2017-10

コスプレイベント以外でコスプレするのはマナー違反ではありません(街中を含む)

コスプレイベント以外でコスプレするのはマナー違反ではありません(街中を含む)


 コスプレイベント以外でコスプレするのはマナー違反ではない(街中を含む)。それは勿論、著作権等をクリアしている場合の話である(詳しい記事は → 『コスプレマナー、コスプレルールのまとめ』 )。

 それなのに、コスプレイヤーズアーカイブの知恵袋には、定期的に「コスプレイベント以外でコスプレするのはマナー違反(ルール違反)ではないか」といった主旨の質問が書き込まれるのだ。つい先日も、
「イベントでもないのに、コスプレをして街中を歩いたり写真を撮ったりしている人を見かけることが...」
という質問が書き込まれている。↓

http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=61544

 こういう質問をする人に逆に聞きたいのだが、何故イベントだとコスプレをして街中を歩いたり写真を撮ったりして良いと思うのか?
 著作権を有する作品の場合、著作権者から許可を得ないで複製されたものを不特定多数に公開したら著作権法違反すなわち違法行為である。

 著作権者から許可を得て開催されているイベントも少しはあるだろうが、ほとんどのイベントはそうではない。「いや、多くのイベントが著作権者から許可を得て開催されている」と反論できる人がいるなら、この記事にそのイベント名を書き込んでもらいたい。本当に著作権者か許可を得て開催されているかを確認したいので。

 コスプレイベントでコスプレイヤーが着用している衣装は、著作権者から許可を得て製作されている衣装だろうか? これもあることはあるが、全体に占める割合は小さい。
 ちなみに、自作の衣装であっても著作権者から許可を得ずに製作した場合は、不特定多数が見ることの出来るイベントやインターネット等で公開したら、一般的にはその時点で著作権法違反となる(「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(私的使用)」を逸脱するため)。

 このように、コスプレイベントでコスプレする場合、その多くは著作権法違反すなわち違法行為である。実際にコスプレイベンターやコスプレイヤーが著作権法違反で逮捕されたという話は聞いたことがないが、コスプレ衣装を著作権者の許可を得ずに販売していた業者が逮捕された事実がある。↓

http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=44644
リンク切れの部分に関しては ↓
https://www.bengo4.com/houmu/17/n_841/

 このような「売ったら犯罪になる衣装」を着たコスプレイヤーが、著作権者の許可も得ずに開催されたイベントに集っていることの、どこに正当性があるというのだろうか?
 どこにも正統性などない。
 著作権の問題をクリアしていないコスプレイベント(コスプレイベンター)やコスプレイヤーには、正当性などないのである。
 そういうコスプレイベント(コスプレイベンター)やコスプレイヤー自体が、マナー違反そのものなのだ。

 一方で、バンダイやコスパティオから発売されている公式ライセンス衣装(著作権者から許可を得て製作されている衣装)を着て通勤したり買い物したり街中を歩いたりする人がいる。私もその一人である。
 私はそういうケースでは全くと言って良いほど写真は撮らないが、一般人がインスタ等のSNS用に写真を撮るのと同様の撮影を行ったとしても、それはマナー違反とはならない筈だ。
 そうした行為を、マナー違反(ルール違反)だとか言う人は、本当に頭がおかしいとしか言いようがない。

 バンダイが販売しているヒーローのジャケット等の公式ライセンス衣装類。
 コスパティオが販売している調査兵団や鉄華団のジャケット等の公式ライセンス衣装類。
 どちらも著作権者の許可を得て販売されており、基本的には普段使いが出来るような仕上がりになっている。

※ 例… コスパティオが販売している鉄華団のジャケット↓
       http://cospa.co.jp/detail/id/00000077420
 
 街中で着る際に、著作権法その他の法律に違反しない以上、それは法的には普通の衣類と何ら変わらない、単なるファッションである。ロリータやヴィンテージなどのファッションと同様、着る者の嗜好を反映したファッションの一つである。
 あるいは、「キャラクターもの」といったブランドの一種と言っても良い。実際、バンダイは、ウィンドスケールやタイバニに関しては、衣類をブランド展開していると言っても過言では無い。

