2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田諒太VSアッサン・エンダムの感想

村田諒太 VS アッサン・エンダムの感想


 もうすぐ放送されるWOWOWエキサイトマッチを観たら、今の自分の素直な気持ちが失われるかもしれないので、その前に書き留めておく。
 生中継でTV観戦していて、12ラウンドのゴングが鳴った瞬間に思ったことは二つ、

「ここがラスベガスだったら、3-0でエンダムの勝ちになる」
「でもここは日本だから、判定は割れるだろう」

 それでもエンダムが有利だと思った。
 何故なら、村田は余りにも手数が、特にジャブが少なかったからだ。

 「ガードを固めて前に出るスタイル」、「鉄壁のガード」と言えば、一時期までのミゲール・コットを思い出すが、コットは前に出ながらジャブをそれなりに出していた。そして、ボディブローはベルトラインギリギリになることも多かったが、とにかくパンチの角度と言うか軌道が見栄えがして攻勢をアピールするブローだったし、実際にダメージを与えているという事実が印象に変換されて観ている者にも伝わってきたものだ。

 村田には、それがどちらも無かった。
 「ガードを固めて前に出て、プレッシャーを与える」だけでは、当然「手数」には含まれないし、「攻勢」にもならない。ボクシングに於いて「攻勢」とは、パンチを繰り出して初めて成立するものであるからだ。「ガードを固めて前に出て、プレッシャーを与える」ことは、「リング・ジェネラルシップ(主導権支配)」には成るが、「攻勢=攻撃的である」ことには成らないのだ。
 これは、日本でもラスベガスでも同じだ。

 相手から1度ダウンを奪ったラウンドは原則として「10対8」となるが、相手から「10対9」のラウンドを2度奪われたら、それで相殺されてしまう。例えそれが、僅差のラウンドであったとしてもだ。
 だから当然、「豪快なダウンを奪ったラウンド」×1は、「僅差で判定を奪われたラウンド」×3に劣る。これは、日本でもラスベガスでも同じだ。

 おまけに、ラスベガスではジャブを必要以上に高く評価する(所謂ラスベガス採点)。だから、
「ラスベガスだったら、3-0でエンダム」
「日本だから、2-1」
となる。

 更に言えば、村田諒太が勝とうがアッサン・エンダムが勝とうが、どちらも真のチャンピオンでは無いのだ。WBAミドル級王座の上には、WBAミドル級スーパー王座が、そしてそれを含む3団体統一王座が有るからだ。
 現時点で世界最強のミドル級のボクサーは、3団体統一ミドル級王者ゲンナディ・ゴロフキンであることは、ボクシング界の一致した見解である。言い方を変えれば、ミドル級の真のチャンピオンは「ゲンナディ・ゴロフキン」か、「ゴロフキンに勝ったボクサー」なのだ。

 バーナード・ホプキンスがミドル級の主要4団体王座を統一していたとき、同級のWBAのレギュラーチャンピオンなど、誰も注目していなかった。
 前王者ダニエル・ジェイコブスが三団体統一王者ゲンナディ・ゴロフキンに敗れたことで統一、消滅した筈のWBAミドル級王座など、所詮はそれと同じである。

 それなのに、生中継時のTV放送や一般の紙媒体新聞各紙は、ゴロフキンのゴの字も取り上げようとしない。まるで、WBAを含むミドル級三団体統一王者などこの世には存在せず、村田諒太VSアッサン・エンダムの勝者が、ミドル級で唯一最強のボクサーとなるかのような扱いだ。

 現在、ミドル級で世界を制する最強のボクサーは、村田に勝ったエンダムでは無いし、エンダムVS村田の再戦の勝者でも無い。 既に書いた通り、三団体統一ミドル級王者ゲンナディ・ゴロフキンであり、彼に挑戦して勝つ可能性を持つボクサーなのだ。
 ぶっちゃけた話、既に実現が決まっているゴロフキンVSアルバレスと比べたら、エンダムVS村田の再戦など、本当に瑣末なことである。多分、村田(陣営)は相性の悪いエンダムとは再戦せず、WBO王者のサンダースを標的にするだろう。私も、その方が良いと思う、いろんな意味で。

