなか良い仕事をするではないか。
 今週号は岡やんとみーよが載っているので、2組に分かれてはいるものの、美勇伝が2週連続で載ったことになる。次は、3人揃って表紙を飾って欲しい。

 シュラッグは、来週からメインの重量を(1.25kg×2)分増やし、セット数は1つ減らして2にすることにした。夏場は、高重量&低レップス(低セット)の方向で進める。
 高重量とは言っても、腰に不安があるので、左右合わせて50kg(プレートのみ)が上限になると思う。とりあえず次回は、左右合わせて45kg(プレートのみ)だ。

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※プチ予定表…6月16日(土)床屋→映画感想記事→家計簿完成
        6月17日(日)℃-ute(池袋サンシャイン劇場)→当日のうちに感想記事
        6月22日(金)洗髪時、頭皮をこすらない(白髪染め対策)
        6月23日(土)白髪染め(ボンブラ握手会対策)

1.出勤前ぶら下がり 1分20秒
2.就寝前ぶら下がり 1分15秒

3.朝の果物…無し

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…夕張メロン蒸しパン【Pasco】熱量325kcal、脂質10.3g、たんぱく質6.0g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ベントロー(ノーマル)…片手(2.5kg×2+(1.25kg×2))で10回×1セット
              片手(2.5kg×2)+(1.25kg×6)で9回
              片手(2.5kg×2)+(1.25kg×5)で8回
  ベントロー(ドリアン式)…片手(2.5kg×2)+(1.25kg×5)で8回
               片手(2.5kg×2)+(1.25kg×4)で7回
  アブフレックス…10回×3セット

7.午前4時の間食…杏仁のホワイトケーキ【Pasco】熱量325kcal、脂質8.9g、たんぱく質5.8g
          プロテイン20g

8.夕食前体重 60.7kg(クレアチン:ローディング期)
   体脂肪率 10.7%

9.筋トレ前間食…りんご(中)1本

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ウォーミングアップBGM…『2mini ~生きるという力~』
  シュラッグ…片側(5kg×2)で10回×1セット
      片側(5kg×2)+(2.5kg×2)で6回  
      片側(5kg×2)+(2.5kg×4)で16回15回、12回
      【↑次回は片側(5kg×2)+(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で2セットにする】
  懸垂…逆手で8回、順手で9回
  首筋(顎引き)…無負荷で15回、10回、8回
  ブリッジで返す…無負荷で15回、15回、15回

11.夕飯…味噌鍋

12.就寝前柔軟体操…7分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11)『リーピング』感想

2007年6月12日(火) いちおう日記

2007年6月12日(火)いちおう日記

 会社の昼休みにNHKの朝ドラの再放送を皆と一緒に何となく観ていた一時期を除けば、特撮以外のTVドラマをリアルタイムで観るということは全くしないで生きてきた。ところが、そんな私がここ最近、生まれて初めてTVドラマをリアルタイムで観続けているのだ(4話辺りからだけど)。
 そのドラマは『特急田中3号』。
 ただし、ほぼ100%栗山千明目当てで観ているので、彼女が登場していない場面は基本的には早送りしている。“テツ”の件が、もう少し描きこまれていればそれなりに観るけど、最初に観た回が素人の想像の域を越えるものではなかったので。

 DVDは未見の回が入っている第一巻と、先週放送された第9話が入っている巻を買おう…とか思っていたが、普通のドラマはDVDを4話単位でバラ売りするのかなぁ? BOXオンリー販売だったらチョット…。でも、『エクステ』を映画館で観なかった罪滅ぼし(千明のファンだから2回観る!とか言ってたくせに)として、買わないわけにはいかぬのだ…

 クレアチンをローディングし終わってもベンチプレスが伸びないのは、前日に肩と腕のトレーニングをやっているせいではないか? 昨日上半身裸で腕のメニューをやっていたら、胸の筋肉も少し使っていることに気付いた。そりゃ、いくら三頭筋に効かせるフォームでプッシュアップしても、大胸筋を全然使わないというワケにはいかないもんなぁ。
 「筋トレは大筋から始めて小筋へ移行する」という大原則は、1日のメニュー内だけではなく、1週間のスケジュールにも当てはまるように思える。
 1日目「カーフ&胸」、2日目「背&首」、3日目「肩&腕」。4日目に「脚&柔軟体操」を持ってきて、夕食前の筋トレに1回休みを入れる(筋トレ休んで柔軟体操をやる)。そして、再び1日目に戻って「カーフ&胸」。来週からは、このパターンでいこう。

