FC2ブログ

2005-04

『仮面ライダー響鬼』 3人目の鬼を、ネタばれ無しで考える

仮面ライダー“麗鬼”を演じる飯田圭織が
 「あなたも、これで変身」
  とか言って化粧品のCMに出演する?!
       音撃地雷で魔化魍を包囲せよ!


 3人目の鬼(ライダー)は、こんなキャラであって欲しい!と妄想をかます前に、いちおう普通の予想もサラッとやっておこう。まず、
(1)玩具販売展開の面から考えると、太鼓、ラッパの使い手ではない。
(2)今までの話の流れからすると、弦の使い手である。

 次に弦の使い手に関しては、
(3)水中戦用の鬼ではない(イッタンモメンを威吹鬼が担当したことから、水中戦用の鬼はいない)
(4)空中戦用の鬼ではない(空を飛べる鬼はいない、同上)
(5)組討戦用の鬼ではない(バケガニを斬鬼が担当したことから)
(6)硬い外殻を持つ魔化魍に対して有効な攻撃方法を持っている(同上)

 ここからは推測の要素が大きくなるが、
(7)太鼓の使い手が組討戦&短い棍棒(打撃)、ラッパの使い手が遠距離戦&銃(射撃)であることから、弦の使い手は中間距離戦&剣(斬撃)ではないか?
(8)玩具化のことを考えると、弦楽器ではあるものの、本当の弦は使わない(PL法対策)のではないか?
(9)前作でカリスの玩具に弓が含まれていたことから、今回は弓に似た形の弦楽器(ハープなど)は使用されないのではないか?(クウガの後、アギトには剣はあったが弓はなかった)
(10)楽器の形状の自由度が大きいことから、弦楽器はエレキギターではないか?
 剣の刃の部分がギターの柄になって弦が表示され、そこには音程(音色)を調節する機能がある(玩具の場合はスイッチが付く)。剣の柄(取っ手)の部分に円パーツをはめ込み、この部分を弾く動作で音が出る。
(11)ヒビキが炎の属性、イブキが風の属性であることから、3人目の鬼は雷か氷の属性ではないか?
(12)ヒビキもイブキも変身の際のエフェクトが移動車両の名称になっていることから、3人目もそうなるのではないか? 例えば、電撃に包まれて変身する場合は、移動車両の名前も“稲妻”。氷に包まれて変身するなら“氷河”

 個人的には、カミナリ様みたいな、黄色い鬼を希望! 全身から放電しながら変身し、衣類が弾け散る! 変身後は、ある程度離れた位置から、音撃で斬る(音撃斬)!
 ベベーンベベーンと金属的な音が放たれるたびに、硬い外殻を持った魔化魍の体がザクッザクッと切り刻まれる。まるで南斗聖拳の遠隔版! しかし、ラッパと比べるとかなり接近しなければ効果が出ない。だから中間距離タイプであり、水中や空中にいる相手とは戦えない。
 普通の予想としては、こんなところである。

 ここで私が本当に言いたいのは、「女性の鬼(ライダー)が観たい!」ということである。
そしてその女性ライダーとは、日本一の美人・飯田圭織が演じる“麗鬼”なのだ!!
 当然ながら、変身前の役名は“レイキ”である。

 もう、ずっと前からの夢なのである。TV版でレギュラーの女性ライダーを観るのが。
 ベルトは本来、男性よりも女性の方が似合うし、ファッション的な自由度が大きい。女性の方が腰がよりクビレており、位置も高いことがその理由だ。
 ヒビキやイブキは、この腰の位置がネックになって、変身前に鬼ベルトを外に出しづらい。しかし、女性ならヘソ出し(腹出し)ルックがOKであるため、変身前に鬼ベルトを露出させることが可能だ。(変身の時にベルトが露出している、これはライダーの重要な要件であろう!)
 普段から腹出しファッションで、鬼ベルトも堂々と露出させているスタイル抜群の美人!
 かおりん(飯田圭織)の長い脚が、鬼ベルトによって更に長く見える! カッコイイ! 絶対カッコイイ!
(もちろん、ヒビキやイブキ同様、ディスクアニマルを鬼ベルトにぶら下げている)