 繰り返しになるが、著作権者が許可していることを、マナー違反(ルール違反)だとか言う人は、本当に頭がおかしい。
 もちろん、似合う似合わないという側面はあるが、例え似合っていまいが、著作権者が許可して販売されている普段使い可能な服を着て街中を歩くこと自体に関して、誰もマナー云々言う資格など無い。文句があるなら、販売することを許可した著作権者に言うべきなのだ。

「コスプレが嫌いな(受け入れられない)人が見たら不愉快に思うからマナー違反(ルール違反)」
とか指摘するコスプレイヤーがいるが、もし本当にそう思っているのなら、屋外のコスプレイベントを全面禁止にするように働きかけるべきだし、自分自身も屋外のコスプレイベントに参加することを止めるべきだ。

 当然ながら、コスプレを嫌う人にとっては、イベントであろうがなかろうが、街中でコスプレを見かけること自体が嫌なのである。
 私自身、実際にコスプレイベントでコスプレを見て不愉快になったことが何度もあるので、その気持ちは良く分かる。
 イベントであっても、そうでなくても、不愉快なコスプレは不愉快なのだ。イベントか、そうでないかは問題ではない。

 ロリータファッションが嫌いだという人も、世の中にはいるだろう。しかし、そういう人が
「ロリータファッションを嫌いな人が見たら不愉快に思うのに、ロリータファッションで街中を歩く人がいるのは何故でしょうか?」
とか真面目に知恵袋で質問するだろうか?
 ファッションウィッグが嫌いだという人も、世の中にはいるだろう。しかし、そういう人が
「ファッションウィッグを嫌いな人が見たら不愉快に思うのに、ファッションウィッグを被って街中を歩く人がいるのは何故でしょうか?」
とか真面目に知恵袋で質問するだろうか?

 余程、頭がおかしい人でない限り、そうことはしない。
 コスプレイヤーアーカイブのコスプレ知恵袋には、そういう人が定期的に現れるから、本当に嘆かわしい。

スポンサーサイト

キュウレンジャーのジャケット(バンダイ製の公式ライセンス商品)を買ったよ!(しかも2着)

キュウレンジャーのジャケット(バンダイ製の公式ライセンス商品)を買ったよ!(しかも2着)


 キュウレンジャーのジャケットをバンダイファッションネットから購入しました。当然、公式ライセンス商品です。

宇宙戦隊キュウレンジャー キュウレンジャージャケット カジキイエロー/スパーダ 37,800円(税込)
宇宙戦隊キュウレンジャー キュウレンジャージャケット オオカミブルー/ガル 37,800円(税込)

キュウレンジャーのジャケット_公式ライセンス衣装_バンダイ製

キュウレンジャーのジャケット_公式ライセンス衣装_バンダイ製_7
キュウレンジャーのジャケット_公式ライセンス衣装_バンダイ製_8
 なぜか、カジキイエローとオオカミブルーの商品ナンバーが全く同じ。同じ戦隊で2種類のジャケットを買ったのは今回が初めてなので良く分からないけど、今までもそうだったのかしら?

 写真には写っていないけれど、

宇宙戦隊キュウレンジャー 「カジキイエロー」なりきり風デザインTシャツ 3,240円(税込)

も購入済みなので、これだけで78840円、8万円に迫ろうかというところまできています。既に、これだけでキュウレンジャーグッズの予算は使い果たしました。私は普通のサラリーマンですからね、もう限界です。

 2着ともLサイズ。私にとっては袖丈だけが長過ぎるので、リフォーム屋さんに出して詰めてもらうことにしました。費用は1着当たり3300円。袖1つ辺り1650円なので、適正価格だと思います。合皮で、かつファスナーがあるからねぇ…。私の時給よりも安い価格でやって貰えるんだから御の字です。
 ちなみに、私は人よりリーチが短いので、身長175cmで体重62kg前後の人は、Lサイズで問題ない(おそらく袖丈を詰める必要もない)と思います。
※ 画像は、リフォーム屋さんに出す前の、買ったままの状態のものです。

