2017-08

バーベルベンチプレス、ダンベルフライの予定(8月以降)

バーベルベンチプレス、ダンベルフライの予定(8月以降)


 一時期、腰痛が悪化して筋トレを中断したこともあって、予定通りに進んでいない。
 昨日の時点で、

8月8日(火) ベンチプレス50kg(8レップ、6レップ、5レップ)、ダンベルフライ13.75kg 

のセットでこなしている。今後の大まかな予定としては、

8月一杯 ベンチプレス50kg、ダンベルフライ13.75kg 
9月一杯 ベンチプレス52.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
10月一杯 ベンチプレス55kg、ダンベルフライ15kg 
11月一杯 ベンチプレス57.5kg、ダンベルフライ15kg 
12月一杯 ベンチプレス60kg、ダンベルフライ15kg 

というように、月に2.5kgずつバーベルベンチプレスの負荷を増やして、遅くとも年内に60kgに復帰したい。もちろん、予定通りに行けば12月に入ったら60kgを挙げ始めることになるのだが。

 基本的には、1セット目が10レップ挙がるようになったら負荷を増やすところなのだが、55kgまでは、例え1セット目が8レップでも負荷を増やしていくつもり。55kgは何回も到達しているので、少々強引でもいけると思う。

 あと、クレアチンに関しては、当面は休止期間を設けないことにした。休止期間を設けるメリットよりも、それによってローディング期間を設けることのデメリットの方が大きいと判断した。ローディング期間中は、眼球がちょっと膨張しているような感覚が続くので、肝臓その他にも負担が大きいのではないかと思えるのだ。
 会社の健康診断で肝臓の数値に異常が出たら、休止期間を設けることにすると思うが、その場合でもローディング期間は設けない。そもそも、1ヶ月かかるところを1週間でやること自体に無理があるのではないか。

 盆休み等は、成り行きでクレアチン摂取を数日間中断することもあるが、それを休止期間とは思わないことにする。全く筋トレをしない日もあるのだから、クレアチンを摂取しない日があってもおかしくない。細かいことは気にせず、とにかく怪我をしないように注意して筋トレを続けるのだ!

スポンサーサイト

バーベルベンチプレス、ダンベルフライの予定

バーベルベンチプレス、ダンベルフライの予定


 三角筋トレの関係から、胸の筋トレを水曜日にやろうとしたけど上手くいかなくて、今週は結局金曜日になってしまった。よって、胸の筋トレは以前のように月曜にやることにした。

5月12日(金) ベンチプレス42.5kgで1セット目12レップ出来たので、次回は2.5kg増やす。
 「ダンベルフライが限界にきたらダンベルベンチプレスに切り替える」という一種のコンパウンドセットは、1セット目12.5kgで10レップ+2セットだったので、次回もこのまま(フライ単体で12レップ出来たら重量を増やす)。

 直近の実績は以上だが、過去、ベンチプレス60kgで1セット目6レップ挙げたことがあるので、55kgまでは早いペースで戻したい。以下、その予定。

5月15日(月) ベンチプレス45kg、ダンベルフライ12.5kg 
5月22日(月) ベンチプレス45kg、ダンベルフライ12.5kg 
5月29日(月) ベンチプレス47.5kg、ダンベルフライ12.5kg 
6月5日(月) ベンチプレス47.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
6月12日(月) ベンチプレス47.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
6月19日(月) ベンチプレス50kg、ダンベルフライ13.75kg 
6月26日(月) ベンチプレス50kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月3日(月) ベンチプレス50kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月10日(月) ベンチプレス52.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月17日(月) ベンチプレス52.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月24日(月) ベンチプレス52.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月31日(月) ベンチプレス55kg、ダンベルフライ15kg 
8月7日(月) ベンチプレス55kg、ダンベルフライ15kg 
8月14日(月) ※お盆休みでウェイトトレ中断、プッシュアップのみ
8月21日(月) ベンチプレス55kg、ダンベルフライ15kg 
8月28日(月) ベンチプレス55kg、ダンベルフライ15kg 
9月4日(月) ベンチプレスは片ピラミッド法で60kgを挙げる、ダンベルフライ15kg

 金曜日は、胸に効かせるプルオーバーをやる予定。本当はベンチプレスを月・金とやりたいのだけれど、左肩が慢性的に痛いので、金曜はベンチプレスではなくプルオーバーをやる。もちろんプルオーバーは軽負荷×高レップで、胸に効かせつつ肩のインナーマッスルも鍛えて肩の痛みを軽減させるのが狙い。
 出来れば年内に、60kgで1セット目6レップを復活させたい。もう52才と筋トレをするには高齢の部類に入るので、無理しない範囲で頑張ろう。

疲れている、やる気が出ない、サボりたい日に筋トレをやるには?