スポンサーサイト

イアン・ヴァスティに関するコスプレメモ

イアン・ヴァスティに関するコスプレメモ

 先週の水曜、会社帰りに床屋へ行った。
 今週の水曜、会社から帰ってきたら、イアン・ヴァスティの無精ヒゲとして丁度良い感じになっていた。本日、木曜日だと、イアン・ヴァスティの無精ヒゲとしては微妙に長い感じ。

 今年はガンダム00(ファーストシーズン)放送開始10周年なので、10月になったら、久し振りにイアンのコスプレをするつもり。ヒゲは当然、自ヒゲでやる。
 そのために、ちょっとメモっておいた。

バーベルベンチプレス、ダンベルフライの予定

バーベルベンチプレス、ダンベルフライの予定


 三角筋トレの関係から、胸の筋トレを水曜日にやろうとしたけど上手くいかなくて、今週は結局金曜日になってしまった。よって、胸の筋トレは以前のように月曜にやることにした。

5月12日(金) ベンチプレス42.5kgで1セット目12レップ出来たので、次回は2.5kg増やす。
 「ダンベルフライが限界にきたらダンベルベンチプレスに切り替える」という一種のコンパウンドセットは、1セット目12.5kgで10レップ+2セットだったので、次回もこのまま(フライ単体で12レップ出来たら重量を増やす)。

 直近の実績は以上だが、過去、ベンチプレス60kgで1セット目6レップ挙げたことがあるので、55kgまでは早いペースで戻したい。以下、その予定。

5月15日(月) ベンチプレス45kg、ダンベルフライ12.5kg 
5月22日(月) ベンチプレス45kg、ダンベルフライ12.5kg 
5月29日(月) ベンチプレス47.5kg、ダンベルフライ12.5kg 
6月5日(月) ベンチプレス47.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
6月12日(月) ベンチプレス47.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
6月19日(月) ベンチプレス50kg、ダンベルフライ13.75kg 
6月26日(月) ベンチプレス50kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月3日(月) ベンチプレス50kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月10日(月) ベンチプレス52.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月17日(月) ベンチプレス52.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月24日(月) ベンチプレス52.5kg、ダンベルフライ13.75kg 
7月31日(月) ベンチプレス55kg、ダンベルフライ15kg 
8月7日(月) ベンチプレス55kg、ダンベルフライ15kg 
8月14日(月) ※お盆休みでウェイトトレ中断、プッシュアップのみ
8月21日(月) ベンチプレス55kg、ダンベルフライ15kg 
8月28日(月) ベンチプレス55kg、ダンベルフライ15kg 
9月4日(月) ベンチプレスは片ピラミッド法で60kgを挙げる、ダンベルフライ15kg

 金曜日は、胸に効かせるプルオーバーをやる予定。本当はベンチプレスを月・金とやりたいのだけれど、左肩が慢性的に痛いので、金曜はベンチプレスではなくプルオーバーをやる。もちろんプルオーバーは軽負荷×高レップで、胸に効かせつつ肩のインナーマッスルも鍛えて肩の痛みを軽減させるのが狙い。
 出来れば年内に、60kgで1セット目6レップを復活させたい。もう52才と筋トレをするには高齢の部類に入るので、無理しない範囲で頑張ろう。

刀剣乱舞のネタばれに関する件

刀剣乱舞のネタばれに関する件

 コスプレイヤーズアーカイブの知恵袋に、ネタばれに関する質問が出ていたが、いかにもネット世代らしい回答が寄せられていたのが興味深い。

http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=60721

 ネット世代らしい回答というのは、語弊が有るかも知れない。
 何時の時代も、人は自分に都合の良い方向に物事を解釈し、そうでない方向には注意を払おうとしないのだから。

 コンサートの話になるが、アーティストによっては、全国ツアーが始まっていても、セットリストをネットで公開することを「ネタばれ」であるとして、公式サイドから控えるようにアナウンスされている(事実上、公式サイドがネタばれ禁止のアナウンスをしている)場合があるようだ。
 それと同じで、ゲームに実装してから時間が経っていようが、既にネットで画像が出回っていようが、公式がダメと言っているのなら、それに従うのがファンのモラルというものだろう。