キュウレンジャーのジャケット_公式ライセンス衣装_バンダイ製_2
キュウレンジャーのジャケット_公式ライセンス衣装_バンダイ製_3
キュウレンジャーのジャケット_公式ライセンス衣装_バンダイ製_4
キュウレンジャーのジャケット_公式ライセンス衣装_バンダイ製_5
キュウレンジャーのジャケット_公式ライセンス衣装_バンダイ製_6

 背中の星のデザインがイイ感じです。
 ここを見れば、背後からでも本物(公式サイセンス商品)か、偽者(違法コピー商品、いわゆる海賊版)か分かるかな?

 私は、戦隊・ライダーもののコスプレで、違法コピー商品、いわゆる海賊版を着ている人を心から軽蔑しており、そういう輩とは目を合わせることすらしたくない。連中は、公式サイセンス商品が発売されることを知っているにもかかわらず、違法コピー商品、いわゆる海賊版を買っている、ファンの風上にも置けない最低のクズだからだ。
 戦隊・ライダーの変身グッズがバンダイから発売されていることを知らないで戦隊・ライダーのコスプレをしている人がいるとは思えないし、そういう人が戦隊・ライダーの衣装がバンダイから発売されていることを想像できないとも思えない。
 まともな人間なら、戦隊・ライダーのコスプレをしようと思ったら、先ずバンダイから発売されていないかと考える筈だ。そう考える前に「キュウレンジャー ジャケット」でググったとしても、一番上にバンダイのサイトが表示されるし、「キュウレンジャー コスプレ 衣装」でググっても似たような結果になる。「公式」から衣装が発売されていることに気付かないわけがないんだよ。

 私が購入したキュウレンジャーの「公式」衣装は、著作権者の許可を得て製作・販売されているものなので、着用して街を歩いたり、映画館に入ったりしても問題ない。ダメなのは、ドレスコードを設定しているシアターGロッソ(https://www.tokyo-dome.co.jp/faq/60 を参照)や、各種テーマパークぐらいのものだろう。

 流石に今の時期は暑いので着る気は無いが、涼しくなったら、普段着として使おうと思う。
 特に、オオカミブルーのジャケットは、オオカミブルーが人間でも無ければイケメンキャラでも無いので、10月以降にキュウレンジャーの映画があったら、絶対に着て行くつもりでいるので、楽しみだ。
 カジキイエローのジャケットは、「カジキイエロー」なりきり風デザインTシャツと合わせて、あるイベントで必ず着る(そのイベントに当選したらの話だが)。
 それらに先行し、「カジキイエロー」なりきり風デザインTシャツは、某イベントでの着用が決定済みである。これに関しては既に当選して、チケット代金も入金済みだから。

 ああ、「公式」衣装は、気兼ねなく着られるから本当にイイね!
 今から楽しみだ!

イアン・ヴァスティに関するコスプレメモ

イアン・ヴァスティに関するコスプレメモ

 先週の水曜、会社帰りに床屋へ行った。
 今週の水曜、会社から帰ってきたら、イアン・ヴァスティの無精ヒゲとして丁度良い感じになっていた。本日、木曜日だと、イアン・ヴァスティの無精ヒゲとしては微妙に長い感じ。

 今年はガンダム00(ファーストシーズン)放送開始10周年なので、10月になったら、久し振りにイアンのコスプレをするつもり。ヒゲは当然、自ヒゲでやる。
 そのために、ちょっとメモっておいた。

コスプレマナー、コスプレルールのまとめ

コスプレマナー、コスプレルールのまとめ


以下の条件を満たせば、公共の場でコスプレすることに問題はありませんし、マナー違反でもありません。

(1)著作権法などの法律に違反しない
(2)「二十歳以上の人が未成年キャラクターのコスプレをした状態で飲酒喫煙する」等の、「法律では許されていてもキャラクターのイメージを損なう行為」をしない
(3)ドレスコードに違反しない
(4) 撮影をしない、または周囲の一般の人々と同程度の撮影しかしない
(5)突起物、ウィッグの抜け毛などで周囲に迷惑をかけない
(6)その他、通行の邪魔をするなど、一般的な迷惑行為をしない