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※プチ予定表…6月13日(水)週マガ立ち読み→買物:アルミホイル
        6月16日(土)映画感想記事→家計簿完成
        6月17日(日)℃-ute(池袋サンシャイン劇場)→当日のうちに感想記事
        6月23日(土)床屋
        6月29日(金)洗髪時、頭皮をこすらない(白髪染め対策)
        6月30日(土)白髪染め(ボンブラ握手会対策)

1.出勤前ぶら下がり 1分28秒
2.就寝前ぶら下がり 1分20秒

3.朝の果物…びわ1個

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…チーズ蒸しケーキ【Pasco】熱量351kcal、脂質11.7g、たんぱく質7.4g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  カーフレイズ…(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で7回
         (2.5kg×8)で14回、12回
  サイドベント…(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で15回、15回

7.午前4時の間食…カスタードクリームパン【Pasco】熱量321kcal、脂質11.4g、たんぱく質7.3g
          プロテイン20g

8.夕食前体重 60.4kg(クレアチン:ローディング期)
   体脂肪率 11.4%

9.筋トレ前間食…バナナ(中)1本

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ウォーミングアップBGM…『恋するエンジェルハート』
  無負荷(プッシュアップ)15回×1セット
  ベンチプレス
   片側(10kg×1)+(2.5kg×1)で7回×1セット
   片側(10kg×1)+(2.5kg×2)で3回×1セット
   片側(10kg×1)+(2.5kg×3)+(1.25kg×1)で9回×1セット
   片側(10kg×1)+(2.5kg×3)+(1.25kg×1)で6回×1セット
   片側(10kg×1)+(2.5kg×2)+(1.25kg×1)で7回×1セット
  フライ…片側(1.25kg×6)で12回、8回

11.夕飯…鶏肉ロースト

12.就寝前柔軟体操…4分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11)『リーピング』感想

2007年6月11日(月) いちおう日記

2007年6月11日(月)いちおう日記

 コットvsジュダーの一戦は素晴らしかった。現時点で、今年のベストバウトの最有力候補だ。どうしよう、今日これから眠らなきゃならないのに、興奮醒めやらぬといった感じ。
 日本のエース・長谷川穂積が階級を上げてラファエル・マルケスと対戦したら、こういう試合になるかもなぁ…。

 日曜日に℃-uteの池袋サンシャイン公演を観に行くのに合わせて白髪染めをしようと思っていたけれど、染めるのは月末に延期することにした。演劇なので大人しく客席で観ているわけだし、仮に公演後にミニコンサートがあったとしても、客が踊るようなことにはならないと思う。それなら、別に白髪混じりのオッサンのままでもいいかな、と。
 それよりも、7月7日のボンブラのライブにおける握手会に万全を期すべき。10日も渋谷に行く予定だし。

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※プチ予定表…6月12日(火)買物:ヤクルト・味ぽん・お茶
        6月16日(土)映画感想記事→家計簿完成
        6月17日(日)℃-ute(池袋サンシャイン劇場)→当日のうちに感想記事
        6月23日(土)床屋
        6月29日(金)洗髪時、頭皮をこすらない(白髪染め対策)
        6月30日(土)白髪染め(ボンブラ握手会対策)

1.出勤前ぶら下がり 0分0秒
2.就寝前ぶら下がり 1分30秒

3.朝の果物…キウイ1個

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…カロリーメイト 熱量200kcal、脂質4.4g、たんぱく質10g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  アーノルドプレス…ウェイト無しで15回×1セット
           片手(1.25kg×2)で10回
           片手(1.25kg×4)で11回、7回
  サイドレイズ…片手(1.25kg×1)で7回×1セット
         片手(シャフトのみ)で9回、9回

7.午前4時の間食…カロリーメイト 熱量200kcal、脂質4.4g、たんぱく質10g
          プロテイン20g

8.夕食前体重 60.3kg(クレアチン:ローディング期)
   体脂肪率 12.7%

9.筋トレ前間食…バナナ(中)2本

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ウォーミングアップBGM…『ファイティングポーズはダテじゃない!』
  シーテッド・スピネイト・ダンベルカール…
   片手(1.25kg×2)で10回×1セット
   片手(1.25kg×4)で10回×1セット
   片手(1.25kg×4)で7回×1セット
  インクライン・ハンマーカール…片手(1.25kg×2)で10回
   片手(1.25kg×3)で12回、7回
  ハンマーカール(ノーマル)…片手(1.25kg×4)で12回、9回
  三頭筋プッシュアップ…17回、11回、10回

