FC2ブログ

2006-01

『仮面ライダー響鬼』 四十七之巻

『仮面ライダー響鬼』 四十七之巻

【 観る前に思ったこと 】

 歴代ライダーの中で、最も目立たない主人公である、ヒビキ。
 そして、やはり最も目立たない「もう一人の主人公」である、明日夢。
 目立たないというより、話題にならないといった方が、より正確だ。
 主人公不在でもドラマ進行に支障が生じない割合が、これほど高い作品も珍しい。
 
 今までの平成ライダー(主役ライダー)は、概ね「未熟な若者が、物語を通して成長していく」というパターンだった。これに対して、主役ライダーを「第1話の時点で、既に完成している人物」とし、その代わりに「もう一人の主人公である少年の成長を描く」という発想は、新趣向(あるいはヒーローものの原点回帰)として、なかなか良いものだったとは思う。
 しかし、成長するはずの明日夢が、いつまで経っても成長しない。厳密に言えば成長しているのだが、ドラマの常識からすると写真判定レベルでしか成長していかない。

 こうなると、「未完成な少年が成長する姿」と「(少年の手本または理想像としての)完成された男性の姿」の対比という、基本構造自体が破綻してしまう。
 対比というのは、足し算ではなく、掛け算なのだ。
 明日夢の成長がゼロである場合、ヒビキの完成度が如何に高くても、掛け算の値はゼロになる。
 「既に完成されたキャラ」というのは、何かを克服して成長していく姿に感情移入するというパターンが基本的には使えない。もちろん、「成長しない未熟者」にも、感情移入はしづらい。
 かくして、ヒビキと明日夢、二人の主人公が共倒れとなった。
 端的に言って、当初『響鬼』で狙っていた「ヒビキ・明日夢」の対比は、『巨人の星』における「星一徹・星飛雄馬」の対比と大差ない。所詮、「師弟もの」である。
 『巨人の星』において、星飛雄馬がほとんど成長しないキャラであったら、「完成された男性(あるいは完成象の先にある姿)」である星一徹のキャラが立つだろうか? 星一徹がそれなりに魅力を有し、ドラマを纏うことができたのは、星飛雄馬というキャラとセットになっていたからである。

 「ヒビキ・明日夢」の対比が失敗した原因として、ヒビキの出番そのものが、一時期減少したことも挙げられるだろう。
 それならそれで、「ヒビキの出番はゼロだが、ヒビキのことばかりを話題にしている」という回があっても良かったと思う。「明日夢の出番はゼロだが、明日夢のことばかりを話題にしている」という回も、同様である。当然、「ヒビキと明日夢の出番はゼロだが、ヒビキと明日夢の師弟関係のことばかりを話題にしている」という回も有りだろう。登場しないことで、かえってキャラを目立たせるのだ。
 細川さんの出演が変則的であることが予め分かっていたのなら、単純に「サブキャラの魅力で物語を繋ぐ」のではなく、「サブキャラの魅力を利用して、その場にいない主役を立てる」といった、変則的なドラマを編むという手もあったのではないか。

 これは余談だが、『快傑ズバット』のような、「極端に完璧なキャラ」としてのヒビキも、見てみたかった気がする。そういう『響鬼』なら、30話の桐矢京介のようなキャラもすんなり馴染んだことだろう。

 予告を見ると、久し振りにみどりが登場するみたい。太鼓祭り復活?

【四十七之巻の感想 】

 実戦と言いつつ、音撃鼓を装着しないでオオアリに向かっていく威吹鬼。魔化魍退治の実戦ではなく、飽くまでも「大地を清める」際に魔化魍を捌く実戦という意味か。(この時点でも、「大地を清める」際に、音撃鼓を使う可能性が低いことは想像できる)。
 見かねた轟鬼が助けに入り、音撃斬でオオアリを爆散させるが、その際、何故か威吹鬼も決めポーズ。轟鬼が音撃斬を行ったことに気付かないほどテンパッていたのか? それとも、轟鬼の音撃斬に合わせて一通りオオアリをドンドコしたから、とりあえずポーズを決めてみたのか?

 前回、出席日数の話が出た通り、キャンプ地での修行も行っていた明日夢と京介。そりゃ、修行の初期段階のうちは、街中で大量のDAを扱う練習とかは無理だもんなぁ。キャンプ生活自体にも慣れなきゃならんだろうし。
 既に二人ともDAを使役できるようになっている様子が分かる演出が、ナイスである。

 ヒビキの、変身前のアクションが炸裂! これは、細川さんの要望から来るものなのか?と思っていたら、変身前にバチを取り出してファイアーブレード発動! 以前、ザンキがサポーターを始めた頃、ザンキに変身しないで鬼爪を出して欲しいと書いたことがあった が、まさかヒビキがファイヤーブレードでそれをやるとは思わなかった。しかも、アームドセイバーの登場で完全に出番を失ったと思われていたアイテムだけに、二重の驚きである。この演出は、心憎い。巨大魔化魍をぶった切る威力があるのだから、天然の等身大魔化魍を爆散させても良いだろう。
「鬼になるということは、変身するということではなく、怖いと思う気持ちと戦うこと」というヒビキの台詞は、
「鬼というのは、一つの生き方、常に自分に克つという生き方のこと」というザンキの台詞と重なる部分があると思う。