 ちなみに、今日
「公共の場でコスプレをするな」
と言われているのは、昔の
「イベントをしている建屋の屋外でコスプレをするな(コスプレしたままイベント建屋から出るな)」
というルールが間違った形で現代に伝わったものだと確信しています。
 昔は、屋外(イベント建屋の周辺)でコスプレする事自体がタブーだったわけです。イベント会場の周辺をコスプレしている人がウロウロしていると、それだけで不審者と思われてしまい、近所の住民が警察に通報するという事態をイベント主催者は恐れたわけです。 

 もう一点、昔はコスプレに関する公式ライセンス商品は皆無と言っても良い状況だったため、「公共の場でコスプレをする」=「公共の場で著作権違反をする」と見做されても仕方が無かったという点が挙げられます。この点をマスコミにバッシングされたらヤバイことになるという認識は、「同人誌」=「著作権的にグレーゾーン」という認識と同様だった筈です。

 今日でも「家からコスプレをするのはマナー違反」とか言われる人がいるのは、今でもイベントのルールでそうなっていることが多いからでしょう。
 実際には、公共の場所をコスプレエリアにしているイベントも多く、その場合は「コスプレをしたまま会場(コスプレエリア)に来る」ことと「コスプレをして(コスプレエリア)会場にいる」ことの対世間的なリスクは大して変わりません。
 ただし、イベント主催者としては「家からコスプレをするのはルール違反」と言っておかないと、会場で受付をしないまま(料金を支払わないまま)イベントに参加する人が出てくる可能性があります。それでは困るので、今でもイベント主催者は「家からコスプレをするのはルール違反」と言っているだけではないでしょうか。要するに、イベント主催者側の都合です。

 著作権の話に戻りますが、今ではコスプレに関する公式ライセンス商品を販売しているところも増えました。
 バンダイ、コスパ、ACOSなどがそうです。
 公式ライセンス商品となれば当然著作権の問題はクリアしているので、普通に売られている衣類と何ら変わりはありません。前述の(1)から(6)までを守りさえすれば、普通の服と同じように着て外出しても誰にもとがめる権利はありません。何しろ、著作権者が許可を出しているんですから。
(※戦国BASARAの真田幸村のジャケットはスタッド付きであるため、「混み合った電車に乗るときは着ないで下さい」というような注意書き付きでした。こういう点は守って着なければなりません)

 ちなみに、私は勤通や外出の際、バンダイ製の戦隊ヒーローのジャケットを着ていることが多いです(いわゆる着ただけ)が、今まで一度もトラブルに巻き込まれたことはありません。
 ただ、本屋に行ってもエロ本のコーナーで立ち止まれないので、「しまった、着てくるんじゃなかった」と思ってしまったことが何度かはあります。

※コスプレ知恵袋に、コスプレマナー・コスプレルールに関する質問が挙がっていたので、過去の記事を元にまとめ直してみました。

刀剣乱舞・加州清光のコスプレを自宅で試した結果のメモ

刀剣乱舞・加州清光のコスプレを自宅で試した結果のメモ

 実用的に、次にコスプレするときの手順書のような感じで記す。

(0) 【重要】手の甲等は、家で剃っておく。

(1)上の肌着は設定画では着ていない(真剣必殺の画)が、3月はまだ寒いので
 イグニオ(IGNIO) 〔iHEAT〕スゴ発熱 メンズ トレーニングウェア 長袖 Tシャツ ホワイト Mメンズ または Lメンズ
を着用。Lは大きめだが、スタンドカラーシャツの袖から出てしまうことは無い。

(2)メイク前の着替えは、スタンドカラーシャツのみ。メイク道具を落とすとズボンを汚す可能性大なので、ズボンは着替えずGパンのままにしておく。

(3)メイクを始める前に、ウィッグネットを被る。
【重要】被ったネットの後ろの余り部分は、頭頂部やや後ろ付近に持ってきてテープで軽く留めておく。そのままにしておくと、ウィッグを被ったときに、ネットの余り部分が襟足から出てしまう。