11.夕飯…鶏肉ロースト

12.就寝前柔軟体操…3分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11)『リーピング』感想

飯田圭織ディナーショー

飯田圭織ディナーショー 
    会場: 広尾ラ・クロシェット
    公演日:2007年5月20日(日) 開演:13:30~


             三度目の「かおりん・広尾ディナーショー」

 これに参加したいがためにハロプロFCに加入したと言っても過言ではない「かおりん・広尾ディナーショー」も、今回で三度目。その入金確認メールを読んだとき、オヤッと思った。
--------------------------------------------------
 公演日:2007/05/20(日)
 会場:広尾ラ・クロシェット
 開場/開演:13:00/13:30
 出演者:飯田圭織
 枚数:1枚
 座席番号:16番
--------------------------------------------------

 確か、前回のかおりんのディナーショー(その記事は→ こちら )のときも10番台じゃなかったっけ?
 確認するとその通り。(↓前回の入金確認メール)
--------------------------------------------------
 公演日:2007/02/10(土)
 会場:広尾ラ・クロシェット
 開場/開演:13:00/13:30
 出演者:飯田圭織
 枚数:1枚
 座席番号:13番
--------------------------------------------------

 広尾ラ・クロシェットのディナーショー座席表をネットで調べてみたら、今回・前回と同じテーブルとなることが分かった。単なる偶然ではあるが、ちょっと妙な気分。
 ただし、同じテーブルでも前回は壁側の席、今回は通路側の席。かおりんが通路を歩くときは接近遭遇できるが、ステージを見る場合は前席の客の頭越し(肩越し)に見ることになるので、ちょっと見辛い。もっとも、座席列で言えば4列目に相当する席であり、距離的には十分に近い。コンサートと比較すれば、通常の最前列と同等か更に近いのだから、文句を言ったらバチが当たりそうだ。

             かおりんがアイドルではなく“歌手”になった

 今回のディナーショーは、私にとって画期的なものとなった。
 画期的といっても、世間一般レベルのエポックメイキングという意味ではなく、飯田圭織という芸能人に対する私の意識が劇的に変わったという、ごく狭い範囲におけるものである。更に言えば、それはあのディナーショーで起った一時的なものだったのかも知れない。
 しかし今でも、それがあの時あの場所、私個人に限定されたものではなく、飯田圭織という芸能人を知っている人全てに対して起ったもの(いずれ起こるもの)であって欲しいと願っている。

 今回のディナーショーで何が起ったのか?
 かおりんが、アイドルではなく、歌手になったのだ。
 かおりんが、アイドル歌手ではなく、普通の歌手になったのだ。
 詳しくは別の記事で書くつもりだが、この日、私は今まで漠然と使ってきた“アイドル”という言葉の意味を明確に意識することが出来た。
 “アイドル”という言葉には、二種類の意味があったのだ。それを混同して使っていたから、アイドルという概念が曖昧模糊となり、ひいては飯田圭織という芸能人に対するイメージまでもが不明瞭かつ不安定なものになっていたのだ。

 かおりんの、アイドルからの脱却(決して失墜ではない)。
 そんな劇的なことが起こる気配は、最初は全くなかった。この日のディナーショーも、トークは相変わらずマイペースで
「最近は、よくお昼寝をしています」
といった、かおりんらしいノンビリ生活(今風に言うとスローライフ)振りの紹介から始まった。
 マルセイユの話を熱心にしていたのだが、「すっごくキレイで」を連発されても、マルセイユに行った経験のない大多数の客にとっては、スライドショーでも見せてもらわない限り、とても感情移入など出来るものではない。

 相変わらずだなぁ、かおりんの天然ボケは。
 そんなことを思っているうちに、かおりんが“七夕の日帰りバス旅行イベント”の話を始めた。
「七夕は恋人と会う日なのかもしれないけど、皆さんは恋人と会うのは七夕の前日に済ませて、七夕当日はイベントに来て下さいね」
 そんな内容のことをかおりんがサラッと言ったのを聞いて、かおりんにしては、やけに醒めた、現実的なことを言うんだなと思った。それと同時に、かおりんが言外に
「私も恋人と会うのは七夕の前日に済ませておくので、皆さんもそうしてね」
と言っているようにも聞こえた。
 何か、かおりんが一つ吹っ切れたというか、天然ボケなりに一皮剥けて成長したような、そんな感じがした。この日、劇的なことが起こる伏線は、あるいはここにあったのかも知れない。