 そしてしかも、鬼に変身する際には衣類を失うのである。美女が変身するとき一時的に裸になるといったら、これはもうハニーフラッシュなのである。
 かおりんが、放電現象に身を包みつつ、プチ・ハニーフラッシュな感じで変身する!
 もう全国のオヤジ族は、日曜の朝8時に自然に目が覚める覚める!
 全国のお母さんやOL族も、かおりんの素晴らし過ぎるプロポーションを観て、向上心を燃え上がらせること請け合い!
 そういえば関東圏では一時期、平成ライダーのCMに化粧品メーカーが入っていたような記憶がある。仮面ライダー麗鬼を演じる飯田圭織が、「私は、これで変身」とか、「あなたも、これで変身」とか言って化粧品のCMに出演したら、効果は倍増どころの騒ぎではないだろう。
 そもそも、イケメンライダー目当てで平成ライダーを観ることが既に市民権を得ている状況の今日、「仮面ライダーが化粧品メーカーとタイアップ」というのも自然な流れである。朝のニュースやワイドショーでも話題にもなり、平成ライダー人気の底辺拡大に貢献するだろう。

 かおりんを推す理由は、ミーハー要素からだけではない。
 かおりんは、ハイキックが出来るのである。
(やっているのを見たわけではないが、股割に近い柔軟体操を問題なくこなしていたので、まず大丈夫)
 細川さんや渋江さんがハイキック出来ますか? 
 平成ライダーシリーズの課題の1つとして、変身前のライダーのアクションの弱さが指摘されて久しい。吹き替え無しでハイキックをビシバシ決められる変身前のライダーを観たい! かおりんなら、それを実現させることが出来るのだ。
 年齢的にも、ヒビキより下でイブキより上、香須実と同世代。人間関係(ドラマ)的にも、実に面白くなりそうである。(関係ないけど、同じモー娘。出身者でも、中沢裕ちゃんはヒビキと同世代になっちゃうのね)

 妄想ここまで。実際には、モー娘。を卒業したとはいえ、歌手活動をメインにしているかおりんが仮面ライダーにレギュラー出演する可能性は低い。でも、あいぼん(加護亜依)みたいに普通のドラマに出演していた例はあるし、何より細川さんが“ヒビキ”を演じちゃうんだから、可能性がゼロというわけでもないとも思う。
 ここで、少し現実路線に戻って、3人目の鬼に関する希望論を追記しておこう。
 ちなみに、名前は私にちなんで“震鬼(シンキ)”。初バトル時の回のサブタイトルは「震わす鬼」。

(13)普段から和服(上着だけでもOK)を着ている。せっかく“和”のイメージのライダーなので、日常のファッションも和風に。
(14)和服を着た戦士なので、時代劇の侍みたいな調子で喋る。「拙者、○○でござる」のような感じ。これをやると、表面的にはほぼ自動的に3枚目キャラ(天然ボケ)になってしまうけれど、それで良し。『響鬼』においては、“鬼は~ボケ、副(サポート側)は~ツッコミ”というパターンを貫く。
 ただし、表面的言動はボケだが、本分は分析・知略タイプ。趣味も、囲碁・将棋。
(15)鬼に変身した際の戦い方も、囲碁・将棋系というか、陰陽師系。
 音撃斬に持ち込む前段階として、音撃地雷というアイテムを使用する。
 魔化魍の周囲に、複数の遠隔操作可能な音撃兵器を配置し、その効果が最大になるように、魔化魍を誘導する。将棋でいうところ“詰め”を連想させる戦法。
 魔化魍を最適位置に誘導することに成功したら、音撃地雷を作動させて音撃結界を生成する。音撃結界に包まれた魔化魍は動きを封じられる(このとき魔化魍が震える)ので、そこへある程度接近して音撃斬を放ち、フィニッシュ。