(4)ネットの次に、イヤリングを装着。少しでも目の負担を減らすため、コンタクト装着前にイヤリングを付ける。

(5)コンタクトを装着。

(6)コンタクトの次に、髭を剃る。剃った直後に薬用ウェットティッシュで拭き取って髭ゴミを落とさないようにする。
【重要】コンタクトを入れる前に髭を剃ると、指に髭ゴミが付く恐れがあるので、コンタクトを入れた後に剃る。

(7) 髭ゴミを拭き取った次に、髭剃り後ローションを剃り跡中心かつ顔全体に塗る。これで小じわが若干薄くなる。
【重要】ほぼ乾くまで待つ。最低でも3分間は待つ。

(8) ローションがほぼ乾いたら、
ナノーチェ BBクリーム ヘルシーオークル
を、髭剃り跡から塗り始めて、そこを中心に顔全体に広げていく。まず指先で大まかに塗って、次に
チャスティ リキッドスポンジ
で均一に調整する。小鼻等、細かいところは先端の細い部分を使って塗る。
【重要】額には塗らないこと。シミ等は無いので不要だし、ウィッグの毛先に付着する怖れあり。
【重要】今回、唇はコンシーラを使わないでそのまま残す。余分なBBクリームはリキッドスポンジの先端の細い部分で拭き取り、最後の仕上げは綿棒で行う。

(9) BBクリームが眉以下の顔全体に均一に塗れたら、髭の剃り跡・目立つシミ・目立つホクロにコンシーラを載せてカバーする。コンシーラのエッジは指先で下地(BBクリーム)に馴染ませる。

(10)眉毛を
三善 メークアップペンシル アイブロー ブラウン
で多少書き足す。

(11)口元 左下 にホクロを書く。

(12)ウィッグを被る。特に問題が無ければ、メイクはこれで終了。

(13)ズボンを穿き(ベルト飾りは未だ付けない、邪魔になるから)、ストッキングベルトで裾を巻いて固定する。
【重要】コートを着る前にやっておかないと、やり辛くなる。

(14)ベルトのベルト通しを使ってベルト飾りを装着する。
【重要】一端をベルトのバックルのすぐ左側のベルト通しに固定し、ぐるっと後腰を通って、右腰のほぼ真横のベルト通しに反対側の端を固定する。大きく垂らすのは間違いなのでやらないこと。

(15)ベストを着る。
【重要】毛束は、まだ背中中央に垂らしたまま。この段階で前に持ってくると、毛束先端部と襟巻きと擦れたりしてボサボサになる。

(16)コートを着て、襟巻きを巻く。防具を装着するとコートが脱げなくなるので、この時点で
・首の部分の重なり
・左右の長さ
等を最終的に完成させる。
【重要】毛束は、まだ背中中央に垂らしたまま。この段階で前に持ってくると、毛束先端部と襟巻きと擦れたりしてボサボサになる。

(17)防具を装着する前に、コートの袖口の上からリストサポーターを巻いて、コートの袖口と手首を一体化させる(袖口を絞り込んで防具を装着しやすくする)。色は黒なので、コート袖口と一体化できる。

(18)防具を装着する。先ず手首から先の部分を装着し、次に前腕部を装着する。
【重要】前腕部の防具は、出来るだけ肘に近い方へ装着する。そうしないと、手首部分で干渉して、防具に皺が出来てしまう。前腕部の防具は、出来るだけピンと伸ばすようにする。

(19)背中側に垂らしていた毛束を、コートの襟の内側に入れ、 首の右側 を通してコートの胸の上に出す。
【重要】毛束は、胸部コートの内側に入れるのではなく、外側へ出す。毛束は一番外。