                   『リラの季節』に感動

 歌の方も、今までと同様に「日本語の歌よりも外国語の歌の方が上手い」。
 ネイティブの人が聞いたら発音がどうなのかは分からないが、“歌声”としては外国語を歌っているときの方が明らかに一段上。
 そして、今日のかおりんは、声の調子が良い。今まで私が聴いた中で一番の出来じゃないのかなと思えた。ディナーショーに来た目的が「かおりんの歌を聴くこと」ではなく「かおりんの姿を近くで見ること」である私が、いつになく好調なかおりんの歌いっぷりに何となく引き込まれつつあったとき、それが来た。
 かおりんが『リラの季節』を歌ったとき、感動が私の心にやって来たのだ。

 かおりんが、堂々と自信たっぷりに歌う『リラの季節』には迫力があった。
 上手い下手を超越した“歌の凄み”のようなものを感じた。
 かおりんのファンになって9年目に突入しているが、かおりんの歌う歌そのものに魅力を感じたのは、これが初めてである。
 この瞬間、かおりんは私にとってアイドルではなく、歌手になった。
 かおりんが美人であるとかスタイルが良いとか天然ボケが可愛い女であるということは単なる付加価値となり、飯田圭織という一人の歌手がそこにいた。

            かおりんは“ファイタータイプ(パワータイプ)”

 かおりんが体格に恵まれていることは最初から分かっていた。
 かおりんはスタイルが良くスマートではあるが、決して華奢ではなく、骨格的にはむしろガッシリしている部類に入る。
 そして今回、かおりんがイージーゲイナー傾向にあることも、ほぼ確信できた。
 かおりんは「10年記念隊で久し振りにダンスをするから、体力作りを始めなきゃ」みたいなことを言っていた。つまり、現時点では運動らしい運動をしていないということだ。
 それでいて、あの逞しさすら漂う二の腕。
 あの二の腕は筋肉の占める割合が比較的高く、普段運動していない女性が自然に作れるものではない。
 そして、背中の筋肉の美しさ。
 かおりんがお辞儀をするところを後ろから見たら、その背中に流れるような筋肉の美しい輪郭が浮かび上がり、思わず息を呑んだ。僧帽筋なのか脊柱起立筋なのかは分からなかったが、背骨に沿って綺麗にカットが出ていた。あの場合、普通のスマートな女性なら“背骨に沿った筋肉”ではなく“背骨そのもの”が目立つと思うのだが、かおりんの場合はそうではないのだ。

 つまり、かおりんは“パワータイプ”なのだ。
 ボクシングで言えば、“ファイタータイプ”である。
 美人でスタイルも良いが、決してクネクネしたお嬢様タイプではない。持ち前の体格とパワーでガンガン押して行くタイプなのだ。だから、歌手としてのかおりんも“ファイタータイプの歌手”でいくべきであり、そのパワーを遺憾なく発揮したのが、今回のディナーショーで披露した『リラの季節』だったのだ。
 
 ボクシングの世界でも、長身のファイタータイプは存在する。
 パッと思い浮かぶだけでも、ビビアン・ハリスとカシム・ウーマ、そしてアントニオ・マルガリート。3人とも長身痩躯だが前に出て打ち合いを好むファイタータイプである(広義にはボクサーファイターに分類されるかも知れないが、決してスタイリッシュではない)。そして3人とも、そのスタイルでメジャー4団体のチャンピオンの座にまで登りつめた一流選手である。スマートな体格のボクサーが皆、足を使って動き回り、打っては離れのアウトボクシングをするわけではないのだ。

 かおりんもまたファイタータイプであり、華麗なアウトボクサーではない。
 かおりんは、“シュガー”と称されるような、センスに依存した技術で戦うタイプではない。
 と言うか、かおりんには“シュガー”は要らない。
 ボクシングのファイターが、“シュガー”無しでも闘志とパワーと迫力で客を感動させられるように、かおりんも“シュガー”無しで私を感動させてくれたからだ。

 キャンディーボイスとかミルキーボイスといった“シュガー”な歌声は、かおりんには必要ない。松田聖子の真似をして、甘い歌声を無理に作っても、所詮それは偽りの甘さだ。
 天然の野菜に自然の甘さが秘められているように、かおりんのありのままの歌声の中には、偽りのないナチュラルな甘さが秘められている。
 「パワーの中に甘味あり」である。それは、キャンディーボイスにはない甘さ、迫力の中の甘味だ。それが、かおりんの歌声の魅力だと、今回のディナーショーで確信した。

