2017-09

家計簿を再開

家計簿を再開

 4月早々から中断していた家計簿付けを再開して、ほぼ半月が経った。今日の買い物情報を今日のうちに入力するようになってきたので、このまま継続したい。

 この半年間、家計簿を付けていなかった。その間のクレジットカードの明細を見ると、金遣いが荒くなっていることが分かる。やはり家計簿は支出に対する抑止力となっていたのだ。
 管理区分ごとに予算を設定してあり、日々入力を行っていれば、使用金額がその上限に近づいていく様子が一目瞭然。だから「日々の入力」が重要。

 月に一度明細を見て「あちゃ~」となっても、その「あちゃ~」が抑止力として1ヶ月間機能し続けることはないことがハッキリした。
 リソースは有限である。それをどう配分すべきか考え、その考えを実行しなければ、しなくて済む筈の失敗をすることになる。
 筋トレ同様、家計簿も続けよう。
スポンサーサイト

ヤマザキパン(山崎製パン)のパンを食べることはやめた、当面はPasco(敷島製パン)のパンだけを食べることになりそう

ヤマザキパン(山崎製パン)のパンを食べることはやめた、
当面はPasco(敷島製パン)のパンだけを食べることになりそう


 ヤマザキパン(山崎製パン)のパンは食べないことにした。
 食品に「遺伝子傷害性発がん性物質=臭素酸カリウム」を使っているパン屋のパンは食べる気にならない。
 他に選択肢があるにも関わらず、あえて「遺伝子傷害性発がん性物質=臭素酸カリウム」を使うこと自体が、実害云々以前に自分の価値観と合わない。

  http://www.jccu.coop/news/syoku/syo_040714_01.htm

  http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20040601.html


 年に数回食べる程度ならまだしも、間食として、ほとんど毎日食べてるもんな。
 Pasco(敷島製パン)は、臭素酸カリウム不使用だけではなく、トランス脂肪酸低減に対しても取り組む姿勢を見せている。当面は、パンはPasco(敷島製パン)のパンだけを食べることになりそうだ。

  http://www.pasconet.co.jp/topics/041216.html

  http://www.pasconet.co.jp/community/faq01.html#q06

  http://www.pasconet.co.jp/topics/index070219.html


 フジパンも臭素酸カリウムに関しては大丈夫そう。

  http://www.coop-mie.jp/goods-report/0503/

 だけど、近所のスーパーで余り品揃えが良くない。
 第一パンは、現在調査中。


 西日本に行った際は、リョーユーパンも食べようかな。

  http://www.ryoyupan.co.jp/shusosank.html

やっぱりジャガイモの皮をむくことにしました

やっぱりジャガイモの皮をむくことにしました


 以前から、ニンジンと大根は皮をむかずに調理している(調理と言っても、切って煮るだけなのだが)。それで問題が発生したことは無い(個人的には)。
 そんな私は、ある日、ふと思い立った。
 ニンジンや大根の皮をむいていないのだから、ジャガイモも皮をむく必要が無いのでは? ニンジンや大根同様、ジャガイモも土の中に埋まっているものだから、農薬の付着もないだろう。
 「ジャガイモの芽には毒がある」と聞いたことはあるが、「皮に毒がある」と聞いたことは無い。 それなら、芽だけ抉り取って、後は大根同様に皮ごとスパンスパンと切るだけで良いではないか。

 そう結論付けた私は、7月23日の日曜日の夕方、ジャガイモの皮をむかないでシチューを大鍋一杯に作った。
 7月23日から昨日までの4日間、夕食はずっとそのシチューを食べていた。私の体には、何の異常も無かった。やっぱり、ジャガイモは皮をむかなくても大丈夫なんだ。
 …という話が他にも転がっていると思って、ネットで調べてみた。
 すると、出るわ出るわ、「ジャガイモの毒性の話」がザックザク!
 これらを自分用に抜粋要約すると、

・ジャガイモは、ソラニンやチャコニンなどのグリコアルカロイド(GA)と呼ばれる物質を含んでいる。この物質は有毒である。ソラニンなどの中毒症状は頭痛・嘔吐・腹痛・疲労感。
・グリコアルカロイド(GA)はジャガイモ全体に含まれるが、特に皮層や芽に多く含まれる。
・ジャガイモは、収穫後に光を浴びると、グリコアルカロイド(GA)が皮の周辺に蓄積する。GAは表皮が緑色に変色した部分や芽の基部に多い。
・グリコアルカロイド(GA)中毒の発症量は、大人の場合、小児の10倍程度。
・ソラニンなどは水溶性であるが、加熱による分解は少ない。
・成熟したジャガイモの、芽と皮を除いた通常の食用部分に含まれるグリコアルカロイド(GA)は少量であるが、ごく未熟な小芋では、皮層や髄の部分にも多量に含まれている。
・メークインはグリコアルカロイド(GA)含量が高い品種として知られている。

 となる。私がシチューに使ったジャガイモは、

・メークインではない。
・緑色の部分がない。
・大きさも普通。
・皮はむかなかったが、芽は基部から抉り取った。
・個数は5、6個程度なので、シチュー1食につき、ジャガイモは1個程度しか食べていない。

 ちなみに私は健康診断で何も引っ掛からなかった健康な大人で、体重は62kg程度。
 このため、私は皮をむいてないジャガイモを1個食べた程度では何ともなかったのだ。
 いや~、それにしても正直、余りいい気持ちはしませんな。「シチューで死中」なんて、洒落にならん。
 やっぱり、次回からはジャガイモの皮をむくことにしようっと。
 もっとも、シチューはまだ3食分くらい残っているので、キレイに全部食べます。結局、今週の夕飯はずっとシチューなのだ。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。