2017-08

ガンダムAGEの記事のトラックバックに関して

ガンダムAGEの記事のトラックバックに関して

 ネタばれを防止するため(詳しくは → こちら)、トラックバック先の記事の確認およびトラックバックの承認は、『ガンダムAGE』放送終了後とさせて頂きます。悪しからずご了承下さい。
スポンサーサイト

キャプ画像を無断使用した記事のTBに関して

キャプ画像を無断使用した記事のTBに関して


 映像作品からのキャプ画像(または画像作品からのスキャン画像。以下この記述略)を無断使用している(と思われる)記事へのTBは行なわない(受けた場合は削除する)ことにしました。
感想記事におけるキャプ画像の使用は「映像作品からの適切な引用」とは認められないと、自分なりの結論を出したからです。

 「文章作品」からの「適切な引用(一定の制約の元でなら、著作者の許可を得なくても、作品の一部をコピー&ペーストすることが認められる)」は、引用以外の方法がないから許可されているのだと考えます(注1)。これに対して「映像作品」の場合は、劇中の画像を「自作の文章またはイラスト」に変換して伝達することが可能です。そもそも映像作品の感想を書くという行為自体が、映像作品を自分の言葉で表現するということなので、キャプ画像を使用しなくても済ますことは出来るわけです。
 よって、「キャプ画像の無断使用を、引用として認めるべきではない(キャプ画像を使用せず、自作の文章またはイラストで表現するべきである。あるいは、キャプ画像の使用に際しては、著作者から正式に許可を得るべきである)」と結論しました。
 ただし、「TV番組のインチキ超能力の実態を暴く!」といったような記事の場合は、キャプ画像を使用しないと「インチキの証拠」を示すことができません。こういった場合は、キャプ画像の使用は引用として認められる(一定の制約の元でなら、著作者の許可を得なくても無断使用には当たらない)と考えます。このケースは、映像作品でありながら、文章作品における引用と全く同じ性質になっていると言えます。

 映像作品は、映像イコール商品です。キャプ画像の無断使用は、商品そのものの一部を違法コピーしたことになります。これは、許されることではありません。
 以前は、「動画をupしたら正規商品であるDVDと競合することになるのでダメだが、静止画はDVDと競合することはないのでOK(むしろ宣伝になる)」と何となく思っていました。しかし、ちゃんと考えれば、写真集などの静止画媒体も正規商品として販売される場合もあるので、「キャプ画像は違法コピー」となります。
 ただし、DVDや書籍(写真集含む)の表紙(パッケージ外見)・チラシ等の画像に関しては、販売店において無償・無条件で不特定多数に提示されており、これらを感想記事等に添える形でupすることに問題はないと考えます。表紙の画像をupするだけなら、商品の宣伝になることはあっても、商品と競合する(まっとうな商品に対して、売り上げを低下させるなどの不利益を生じさせる)ことはない筈です。お菓子や玩具の写真をupすることに関しても、同様です。
 もっとも、映像商品を激しく批判する記事の場合は、わざわざパッケージの画像までupするのはナンセンスだと思います。特に理由がない限り、タイトルを記すだけで充分でしょう。しかし、映像商品以外の商品の不具合や欠点を説明する場合は、その商品の写真を使う必要も出てくると思います。悪質なユーザーからメーカーを守ることが必要であると同時に、粗悪な製品からユーザーを守ることもまた必要だからです。

 これは法的に云々ということではなく、飽くまでも私個人の善悪基準です。
 いわゆる二次創作に関しては、有償で販売しなければ、オリジナル作品の利益を侵害しない(正規商品と競合しない)と考えていますので、その方向で私は今後も続けますし、他の方のそうした記事のTBも(内容によりますが)歓迎します。
 作品製作サイド(注2)を含む、皆様のご理解とご協力をお願いします。


(注1)文章作品における引用は「ある文章を、そのままの形で伝達する」こと自体を目的としているので、「引用する文章を他の文章に変換」することなど有り得ない。要約で済ますことが出来ないから、引用するのである。
(注2)二次創作等を本格的に取り締まっているところを除く。