                   歌手としての、かおりん

 次の機会(私にとっては、10年記念隊のライブがそれになりそう)で、かおりんが今回のような歌手としてのパフォーマンスを披露してくれる保証は何処にもない。なのこえさんの言われた「松田聖子唱法」・「つんく唱法」に戻ってしまうかも知れない。そうなれば、かおりんは本来の能力が出せなくなり、彼女は偶像を纏い歌手であることを付加価値にしたアイドル歌手という範疇に戻ってしまう。
 それでも私は、かおりんの成長を信じたい。
 この日、かおりんが一曲目に自身が作曲した『歩いていこう…未来へ』を歌ったことは、彼女の決意の現われだったと信じたい。その決意が、この日の『リラの季節』を生んだように思えるのだ。

 外国人が、日本人が日本語で歌っている歌を聴いて感激し、歌詞が一切理解できないのにもかかわらず涙を流すことがあるという。それを聞いたときは、単なる条件反射のようなものかと思っていたが、今回かおりんの『リラの季節』を聴いて、私にも異国の唄に感動する心が分かった。言葉が理解できなくても気持ちは伝わるし、迫力も伝わるのだ。
 外国語の歌で迫力を出せて、日本語の歌で迫力を出せない筈がない。かおりんが自分に合わない歌唱法を捨て、自身の素質を100%活かす歌い方をすることが出来れば、日本語の歌でも今までとは全く違ったものになると思う。かおりんの、そんな日本語の歌を聴いてみたい。

             ピースポーズでアクシデント(嬉しい誤算?)

 ポラ撮影の際、私はその場になって突然「前回と同じポーズでは面白くないな」と思い立った。そこで、かおりんに
「ピースでお願いします」と言ったら、かおりんは快く
「ピースですね」と引き受けてくれた。
 私がカメラに向かってピースサインのポーズを取ったとき、私の身体を違和感が駆け巡った。
(あれ、何か変だぞ? これでいいのか、ピースって?)
 その瞬間に気付いたのだが、私は生まれてこのかた、ピースをして写真を撮られた記憶がない。というか、ピースポーズを取ったこと自体、記憶にない。もしかして私は今、生まれて初めてピースをやっているのではないか?
(手の高さはこれでいいのか? 肩は出す?引く? どっちだ?)
 時間にしてほんの2、3秒だが、私はもの凄く焦りつつも思考をフル回転させていた。そして気付いた、ピースのポーズで半身になっているのは変であることに。
 私がピーズサインを作っている右手を引いて右半身の姿勢を戻したとき、その反対側である左腕の三角筋から上腕三頭筋の部分が、かおりんの同部位(ただし右側)にピタッと触れた。
(あ!)
と思う一瞬前、写真の撮影は終わっていたのだろう。その結果がこれである。
20070520広尾ディナーショー・かおりんと私

 ちなみに、この6日後の、斉藤瞳・村田めぐみ・大谷雅恵(メロン記念日) ディナーショー(その記事は→ こちら )のポラ撮りの際には、こうしたことが起こらないように、最初から思いっきり真正面を向いて撮影に臨んだ。

 そういうわけで、この時は本当にアクシデントだったのだ。意図的にくっつこうとしたわけではないので、許して下さい、かおりん様。

2007年6月8日(金) いちおう日記

2007年6月8日(金)いちおう日記

 今日、ボンブラとハロプロのFC先行チケットの申し込みを済ませた。
 ボンブラは、7月の渋谷を申し込み、8月の逗子はパス。逗子は遠いよ。年内にあと1回は都内でライブがあると思うので、そちらを狙う。
 遠いと言えば、ごっちんの“ハーモニーホール座間”も遠い。よって、正真正銘1点買いのみとし、外れたら行かないことにした。

 ℃-uteのZepp Tokyoは昼夜共に申し込んだが、競争率高そう。
まぁ、こちらは外れても金銭的な損害は無いから良いのだが、8月の東京体育館イベントは外れたら600円の損害だ。かおりんのYOMIKOホールもそうだったけど、先に金だけ振り込ませておいて「外れました、手数料だけ頂きます」は酷い。一体何故抽選前に金を振り込ませるのか、その理由をキチンと説明するべきだ。
 かおりんのときは当選したから良かったけど、今度もし外れたら、冗談抜きで消費者ナントカ相談センターに電話して、こういう売り方をやめさせる方法はないか訊いてみる。