 だから、公式サイドが、「第三者による画像の公開を禁止します」という旨を公言していないのなら、良いとは言えないが、ダメとも言えない。
 裏を返せば、公式サイドが「第三者による画像の公開を禁止します」という旨を公言しているのなら、イベントでのコスプレもNGとなる。

 もっとも、刀剣乱舞に関しては衣装が公式ライセンス商品として発売されていないので、極めであろうがなかろうが、コスプレが
「ある日一斉に著作権侵害として禁止」
されるリスクはあるということを忘れてはいけない。もちろん、私も含めて。
 プールの底のイラストにだって、リスクはあるのだから。

三ツ矢サイダーのCMの件

三ツ矢サイダーのCMの件

 三ツ矢サイダーの新CM「僕らの爽快」編に批判が集まり、該当CMが取り止めになった。

http://www.asahiinryo.co.jp/mitsuya-cider/sp/cm/

 私は管楽器の経験者では無いのだが、このCMの件のシーンを見た瞬間に
「あっぶねぇなぁ!」
と思った。
 そして、このシーンを含むCMにOKを出した三ツ矢サイダーの担当者というか責任のある立場の人間の無能さ(センスの欠如)に呆れた。
 危険に対する感度の低い人だったら、私のように「あっぶねぇなぁ!」とは思わないかもしれないが、普通に考えても「良い印象を与えないから没」になるはずだ。

 ここまで言っても分からない人がいるとしたら、それこそ「危ない人」であり、件の三ツ矢サイダーの担当者も多分そうだったのだろう。

 敢えて書こう、
「三ツ矢サイダーを飲んでいる人が、不意に、死角から軽く体当たりを食らって体勢を崩す」
というCMを、三ツ矢サイダーは世に出すのか?

 想像力が欠如している輩が多数派になったら、本当に怖いことになる。
 過去、日本はそんな感じで戦争を初めて、終いには原爆を落とされたのだと思うから。

コスプレマナー、コスプレルールのまとめ

コスプレマナー、コスプレルールのまとめ


以下の条件を満たせば、公共の場でコスプレすることに問題はありませんし、マナー違反でもありません。

(1)著作権法などの法律に違反しない
(2)「二十歳以上の人が未成年キャラクターのコスプレをした状態で飲酒喫煙する」等の、「法律では許されていてもキャラクターのイメージを損なう行為」をしない
(3)ドレスコードに違反しない
(4) 撮影をしない、または周囲の一般の人々と同程度の撮影しかしない
(5)突起物、ウィッグの抜け毛などで周囲に迷惑をかけない
(6)その他、通行の邪魔をするなど、一般的な迷惑行為をしない

 ちなみに、今日
「公共の場でコスプレをするな」
と言われているのは、昔の
「イベントをしている建屋の屋外でコスプレをするな(コスプレしたままイベント建屋から出るな)」
というルールが間違った形で現代に伝わったものだと確信しています。
 昔は、屋外(イベント建屋の周辺)でコスプレする事自体がタブーだったわけです。イベント会場の周辺をコスプレしている人がウロウロしていると、それだけで不審者と思われてしまい、近所の住民が警察に通報するという事態をイベント主催者は恐れたわけです。 

 もう一点、昔はコスプレに関する公式ライセンス商品は皆無と言っても良い状況だったため、「公共の場でコスプレをする」=「公共の場で著作権違反をする」と見做されても仕方が無かったという点が挙げられます。この点をマスコミにバッシングされたらヤバイことになるという認識は、「同人誌」=「著作権的にグレーゾーン」という認識と同様だった筈です。

 今日でも「家からコスプレをするのはマナー違反」とか言われる人がいるのは、今でもイベントのルールでそうなっていることが多いからでしょう。
 実際には、公共の場所をコスプレエリアにしているイベントも多く、その場合は「コスプレをしたまま会場(コスプレエリア)に来る」ことと「コスプレをして(コスプレエリア)会場にいる」ことの対世間的なリスクは大して変わりません。
 ただし、イベント主催者としては「家からコスプレをするのはルール違反」と言っておかないと、会場で受付をしないまま(料金を支払わないまま)イベントに参加する人が出てくる可能性があります。それでは困るので、今でもイベント主催者は「家からコスプレをするのはルール違反」と言っているだけではないでしょうか。要するに、イベント主催者側の都合です。