 一人奮戦する轟鬼の上空に舞っていた魔化魍の群れ、数多過ぎ! ほとんど最後だからといって、CG(VFX)担当さん、大盤振る舞いし過ぎ! 結局アレは、傀儡師夫婦が退治したのか、共食いでも始めて自滅したのか…。
 いずれにせよ、あそこまで育っていて人里に降りないというのは不自然。前回、街中に魔化魍の群れが出現する描写があったが、そういう部分もそれなりにフォローしておいて欲しいところだ。

 清めの儀式の前日、3鬼がそれぞれの女性パートナーと二人きりで、しっぽりと語り合っているシーンが、なかなか良い。
 だが、ヒビキが、自分が師匠無しで鬼になった(ずっと弟子を取っていなかった理由はそこにある)ことを語ったのは、余計だったように感じた。あの台詞がなければ、より純粋にヒビキと明日夢の師弟関係のイメージが煮詰められていたと思う。

 当日、3鬼の出陣。トドロキが最後までライダーではなくドライバーなのが、逆にトドロキらしくて良い。緑色の雷神は、ザンキから譲り受けたものなのだから。特に気負った表情をするわけでもなく、一人無言で雷神を運転しているトドロキに、成長した男の姿を垣間見たような気がする。

 明日夢が弟子を完全に辞めたのか、明日夢と京介の腐れ縁が完全に決裂したのか、その辺が分からないまま最終回へ。
 大地を清める件は、響鬼がやってて失敗するわけがないと思えるので、関心は二人の弟子の件に行ってしまうのだった。

【小学一年生の心で学び直したこと】

 明日夢は、京介がいなかったら、パネルシアターの舞台に立つこともなかったのではないか。
 勘違いでも腐れ縁でも、ライバルの存在はありがたいものである。

【 次回予告を観て思ったこと 】

 京介は鬼になっている? 明日夢とのダブル変身は見られるのか?
 モッチー、囚われの身?
 最終回で新型CG魔化魍を出せるような予算があるのなら、関東11鬼を一人でも多く並べて見せてくれ!

****************************************

 『響鬼』に関して以下の記事を書きましたので、こちらも読んでいただけたら幸いです。

New! 1/11 up 響鬼玩具の特売が既に始まっていた!
1/7 up 理想の『響鬼』のプロット(と言うより、メモ書き)
12/29 up 『響鬼』および仮面ライダーシリーズの終盤の視聴率に関して
12/22 up 29話までの『響鬼』と30話からの『響鬼』を採点比較する!
12/15 up ザンキは如何にして みどりを口説き落としたか?
12/14 up 「ザンキ&修行初期の戸田山」について想像する
12/14 up ザンキについて(ついでにサバキも)考える
12/11 up 『響鬼』とその周辺を1年間観続けた印象 ~特撮文化における「恥」と「理性」~
12/2 up 「完全新生」仕切り直し!『響鬼2』は、このスタイルで放映せよ!!
11/27 up 『響鬼』は何故“マッタリした『牙狼』”になれなかったのか?
11/27 up 『仮面ライダー響鬼』は失敗作である(駄作ではない)
11/18 up 『アマゾン』と『響鬼』
10/30 up 鬼の顔だけ変身解除リアル版 その2
10/30 up あきらも明日夢も京介も変身だぁ!
10/25 up あきらが鬼に変身する過程の想像図
10/23 up 朱鬼の「女の鬼」としてのデザインに不満あり!
10/19 up 最終回までに桐矢京介にやって欲しい10のこと
10/11 up 空想検討「『響鬼』の理想の最終章をファンドで映画化しよう!」
10/4 up 『響鬼』の製作体制変更に関してのまとめ
9/27 up 桐矢京介のモデルはブロガー(アンチ新体制派)だ!
9/17 up もしも『響鬼』が有料番組になったら、金を払ってでも見るか?
9/11 up こんな『響鬼』だったら玩具が売れた!??
9/8 up 『響鬼』の人気低迷を考察する
9/9 up 『響鬼』の商業的失敗の原因を解明する!
9/9 up 『響鬼』の製作体制変更に関する疑問
9/3 up 『仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼』
8/20 up ザンキ・スペシャル “元”鬼の裏技「隠し鬼爪」
8/15 up 鬼の「顔だけ変身解除」リアル版
7/26 up ザンキさんレギュラー化計画
7/25 up 『ああザンキさん』
7/22 up 変身裸族
7/9 up 我が家のキアカシシ
7/5 up ディスクアニマルの使われ方について考える
6/19 up “鬼”ごっこ(『仮面ライダー響鬼』ごっこ)で遊ぼう!
6/12 up 『仮面ライダー響鬼』キャラクターお気に入りベスト3
6/4 up 劇場版『仮面ライダー響鬼』を、ネタばれ無しで考える
5/23 up 我が家のルリオオカミ
5/22 up 『響鬼』パロディ企画 筒の使い手“仮面ライダー奏鬼”を独占スクープ!
5/15 up 『仮面ライダー響鬼』その他ライダーの変身ポーズを裸で比較検証する
5/2 up 安達明日夢(ア・ア)は鬼になる!
4/18 up 『仮面ライダー響鬼』3人目の鬼を、ネタばれ無しで考える その2
4/13 up 新しいディスクアニマルを、ネタばれ無しで考える
4/10 up 『仮面ライダー響鬼』3人目の鬼を、ネタばれ無しで考える
4/3 up 『仮面ライダー響鬼』ハリウッド映画化計画! を考える
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。