 今日のベンチプレスはキツかった。午前4時の間食のカロリーが高めだったので、筋トレ前間食を無しにしたら、準備運動を終えた時点でお腹がキューとか鳴ってやんの。どんだけ燃費が悪いんだ俺の身体は。慌ててリンゴジュースをチューチュー吸ったが、それでも前回と同じレップス挙げるのが前回よりもキツかった。フライは、前回より1回だけ増えたんだけどね。
 サイドベントは、漸く効き出してきてイイ感じになってきた。心なしか、脇腹が引き締まってきたような気がする。イイわぁ、サイドベント。

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※プチ予定表…6月8日(金)洗髪時、頭皮をこすらない(白髪染め対策)
        6月9日(土)かおりんDS記事→白髪染め(℃-ute対策)
        6月10日(日)映画感想記事→家計簿完成
        6月16日(日)床屋
        6月17日(日)℃-ute(池袋サンシャイン劇場)→映画1本

1.出勤前ぶら下がり 1分16秒
2.就寝前ぶら下がり 1分30秒

3.朝の果物…キウイ1個

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…黒豆ミルク【第一パン】熱量311kcal、脂質9.4g、たんぱく質6.5g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  カーフレイズ…(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で8回
         (2.5kg×8)で12回、10回
  サイドベント…(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で15回、15回

7.午前4時の間食…
 (カフェチョコロール【Pasco】熱量127kcal、脂質4.9g、たんぱく質2.6g)×3、プロテイン20g

8.夕食前体重 59.9kg(クレアチン:メンテナンス期)
   体脂肪率 12.3%

9.筋トレ前間食…無し

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
 ウォーミングアップBGM…『恋するエンジェルハート』
 無負荷(プッシュアップ)15回×1セット
 ベンチプレス
  片側(10kg×1)+(2.5kg×1)で7回×1セット
  片側(10kg×1)+(2.5kg×2)で3回×1セット
  片側(10kg×1)+(2.5kg×3)+(1.25kg×1)で9回×1セット
  片側(10kg×1)+(2.5kg×3)+(1.25kg×1)で6回×1セット
  片側(10kg×1)+(2.5kg×2)+(1.25kg×1)で7回×1セット
 フライ…片側(1.25kg×6)で12回、8回

11.夕飯…味噌鍋

12.就寝前柔軟体操…9分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11) 飯田圭織ディナーショー感想
(12)『リーピング』感想

2007年6月7日(木) いちおう日記

2007年6月7日(木)いちおう日記

 今日は体重を量り忘れてしまった。
現在使っている体重計は、電源を入れるとディスプレイに「36」と表示される。これは、体重計を購入した当時の私の年齢である。買ったその日に入力して、以降更新していないので、今でも「36」と表示されるのだ。
 もう6年も経った。今まで何度スリッパを履いた足で蹴飛ばしたことだろう。今まで何度裸足で蹴飛ばして足の小指を強打し、悶絶したことだろう。正直なところ、今までさんざん蹴飛ばしてきたこの体重計の出力値を、余り信じられなくなってきている。また、ただ載るだけのタイプなので、体脂肪率の測定誤差が大きいと思われる。
 今月ボーナスが出たら、手で握る部分が付いているオムロンの体重計を買うつもりだ。やはり、測定するからには出来るだけ正確な値が欲しい。もちろん、蹴飛ばさないようにすることも重要なのだが。

 ローイングもシュラッグも重量を増加させることが出来た。
 シュラッグは、現在片手で20kg(シャフト類除く)がメイン。今後も高重量&低レップスへと移行を続け、片手で25kg(シャフト類除く)、これで2セット目も7回以上となるようにしたい。

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※ここ数日のメモ…6月8日(金)洗髪時、頭皮をこすらない(白髪染め対策)
          6月9日(土)かおりんDS記事→白髪染め(℃-ute対策)
          6月10日(日)映画感想記事→家計簿完成
          6月17日(日)℃-ute(池袋サンシャイン劇場)

1.出勤前ぶら下がり 1分13秒
2.就寝前ぶら下がり 1分14秒

3.朝の果物…キウイ1個

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…カスタードクリームパン【Pasco】熱量321kcal、脂質11.4g、たんぱく質7.3g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ベントロー(ノーマル)…片手(2.5kg×2+(1.25kg×2))で10回×1セット
              片手(2.5kg×2)+(1.25kg×6)で9回
              片手(2.5kg×2)+(1.25kg×5)で8回
  ベントロー(ドリアン式)…片手(2.5kg×2)+(1.25kg×5)で8回
               片手(2.5kg×2)+(1.25kg×4)で7回
  アブフレックス…10回×3セット