 著作権の話に戻りますが、今ではコスプレに関する公式ライセンス商品を販売しているところも増えました。
 バンダイ、コスパ、ACOSなどがそうです。
 公式ライセンス商品となれば当然著作権の問題はクリアしているので、普通に売られている衣類と何ら変わりはありません。前述の(1)から(6)までを守りさえすれば、普通の服と同じように着て外出しても誰にもとがめる権利はありません。何しろ、著作権者が許可を出しているんですから。
(※戦国BASARAの真田幸村のジャケットはスタッド付きであるため、「混み合った電車に乗るときは着ないで下さい」というような注意書き付きでした。こういう点は守って着なければなりません)

 ちなみに、私は勤通や外出の際、バンダイ製の戦隊ヒーローのジャケットを着ていることが多いです(いわゆる着ただけ)が、今まで一度もトラブルに巻き込まれたことはありません。
 ただ、本屋に行ってもエロ本のコーナーで立ち止まれないので、「しまった、着てくるんじゃなかった」と思ってしまったことが何度かはあります。

※コスプレ知恵袋に、コスプレマナー・コスプレルールに関する質問が挙がっていたので、過去の記事を元にまとめ直してみました。

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』3月12日分放送前の予想

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』 3月12日分放送前の予想

 前回は、火星のギャラルホルンがマクギリスに敵対(ラスタル側に寝返った)することが明らかになったところで終わった。このままでは、マクギリス・鉄華団連合に勝つ目は無くなる。
 今日の回が始まる前に、残すところあと4話で、マクギリス・鉄華団連合が逆転勝利とはいかないまでも、完全敗北しないような展開の可能性をメモっておく。

(1)テイワズの介入
 テイワズと鉄華団は別の組織になったが、戦いがラスタル側の全面勝利となれば、テイワズにとって大きなシノギである火星のハーフメタルの流通がギャラルホルンによって支配されてしまう可能性がある。マクマードが鉄華団を気に入っていることからも、何らかの介入があるのではないか。個人的には、アジーが火星のギャラルホルンに侵入して大きな仕事をするという展開を希望。
 また、テイワズの活動拠点は本来木星圏や小惑星帯であるため、戦力の底はまだ見えていないのではないかという点も気に掛かる。

(2)ノブリスの介入
 戦いがラスタル側の全面勝利となれば、火星やコロニーの独立運動は鎮圧され、ギャラルホルンの一強支配体制で世界は良くも悪くも安定してしまう。独立運動や紛争で儲けようとしているノブリスにとっては面白くないので、何らかの介入があってもおかしくはない。

(3)火星やコロニーの独立運動の介入
 「革命の乙女」クーデリアが、このまま物語に大きく関わることなく終わるのが個人的には寂しいので、何かアクションを起こして欲しいところ。(2)で書いたように、ノブリスが資金や物資を提供して火星とコロニーの独立運動組織を武装蜂起させ、手薄となったギャラルホルン各支部を制圧する。それをクーデリアがマスコミの力を利用しながら団結させ、ギャラルホルンからの独立を宣言するとか…

(4)地球の4大経済圏の介入
 ギャラルホルンの地球上の勢力が、今回の件で中立を宣言している点に注目したい。アーブラウは既に独自の軍事力を有しており、蒔苗がギャラルホルンの支配下から脱するため、この機に乗じて軍事行動を起こるという筋も無くはない。地球の軌道を周回しているギャラルホルンの宇宙基地を抑えられそうになったら、ラスタル派も地球に戻らざるを得なくなる。

(5)モビルアーマーの介入
 2期に入って結構な尺を使っていたモビルアーマーが、最後の戦いに無関係のまま終わるのも一寸不自然な気がする。宇宙空間にも休眠状態のモビルアーマーが存在しており、禁忌兵器の使用がきっかけとなって目覚めてしまうという展開もあるのではないか。

 おっと、今日の放送まで80分を切ったとこだよ…


次のページ

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。