(20)ブーツを履いたら、衣装は全て身に付けたことになる。

刀剣乱舞・加州清光のコスプレを1週間後に自宅で試すためのメモ

刀剣乱舞・加州清光のコスプレを1週間後に自宅で試すためのメモ

 ベルトに関して迷っていたのだが、もう完全に捏造でいくことに決めた。衣装とセットになっていたベルトはデザインが完全に再現されていたものでは無く、長さも長すぎる上に調整が不可能な作りだからだ。素材もペラペラで衣装本体と比べるとクオリティが劣っており、これをリフォームするよりは一般に市販されているものを流用した方が良いと判断した。

 衣装本体の再現度が高いので、ベルトを丸ごと捏造することには少し抵抗があったが、ブーツも編み上げタイプを使用するので、実はここからして捏造なのだ。そもそも52才のジジイが加州清光のコスプレをすること自体が捏造みたいなものだから、割り切って考えることにする。もちろん投げやりな気持ちでやるのではなく、完コスに拘らない代わりに全体のバランスを整えて、自分の思う加州清光のカッコ良さを表現するつもりだ。

 ベルトに関してはもう一点、どうやって装着するのかという疑問が残っている。
 公式設定画の「通常」の2枚を見る限りはベストの上に巻いているように見えるのだが、「負傷」と「真剣必殺」の画像を見ると、ズボンのベルト通しに通している。
 普通に考えたらベルトはズボンのベルト通しに通すべきだが、そうするとベルトがベストに隠れてしまう可能性がある。加州清光の衣装では、ベルトは上半身と下半身を分けるラインとして明確にデザインされており、これが隠れて見えなくなってしまうのは非常にまずい。
 ベストの丈を、ちょうどベルトが見える長さに調整すれば良いのだが、そうすると今度は「黒いベスト」の下の「白いシャツ」が見えてしまう。ベストもベルト(ズボン)もミリ単位では上下にズレるだろうから、常にちょうどピッタリということは有り得ない。

 現実的なのは、ベルトはズボンのベルト通しに通して、ベストをズボンにインすることだろう。これだと上記とは逆にベストの丈がある程度長めの方が、ズボンにインしたときに安定する。
 もしベストの丈が短くて下のシャツが見えてしまう場合は、黒い腹巻のようなものでシャツを隠すしかないだろう。
 リフォーム屋さんで衣装を試着した際には、シャツをインしなかったのでベルトがシャツに隠れてしまい、ベストの丈がベルトより上なのか下なのか確認できなかった。全てに対応できるように準備した上で、週末を待ちたい。

 ズボンに関しても、実は迷っている。
 最初は市販の黒のスキニーパンツでいこうと考えた。設定画を見る限り、ズボンは肌にフィットしているからスキニーパンツでの再現が適当だ。それに、スキニーパンツならブーツインしたときにずり上がって来ないという利点もある。
 しかし実際に購入して穿いてみると、これは問題があるのではと感じた。上半身は、シャツ・ベスト・コートを着ているためボリュームがあるのに、下半身はピチピチのズボンと細めのブーツでシュッとしているのは、アンバランスになるのではないか? 特に私は体自体の細さの割には二の腕周りは太めなので、コートを着るとその周辺がどうしてもモコモコした感じになってしまう。それとバランスを取るためには、太もも周りもある程度ゆったりしていた方が良いのではないか?

 幸い、タイバニの虎徹の衣装として、比較的細めの黒いズボンを所有しているので、スキニーパンツがダメだった場合は、そちらを使おうと思う。ただし、その場合はブーツインした際のずり上がり対策を施さなければならない。実際のイベントの際にブーツを脱いだり穿いたりするのが面倒になるが、アンバランスでカッコ悪くなるよりは遥かにマシである。

 後は、土曜日辺りに行きつけの床屋さんでウィッグのカットをしてもらうことを忘れないようにしよう(ついでに、オールバックのウィッグもカットしてもらおう)。
 個人的には髪は地毛のままで髪形の再現すら必要ない(キャラクターの再現ではなく、衣装を着てみたいだけなので)のだが、人前に出る(ネット上で公開する)以上は、他人に対する配慮も必要だ。最低限のことはやらねばなるまい。

次のページ

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。