 和風デザインのエレキギターを三味線の如く爪弾く“鬼”が観られたら、もう最高なんですけど!
スポンサーサイト



『仮面ライダー響鬼』 十一之巻

『仮面ライダー響鬼』 十一之巻

【 観る前に思ったこと 】

 遂に幹部クラス登場か!?
 戦闘員レベルだった妖姫と怪童子の着ぐるみのクオリティが、普通の怪人レベルになってる? 同時に強さも戦闘員レベルから怪人レベルにアップ?(着ぐるみの予算に比例して強くなるのか?)
 前回、鬼が2人がかりで魔化魍1体と戦ったのだから、今度は魔化魍が2体がかりで1人の鬼と戦って欲しい。一度作ったCGは使い回しが効く(着ぐるみみたいに劣化しない)し、再生怪人ならぬ同種魔化魍が何種類か同時に登場するとか。あるいはモスラの幼虫のように、双子の魔化魍でも良い。
 新登場人物として、美人がまた一人登場! オヤジ族には嬉しい限りだ!
 でも、ヒビキと同級生なら、元モー娘。の中澤沢裕子の方が自然な気がする。裕ちゃんだったら、「おい、ヒビキ」とタメグチで会話しても違和感ないし。(むしろちょっとリアルすぎるか?)

【十一之巻の感想 】

 桜までCGCGな『響鬼』。まあ、これはしょうがないというか慣れるしかない。
 予告に出ていた、幹部風のキャラが登場。イメージ的に洋風なのがイマイチ。『クウガ』で算盤を持ち歩いていたキャラよりも、魔法使いっぽい感じ。
 今日のイブキは「ふうぅ」を定着させて出番終了。あきらは、入学式どうしたの? てっきり、明日夢と同じ高校に入学したと思っていたのだが。
 またまた臨時出動のヒビキ。上着が薄手になってきたが、設定上は、常にバチを背中(柔道で言う後帯)に装着しているはず。夏場も、薄手の上着を着用し続けるのだろうか。
 期待の美人新キャラが登場…と思ったら、私この人の写真集持ってるぞ!? 後でOPチェックしたら、梅宮万沙子さんだったので間違いない。そう言えば、神戸みゆきさんのデビュー当時の写真集も持ってるし、私が写真集を買った美人は仮面ライダーに出演する運命にあるのか?(『555』に出演してデルタにちょっとだけ変身した美人の写真集も以前から持っていた)
 今回も、世も末な「ヒビキ合成だー」があった。姫役の女優さんがメジャーになったら、今回の「大口合成」の映像を引っ張り出されて冷やかされるんだろうなと思うと、一寸悲しくなった。
 「いろんなところが開いちゃってるみたい」の場面で、日菜佳の胸元か脇か帯(お腹)か太股側面が「開いちゃってる」ことを一瞬期待してしまったことは、認めたくないものだ。オヤジ故の過ちというものを。
 ヒビキたちが猛士の家庭を訪問しているシーンは、役者の芝居が自然で良かった。こういう何気ないシーンの積み重ねが、作品のクオリティを高めていく。
 今回から、妖姫と怪童子も装着変身? でも「敵が強くなったと」いうより、「響鬼が弱くなった」と感じたのは、パワータイプの響鬼が簡単に吹っ飛ばされてしまったからだろう。
 たちばなの建て屋は、忍者屋敷と言うよりサンダーバード司令室。サンダーバードの場合、あの通路もちゃんとした設定がなされているのだが、たちばなはどうか?

【小学一年生の心で学び直したこと】

 今度、万引きを見つけたら、どうしよう? そんな伏線を感じさせるシーンがあった。やはり、店員に知らせるのが妥当な措置だと思う。
 ぶつかって来た人の荷物を運んであげて、プチ人助けをした明日夢に拍手。
 ちなみに、私は昨日電車で席をお年寄りに譲りました。明日夢が、電車で席を譲るシーンが出ると良いな。

【 次回予告を観て思ったこと 】

 遂にモッチーとあきらの顔合わせが実現。条件反射的に三角関係を想像してしまう。
 音角を操作する明日夢。以前、素のまま(全くの素人の状態)でディスクの再生音に反応していたような描写があったが、音角に対しては? 音撃戦士としての素質が垣間見られるのか? ヒビキや幹部クラスの秘密より、そっちに期待。

********************************

 『響鬼』に関するコラムを書きましたので、よろしければご一読ください。

仮面ライダー響鬼』3人目の鬼を、ネタばれ無しで考える
『仮面ライダー響鬼』ハリウッド映画化計画! を考える

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。