7.午前4時の間食…チーズ蒸しケーキ【Pasco】熱量351kcal、脂質11.7g、たんぱく質7.4g

8.夕食前体重 未測定(クレアチン:ローディング期)
   体脂肪率 未測定

9.筋トレ前間食…バナナ(大)1本

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ウォーミングアップBGM…『カッチョイイゼ!JAPAN』
  シュラッグ…片側(5kg×2)で10回×1セット
      片側(5kg×2)+(2.5kg×2)で6回  
      片側(5kg×2)+(2.5kg×4)で15回14回、11回
      【↑次回は片側(5kg×2)+(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で2セットにする】
  懸垂…逆手で8回、順手で9回
  首筋(顎引き)…無負荷で13回、8回、7回
  ブリッジで返す…無負荷で15回、15回、15回

11.夕飯…味噌鍋

12.就寝前柔軟体操…8分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11) 飯田圭織ディナーショー感想
(12)『リーピング』感想

2007年6月5日(火) いちおう日記

2007年6月5日(火)いちおう日記

 土日と美勇伝コンサート連チャンだったので、昨日はグダグダ。間食用のパンもなくなってしまったので、今日会社帰りに買ってきた。
4日分のパン

 これで4日分の間食。全部【Pasco】を買ってきたつもりが、第一パンが1個混ざっていたのはご愛嬌。
 3食以外に、1日2回の間食で700kcal摂れば体重が微増を続けることが分かってきた。ちなみに、これを1000kcalにすると私の胃腸の処理能力を超えてしまい、逆効果となる。

 今日の昼休み筋トレで、今年初めて上半身裸になった。サイドベントを鏡の前でやったら、目的筋の腹斜筋よりも、大胸筋の貧弱さが気になってしまった。
 夕食前にはその大胸筋を鍛えた。パンプアップはイイ感じで起きているので、とりあえずこのメニューで続ける。高負荷(自分的には)&低レップス狙いの中2日または3日なので、回復を考えてフライは2セットのみとする。

 クレアチンのローディングは終了したのだが、その効果は微妙。あと2、3日ローディングを続けるべきだったのかなぁ?

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※ここ数日のメモ…6月9日(土)白髪染め(℃-ute対策)
          6月17日(日)℃-ute(池袋サンシャイン劇場)

1.出勤前ぶら下がり 0分0秒
2.就寝前ぶら下がり 1分43秒

3.朝の果物…キウイ1個

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…カロリーメイト 熱量200kcal、脂質4.4g、たんぱく質10g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  カーフレイズ…(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で8回
         (2.5kg×8)で12回、10回
  サイドベント…(2.5kg×4)+(1.25kg×2)で15回、15回

7.午前4時の間食…カロリーメイト 熱量200kcal、脂質4.4g、たんぱく質10g
          プロテイン20g

8.夕食前体重 59.7kg(クレアチン:メンテナンス期)
   体脂肪率 12.8%

9.筋トレ前間食…バナナ(中)1本

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
 ウォーミングアップBGM…『恋するエンジェルハート』
 無負荷(プッシュアップ)15回×1セット
 ベンチプレス…片側(10kg×1)+(2.5kg×1)で7回×1セット
        片側(10kg×1)+(2.5kg×2)で3回×1セット
        片側(10kg×1)+(2.5kg×3)+(1.25kg×1)で9回×1セット
        片側(10kg×1)+(2.5kg×3)+(1.25kg×1)で6回×1セット
        片側(10kg×1)+(2.5kg×2)+(1.25kg×1)で7回×1セット
  フライ…片側(1.25kg×6)で11回、8回

11.夕飯…味噌鍋

12.就寝前柔軟体操…1分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ステップ・アップ』感想
(7)『五重塔』感想
(8)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(9) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(10)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(11) 飯田圭織ディナーショー感想
(12)『リーピング』感想

藤本美貴がモー娘。を脱退した件について ~フライデーはハロプロの“浄化装置”か?~

藤本美貴がモー娘。を脱退した件について
    ~フライデーはハロプロの“浄化装置”か?~


 飽くまでも結果論だけど、フライデーがハロプロの諮問機関というか風紀委員会というか、一種の浄化装置として機能しているような気がしてきた。

 自分が小春やミッツィーの親だったら、ミキティがツアー中に男性宅に通っていた(肉体関係を持ったと思われても仕方ない)とか知らされたら、そりゃ「ウチの娘も感化されて…」と不安になる。新メンバー(中学生も多い)を応募する際に、こうしたいわゆる“風紀”のイメージがネックになってきたら、モー娘。というシステム自体が回らなくなってしまう。