トラックバックに関して

当ブログでのトラックバックのやり方

 巷ではトラックバックのやり方に関して諸説あるようですが、当ブログでは、トラックバックに関して以下のやり方で行います。
 便宜的に、以下の用語を用います。

◆用語1:実トラックバック
 内容がトラックバック先の記事に対する直接のコメントまたはそれに準じたものになっており、かつ、それを明確に示すような形で記事の中にトラックバック先のリンクが貼ってあるもの。
◆用語2:空トラックバック
 内容はトラックバック先の記事と関連しているが、元々は不特定多数向けに書かれたものであり、記事の中にトラックバック先のリンクが貼ってないもの。
◆用語3:貼トラックバック
 内容的には空トラックバック(関連性は大きくても、元々は不特定多数向けに書かれている)であるが、記事の中にトラックバック先のリンクが貼ってあるもの。


【1】原則
 (1)ブロガーの中には「全ての空トラックバックはマナー違反・ルール違反」と考えている方も見受けられますが、私はそういった考えを持っていません。
 空トラックバックでも、内容に大きな関連性のあるものはリンクとして歓迎・活用します。ただし、私の定義するところのネタばれを含むトラックバックに関してはそうではありません。
 (2)空トラックバックを受けたら、原則として空トラックバックを返します。
 (3)実トラックバックを受けたら、原則として空トラックバックは返しません。
 (4)私から挨拶トラックバックを行うことはありません。
 (5)トラックバック先の記事と関連性が大きいと思えないトラックバックは削除します。
 (6)商業目的と思われるトラックバック(アフィリエイトの性格が強いものを含む)は削除します。 
 (7)私の定義するところのネタばれを含むトラックバックは削除します。この作業を軽減するため、トラックバック禁止機能を使う場合もあります。
 (8)当ブログの記事は「コメント機能ON」をデフォルトにしていますが、意図的に「コメント機能OFF」にしてある記事もあります。


【2】始まりが空トラックバックであるである場合
(1)Aさんから空トラックバックを受けた。
(2)Aさんからトラックバックを受けるのは初めてである。
(3)トラックバック元のAさんの記事の内容は、トラックバック先である私の記事の内容と関連が大きいものだった。

 この場合、私はトラックバック元のAさんの記事に対して空トラックバックを行います。これで記事単位の相互リンクが成立し、トラックバック作業終了です。


【3】実トラックバックに対して、相手から空トラックバックが返ってきた場合
(1)Bさんの記事に対し、自分から実トラックバックを行った。
(2)Bさんから空トラックバックが返ってきた。

 この場合、特に理由がない限り、この時点でトラックバック作業終了です。


【4】始まりが相手からの実トラックバックであるである場合
(1)Cさんから実トラックバックを受けた。
(2)Cさんからトラックバックを受けるのは初めてである。

 この場合、既に記事単位の相互リンクが成立しているので、特に理由がない限り作業終了です。
 トラックバック元のCさんの記事の内容に対して私が特に何かコメントしたい場合は、その記事に対して新たに記事を作成して実トラックバックを行います。(Cさんの記事のコメント欄は原則として使用しません)


【5】2回目以降のトラックバックが空トラックバックだった場合

【1】と同様とします。


【6】実トラックバック記事に対して、第三者から空トラックバックがあった場合
(1)Dさんのブログに対し、自分から実トラックバックを行った。
(2) (1)の実トラックバック記事に対して、Eさんという第三者から空トラックバックが来た。
(3)トラックバック元のEさんの記事の内容は、トラックバック先である私の記事の内容と関連が大きいものだった。

 私は実トラックバックを行う際、記事の始めの部分に「これはDさんのブログへのトラックバックです」ということが分かるような一文を入れ、その中でリンクを貼ります。その記事に対してDさん以外のEさんが空トラックバックを行うのは、本来整合性を欠く行為だと思います(これが実トラックバックなら掲示板でいうところの横レスに相当するが、空トラックバックでは横レスにもならない)。
 しかし、参考となる関連記事のリンクを入手すること自体は、Dさんや私にとって有益です。
 よって、特に理由がない限り削除等は行わず、そのままとします。機会があれば、別の記事からEさんに空トラックバックを行うこともあります。


【7】貼トラックバックに関して

 稀なケースだと思いますが、【1】と同様とします。


【8】リンクの貼ってない(リンクを貼り忘れた)実トラックバックに関して

 例外(補完)処置として空トラックバックを行い、記事単位の相互リンクが成立させてところで作業終了とします。
 その実トラックバックに対して私が特に何かコメントしたい場合は、その記事に対して新たに記事を作成して実トラックバックを行います。(相手方のコメント欄は原則として使用しません)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。