疲れている、やる気が出ない、サボりたい日に筋トレをやるには?

 忙しい日が何日も続くと、家に帰ってから筋トレする時間が取れない日が続く。
 時間は1時間あるけれど、疲れていて筋トレする気にならないという日が続く。
 自宅でしか筋トレをしないという人は、こういう局面に遭遇することがあると思います。

 時間が無い場合は、もう諦めるしかないと思っています。睡眠時間を削ってまで筋トレするのは、若い頃、せいぜい30代前半までにしておいたほうが良いでしょう。

 悩ましいのは、「時間はあるけれど体がダルくてやる気が出ない」という場合。
 一番良いのはジムに通うというやり方で、「体がダルくてやる気が出ないけど、とにかくジムには行く」こと。一旦着替えてトレーニングルームに入れば、本当に体調が悪い場合を除けば、何かしらトレーニングをして帰ることになるからです。要するに、ジムまで来たという行動によって、「やる気スイッチ」がONになる(本当に体調が悪い場合を除けば)。

 しかし、自宅でしか筋トレをしない(通えるジムがない)という人には、この手が使えない。
 私も一時期この問題で悩みましたが、「自宅だけでなく、会社で昼休みに筋トレする」ことで、ある程度解決しました。
 もちろん、会社で高重量を扱ったハードな筋トレなど出来ません。低重量×高回数かつ短インターバルで、小さな筋肉群を鍛えています。そしてこれは、「時間はあるけれど体がダルくてやる気が出ない」という場合にも出来る筋トレでもあるのです。

 何故なら、「時間はあるけれど体がダルくてやる気が出ない」という場合は、
「ハードな筋トレをする気にならない」
「大きな筋肉群(胸、背中、脚)を鍛える気にならない」
という場合が多いからです。裏を返せば、
「軽い筋トレなら、やれるかも」
「小さな筋肉群(上腕筋群、三角筋、カーフ)なら、やれるかも」
である場合が多いということです。

 私が今、会社でやっている筋トレは、以下の通りです。

月曜日…腕の日。ハンマーカールとアームカールのコンパウンドセット。ダンベルは左右各7.5kg
火曜日…ふくらはぎの日。カーフレイズ。自重のみ、片脚ずつ、インターバルは無し。
水曜日…腹の日。サイドベント。ダンベルは15kg
木曜日…三角筋の日。フロントレイズとサイドレイズとアーノルドプレスのトライセット。ダンベルは左右各3.5kg(シャフト+0.5kgプレート2枚)
金曜日…脚と臀部の日。ディープスクワット、自重のみ。

 金曜日、「今日はダルいからディープスクワットは嫌だな…」という場合は、月曜日から水曜日までのどれかのメニューに切り替えます。

 ググっても出てこないと思うのは月曜日の「ハンマーカールとアームカールのコンパウンドセット」だけだと思うので、これだけ簡単に説明します。(厳密に言うと、ハンマーカールとアームカールの間に短いながらもインターバルを入れているので、コンパウンドセットとは呼べないのですが…)

(1) ハンマーカールを左右同時挙げで行い、左右同時に挙がらなくなったら左右交互に切り替えて更に2~3回挙げる。合計で20回から22回挙がるぐらいが適切な重さ。
(2) ダンベルを置いて10秒間休む。(時計を見て、ちゃんと10秒休む)
(3) ハンマーカールと同じダンベルで、アームカール(またはスピネイトカール)を左右同時挙げで行い、左右同時に挙がらなくなったら左右交互に切り替えて更に2~3回挙げる。合計で8回ぐらいは挙がるはず。
(4) ダンベルを置いて15秒間休む。(時計を見て、ちゃんと15秒休む)
(5) 同じダンベルで、ハンマーカールを左右同時挙げで行い、左右同時に挙がらなくなったら左右交互に切り替えて更に2~3回挙げる。合計で8回ぐらいは挙がるはず。
(6) ダンベルを置いて20秒間休む。(時計を見て、ちゃんと20秒休む)
(7) 同じダンベルで、アームカール(またはスピネイトカール)を左右同時挙げで行い、左右同時に挙がらなくなったら左右交互に切り替えて更に2~3回挙げる。合計で6回ぐらいは挙がるはず。
(8) ダンベルを置いて20秒間休む。(時計を見て、ちゃんと20秒休む)
(9) 同じダンベルで、ハンマーカールを左右同時挙げで行い、左右同時に挙がらなくなったら左右交互に切り替えて更に2~3回挙げる。合計で7回ぐらいは挙がるはず。