 フライダーに報道されなかったら、ハロプロの風紀は、もっと悪化していたんじゃないかとも思える。
 今後も、ハロプロメンバー内に自覚の足りないメンバーがいて、アップフロントの管理能力に限界があると考えると、ハロプロ内で自浄能力が作用することはほぼ期待できない。
 フライデーは、ハロプロの風紀および健全性を守っているのかも知れない。本当に、結果論だけど。

 だけど、求められているものもまた、“結果”なんだよな。

2007年6月1日(月) いちおう日記

2007年6月1日(月)いちおう日記

 明日・明後日は美勇伝のコンサート。私にとって美勇伝単体のコンサートは今回が初めてとなる。
 明後日はともかく、明日は2列目(O列があるので実質6列目)かつ端ではない席なので、不安だ。床の傾斜が少ないと思われるので、前の席の客ががっついていたらステージが相当観難くなる。サイリウム扇持ち(孔雀持ち)が前に来る可能性も、普段より高いだろう。
 2列目の憂鬱。
 でも、自分(と会場係員)で事態を打開するしかない。とにかく、自分の目の前の席の客に対しては話して納得してもらうしかない。「サイリウムその他を、自分の顔の高さよりも高く上げないで」と。目の前でサイリウム持って万歳されたら、こっちは前が見えんぞ、マジで。

 今日の筋トレは背中。ローイングは重量を増加した。シュラッグは次回、重量を増加させる予定。シュラッグの後の逆手懸垂は、ドリアン式と同じ効き方となることが体感できた。
 明日のコンサートに向けて、最低限の仕上がりにはなったという感じ。
 中野サンプラザ2列目で、42才が、タンクトップ姿で『一切合財』踊ってきます!

 ※今日の出費…(家計簿未完成)

 ※ここ数日のメモ…6月2日(土)かおりんDS記事→美勇伝(中野サンプラザ)
          6月3日(日)家計簿完成→美勇伝(中野サンプラザ)
          6月17日(日)℃-ute(池袋サンシャイン劇場)

1.出勤前ぶら下がり 1分30秒
2.就寝前ぶら下がり 1分33秒

3.朝の果物…キウイ1個

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…カスタードクリームパン【Pasco】熱量321kcal、脂質11.4g、たんぱく質7.3g

6.昼休み筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ベントロー(ノーマル)…片手(2.5kg×2+(1.25kg×2))で7回×1セット
              片手(2.5kg×2)+(1.25kg×6)で7回
             【↑次回は片手(2.5kg×2)+(1.25kg×5)にする】
             片手(2.5kg×2)+(1.25kg×4)で7回
  ベントロー(ドリアン式)…片手(2.5kg×2)+(1.25kg×4)で9回
               片手(2.5kg×2)+(1.25kg×3)で7回
  アブフレックス…10回×3セット

7.午前4時の間食…黒糖豆蒸しパン【Pasco】熱量440kcal、脂質6.0g、たんぱく質7.6g

8.夕食前体重 60.5kg(クレアチン:ローディング期)
   体脂肪率 12.9%

9.筋トレ前間食…バナナ(小)1本

10.夕食前筋トレ(重量はプレートのみの値)
  ウォーミングアップBGM…『恋するエンジェルハート』
  シュラッグ…片側(5kg×2)で10回×1セット
      片側(5kg×2)+(2.5kg×2)で6回  
      片側(5kg×2)+(2.5kg×2)+(1.25kg×2)で15回、15回、15回
      【↑次回は片側(5kg×2)+(2.5kg×4)にする】
  懸垂…逆手で10回、順手で7回
  首筋(顎引き)…無負荷で12回、7回、7回
  ブリッジで返す…無負荷で15回、15回、14回

11.夕飯…味噌鍋

12.就寝前柔軟体操…1分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)特撮あれ?コレ?
(6)あなたのファンになる3原則
(7)『ステップ・アップ』感想
(8)『五重塔』感想
(9)『ブラッド・ダイヤモンド』感想
(10) BON-BON BLANCOマンスリーライブ感想
(11)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(12) 飯田圭織ディナーショー感想

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。