 こんな感じで、挙がる回数が5回以下にならないようにインターバル(休む秒数)を微妙に長くしながら、セットを重ねます。私は、セット回数は決めず、12分ぐらいやり続けます。昼休みのトレーニング時間はそれが限界なので。

 このメニューに限らず、昼休みの筋トレは、正味12分ぐらいです。(準備体操やウォーミングアップは12分ぐらい、クールダウンや片付けは5分くらい)。これが終わったら、直ぐ昼食を摂ります。(昼休みの30分前に、キットカット1枚と、BCAAを5g摂取しています)

 ご参考までに。


サプリメントの価格メモ

サプリメントの価格メモ

 Amazonと近所のドラッグストアのどちらが安いのかを確認するためのメモ。
 ※Amazonの表示価格は多分税込だと思う


2016年12月 

ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛 90粒
近所のドラッグストア … 税込1026円
Amazon … 通常 税込908円 定期おトク便 税込772円

アサヒグループ食品 ビタミンC 1000mg 120粒 
近所のドラッグストア … 税込610円
Amazon … 通常 税込460円 定期おトク便 税込391円


 今日の時点ではAmazonの方が安い。

筋トレ 【今週の予定】

筋トレ 【今週の予定】


11/21(月) 昼:ハンマーカール
        夜:インフルエンザ予防接種したため休み

11/22(火) 昼:カーフレイズ
        夜:ダンベルベンチプレス他、クランチ

11/23(水) 昼:ワンハンドサイドレイズ他
        夜:イベント参加のため休み

11/24(木) 昼:サイドベント
        夜:チンニング他

11/25(金) 昼:ハンマーカール
        夜:プルオーバー(胸)、クランチ

11/26(土) 昼:休み
        夜:パーシャルワンハンドサイドレイズ他

11/27(日) 昼:休み
        夜:休み


 今日、フレッシュな状態でのハンマーカールを久し振りにやった。10kgでも3セット出来たのが意外だった。その後1.25kg減らして3セット、更に1.25kg減らして1セット(追い込み)。
 2頭筋を全くやらないのはやはり怖いので、背中の日に、1セットだけ腕でやるチンニングを入れよう。


筋トレ、工夫(挑戦)が足りなかったことへの反省

筋トレ、工夫(挑戦)が足りなかったことへの反省


 最近、筋トレに創意工夫がちょっと足りなかった、惰性で筋トレを続けていたことにふと気付いた。
 成果が十分に上がっているのなら、そのままで良いけれど、そうでないならやり方を変えなくてはダメである。筋トレに関しては、半年やってもダメなら、それは更に半年やっても多分ダメである。何かを間違えている。

20161116_1.jpg

20161116_2.jpg

20161116_3.jpg

2016092901.jpg

 肩(三角筋)に関しては、2点も間違えていた。
 まず、週1回じゃダメ。
 そして、昼に肩1種目、夜に胸をやった後で肩1種目じゃダメ。

 だから、肩は週2回(火曜と金曜)鍛える。出来るだけ、火曜と金曜のメニューは変える。
 昼はやらず、夜2種目連続して鍛える。

 実際にやってみたら、翌日の三角筋中央部の「効いている」感が、全然違う。
 とりあえず、この新しいやり方で3月末までやってみる。

 腕に関しては、まだ変えていないけれど、次からは変える。
 上腕二頭筋をメイン鍛えているが、もう1年以上全然肥大していないんだから、そこをダーゲットにして鍛えるのは3月末まで中断する。代わりに、上腕筋をメインにする。

 即ち、腕はハンマーカールのみにして、他はやらない。

 3月末に、ガンダム鉄血のオルフェンズの2期が終了する。それに合わせて、鉄華団一般団員の上半身裸コスをやりたい。いや、やるのだ!
 そのために、上半身を鍛える!
 男にしか出来ないコスプレだから!


次のページ

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。